ホットメルト 書籍 本
 
No.1584
 
 
 

★固まるメカニズム,劣化や不具合発生のケーススタディ,接着強さや接着寿命の測り方のポイントとは?
★日常管理と3日以上装置を停止させる場合との違い,夏場と冬場での養生の違い・・・ 現場ノウハウも網羅!

 ホットメルト材料および
装置,製品の最新技術と使い方ノウハウ

発 刊 2011年1月末   体 裁 B5判364頁(上製本)   定 価 78,000(税抜)
※書籍絶版 オンデマンド版 30,000円(税抜)   (上製本ではありません)

■ 本書のポイント 

■本書のポイントと読みどころ! 35講師による設計・高機能化・評価技術を解説!

◎ 最新バリアフィルムの設計・高機能化技術を掲載!

・バリア性の発現メカニズムは? 構造との相関とは?
・バリア性+αの物性を付与し、両立するには?
・各社のフィルムの特徴・性能・技術の違いとは?

 ・用途別の求められる特性と使用条件とは?
 ・層数の削減、軽量化技術とは?
 ・基盤との密着性向上!低コスト化を目指す


◎ 豊富な事例から学ぶ! 評価と信頼性向上技術!

・各種評価技術の特徴とメリット・デメリット!
・ハイバリアに対応する測定技術とは?
・信頼ある数値を出すための条件設定とは? 校正は?

・専門家による太陽電池/有機EL関連の最新測定事例!
・製品の複雑な形状や最終製品の評価事例!
・構造解析事例から各用途バリアフィルムを徹底解剖!


◎ 『最新バリア技術』  『評価・分析』  『メカニズム・劣化対策』  『各分野からの要求特性』
●要望の項目を凝集!  
      ⇒約300超えるセミナーに参加した加研究・技術者の悩みだけを凝縮した実務書籍!
●充実した内容!  
      ⇒ 第一線で活躍する充実した講師陣! エキスパートが試行錯誤で得たテクニック!

■ 執筆者(敬称略)

東亞合成(株)           
住化バイエルウレタン(株)       
アルケマ(株)          
新田ゼラチン(株)   
東レ・ダウコーニング(株)      
(地独)大阪市立工業研究所  
セメダイン(株)    
東洋紡績(株)  
ヘンケルジャパン(株)
旭化成ケミカルズ(株)
日本ミラクトラン(株)
北海道大学
日立化成ポリマー(株)
コニシ(株)
(株)MORESCO
(株)UBE科学分析センター
中国塗料(株)
ノードソン(株)
ノードソン(株)
住友スリーエム(株)
YKK(株)
伊藤忠マシンテクノス(株)
ITWダイナテック(株)
ヒラノテクシード(株)

今堀 誠
木原 克典
斎藤 正一郎
山野上 豪
森 秀之
松本 明博
雨海 明夫
志賀 健治
宇佐美 公夫
中島 滋夫
嶋崎 克巳
浦木 康光
五十嵐 裕孝
八木 元裕
福田 勝人
三輪 孔之
橋本 幹夫
高橋 敏哉
高橋 真哉
阪本 洋彰
田中 映
平加 知也
木俣 佳行
吉川 卓文

ノードソン(株) 
DIC(株)
シーダム(株)
兵庫県立工業技術センター
旭化学合成(株)
(株)コートテック
コニシ(株)
ノードソン(株)    
積水フーラー(株)    
岩瀬コスファ(株)    
ニチバン(株)    
九州工業大学    
日本無機(株)    
アシックス(株)    
エーピーエスリサーチ    
旭化学合成(株)    
ノードソン(株)    
ヘンケルジャパン(株)    
DKNリサーチ    
元NTTアドバンステクノロジ(株)
横浜ゴム(株)    
新田ゼラチン(株)

高橋 真哉
丹羽 俊夫
石田 俊平
藤田 浩行
河部 美幸
仙波 進
阪田 恵一
冨原 朗
本多 淳一
吉岡 隆嗣
中島 秀幸
引間 知広
新沼 仁
原野 健一
若林 一民
山田 篤志
浅賀 信行
八幡 勝之
沼倉 研史
村田 則夫

中村 和晃

■ 目  次

第1章 ホットメルトとは何か? どうやって固まるのか?

 (1)ホットメルト接着剤とは?
 (2)ホットメルト接着剤は、どのようにして固まるのか?(接着メカニズム

第2章 ホットメルト用樹脂の種類とその特性

1節 ホットメルト材料用のウレタン原料・樹脂について
 (1)ホットメルト用ウレタン樹脂の原料 
 (2)ホットメルト用ウレタン樹脂の基本構造
 (3)反応型ホットメルトウレタン樹脂のヨーロッパ動向)

2節 エチレン酢酸ビニル
 (1)製造方法 (2)エチレン酢酸ビニル (EVA) の特性
 (3)EVA樹脂 (VA% = 5-50wt%) の物性 (4)ホットメルトに使われるEVA樹脂

3節 ホットメルト材料としてのEMMA樹脂について
  (1)ベースポリマーに求められる要求特性について
  (2)EVA系ホットメルト接着剤の劣化のメカニズムについて
  (3)エチレン−メタクリル酸メチル共重合樹脂について
  (4)EMMA系ホットメルト接着剤について

4節 ホットメルト材料としてのシリコーンについて
 (1)ポリオルガノシロキサンの特徴

5節 フェノール樹脂系反応型ホットメルト接着剤について
 (1)反応型ホットメルト接着剤 (2)レゾールの硬化度

6節 ポリオレフィン系ホットメルト材料について
 (1)ポリオレフィン系ホットメルト接着剤の製品
 (2)ポリオレフィン系ホットメルト接着剤の性能
 (3)アプリケーション

7節 ホットメルト材料としてのポリエステルについて
 (1)ポリエステルのポリマー構造
 (2)ポリエステル系ホットメルト接着剤の設計
 (3)ポリエステル系ホットメルト接着剤の特徴及び主な用途

8節 ポリエステル樹脂系ホットメルト材料
 (1)ポリエステル樹脂の特徴、接着の技術
 (2)ポリエステル樹脂ホットメルトとその用途

9節 ホットメルト材料としてのポリアミド
 (1)ダイマー酸系ポリアミドホットメルト

10節 ホットメルト材料としてのスチレン系熱可塑性エラストマーについて
 (1)St系TPEの特徴    
 (2)St系TPEを用いた粘着剤・接着剤の構成成分
 (3)特徴あるSt系TPEの適用例や可能性

11節 ホットメルト材料としての熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU)について
 (1)TPUホットメルト材料の特性
 (2)成形〜フィルム成形,不織布成形〜

12節 ホットメルトするリグニン
  (1)リグニンとは (2)リグニンの溶融性
  (3)リグニンの溶融成形とその他の利用

第3章 ホットメルトの最大の欠点である「硬化後の耐熱性」を克服した「反応性ホットメルト」

1節 反応性ホットメルトは,なぜ熱に強いのか?

2節 ウレタン系反応性ホットメルト

3節 シリコーン系反応性ホットメルトについて
  (1)シリコーン反応性ホットメルトの硬化機構
  (2)シリコーン反応性ホットメルトの粘度
  (3)シリコーン反応性ホットメルトの応力-歪曲線
  (4)クリープ変形

4節 反応型ゴム系ホットメルト接着剤
  (1)ホットメルト接着剤の調製方法 
  (2)反応型ゴム系ホットメルトの性能

5節 UV硬化型ホットメルト接着剤の特徴と設計例
  (1)UV硬化型ホットメルト接着剤の特徴
  (2)UVカチオン型ホットメルト接着剤の設計例
  (3)UVラジカル型ホットメルト接着剤の設計例

第4章 ホットメルト材料の接着強さや寿命はどのくらいあるのか?


1節 一般的なホットメルト接着剤の物性試験、分析について
  (1)塗工性試験
  (2)接着試験
  (3)粘着試験 (JIS Z0237に準拠) (4)ホットメルトの分析

2節 ホットメルト樹脂の構造・組成解析
 (1)ホットメルト樹脂の構造・組成解析手法
 (2)ホットメルト樹脂の構造・組成解析の実例

3節 反応性ホットメルト材料の接着性および強度発現性について
 (1)汎用接着性
 (2)接着応力発現速度

4節 反応性ホットメルト材料の物性変形速度依存性と,温度依存性について

5節 SP値とホットメルト材料の接着性との関係について
 (1)ホットメルト材料の性能とSP値
 (2)SP値とは
 (3)実例
 (4)各種ポリマーのSP値

第5章 ホットメルトを上手に溶かす,上手に塗り貼り,成形,保管するには?


1節 ホットメルト専用メルターによる温度調整について
 (1)ホットメルトと加熱ホットメルト加熱制御の概要
 (2)温度センサとその配置
 (3)メルター(ホットメルト・タンクとポンプ,ホース・マニホールド)
 (4)実際のホットメルトの温度調整と諸問題

2節 ハンドガン型ホットメルトアプリケーター
 (1)ハンドガン型ホットメルトアプリケーターの特徴
 (2)使用上の注意点

3節 高速ホットメルト成形機について
  (1)ホットメルト樹脂用 成形法全般
 (2)ホットメルト成形法の特徴
  (3)マルチ成形法「メルトショット3000」について

4節 高精度で高速なホットメルト塗工機
  (1)GPDコーターの特徴
 (2)アプリケーション例

5節 最適コストでのホットメルト塗布方法と装置
 (1)タンク
 (2)ホース
 (3)ヘッド

6節 ホットメルトタイプ・プリプレグシート製造装置について
 (1)ホットメルトタイプ・プリプレグシートとは   
 (2)プリプレグシート製造装置

第6章 ホットメルト材料の取り扱い上の注意点について

1節 使用開始時と終了,長期休み時の取り扱い上の注意点
 (1)必要な現場環境
 (2)購入後はじめての始動
 (3)日常の始動
 (4)日常の終了
 (5)長期間の停止

2節 ホットメルト設備の清掃・メンテナンス上での注意点について
 (1)PUR塗工システムの形態,設備および機器

3節 ウレタン系反応性ホットメルトの保管,使用,養生における温度,湿度管理について
 (1)反応性ホットメルトの保管時における温度,湿度管理と注意点
 (2)反応性ホットメルト使用時の温度,湿度管理と注意点
 (3)貼り合せ加工後の養生における温度,湿度管理と注意点

第7章 最近のホットメルト材料,ホットメルト製品について

1節 ホットメルトフィルムについて
 (1)ホットメルトの特徴
 (2)ホットメルトの形状
 (3)ホットメルトフィルムの製造方法
 (4)ホットメルトフィルムのメリット

2節 マイクロ波照射によるホットメルト樹脂フィルム/織物積層材料の成形について
 (1)マイクロ波照射による加熱
 (2)フェノール樹脂の発熱・発泡挙動とホットメルト樹脂フィルムを用いた発泡材料の表面加飾

3節 低温塗布型ホットメルト接着剤
 (1)環境対応
 (2)加熱溶融時の劣化の抑制  
 (3)作業環境の改善

4節 古紙リサイクル対応難細裂化ホットメルト接着剤
 (1)難細裂化ホットメルト接着剤概略
 (2)評価方法及び判定基準
 (3)リサイクル適性材料の選定

5節 反応性ホットメルトと塗料のハイブリッド化について
 (1)ホットコーティングの開発過程
 (2)ホットコーティングの構成,展開

6節 電磁誘導加熱を利用したホットメルト接着について
 (1)オールオーバー工法の概要
 (2)テープの焦げの問題
 (3)誘導加熱シート形状による焦げの検証
 (4)側縁部非直線型テープの開発

第8章 ホットメルト材料の用途展開,新しい分野への利用可能性

1節 製本用接着剤
 (1)製本用接着剤の種類
 (2)メルターシステム

2節 包装・パッケージ用途として
 (1)包装用ホットメルトの要求性能と特徴
 (2)新規オレフィン系ホットメルトの特徴

3節 紙おむつ、ペットシートなど衛生用品への応用について
 (1)衛生材料用ホットメルトへの要求性能 
 (2)衛生材料用途に使用される代表的なホットメルト

4節 化粧料に用いられるホットメルト材料と技術について
 (1)脱毛ワックス
 (2)パラフィンパック

5節 皮膚貼付用ゴム系ホットメルト粘着剤について
 (1)皮膚貼付用ゴム系ホットメルト粘着剤の現状と課題
 (2)高透湿性ゴム系ホットメルト粘着剤 
 (3)対人向けゴム系ホットメルト粘着剤設計のポイント

6節 試料作製装置用途として
 (1)経皮吸収型製剤
 (2)ホットメルト法と溶剤法
 (3)経皮吸収型貼付製剤作成装置

7節 住宅用解体性接着剤用としてのシリコーン反応性ホットメルト
 (1)窓枠のスリム化  
 (2)熱伝導性の改良
 (3)解体性

8節 空調用エアフィルタへの応用
 (1)エアフィルタ概要
 (2)ホットメルトとフィルタ

9節 スポーツシューズに使用される繊維,皮革,樹脂,エラストマー接着用途として
 (1)シューズの製造方法
 (2)UV-RHMプレポリマーと硬化反応

10節 自動車におけるホットメルト接着剤の応用例
 (1)フューエルタンクパット材の接着
 (2)ドアートリムの巻き込み接着

11節 柔軟性ホットメルトシーリング材の自動車・家電用途への展開
 (1)従来の技術
 (2)材料開発

12節 ホットメルトモールディング電気・電子部品の保護工法
 (1)材料の種類と特徴
 (2)ホットメルトアプリケーションシステム

13節 電子部品(プリント基板、センサー、スイッチ等)への
    ホットメルト低圧成形工法の応用
 (1)生産性から見たホットメルト接着剤 
 (2)低圧成形における金型及び製品設計

14節 フレキシブル基板用銅張積層板と耐熱性ホットメルト接着剤
 (1)フレキシブル基板の材料構成
 (2)接着剤を使う銅張積層板の製法
 (3)スパッタリング/電気めっき法
 (4)熱ラミネーション法

15節 ICカード製造用途として
 (1)非接触型ICカード積層用ホットメルト接着剤
 (2)接触型ICカードICチップモジュール接着用ホットメルト接着剤

16節 光ファイバ通信分野におけるホットメルト接着剤の応用
 (1)光ファイバ接続用ホットメルト接着剤の要求条件
 (2)反応性ホットメルト接着剤の初期接着強度と耐水接着性

17節 ホットメルト材料の太陽光発電モジュールへの応用

付録1 最近の特許に見られるホットメルトの動き

付録2 ホットメルト材料の規格基準

付録3 ホットメルト接着剤の市場動向

 

ホットメルト 書籍