自由価格 Top 書籍一覧 研究開発マネジメント 化学 エレクトロニクス 医  薬 HOME
 
 

リチウムイオンキャパシタ 書籍 本

No.1573

 
■■業界初!■■
     電極や電解質,試作,ドライルームによる低湿度製造,高出力化と高容量化に向けた
     最新技術から特許情報までを網羅した専門書

■■KRI公認 ■■
     LICとLIBの比較 , LICとEDLCの比較 , LICの充放電,インピーダンス,プリドープ状態,
     発熱挙動,寿命など全70件以上の試験データと分析条件,測定ノウハウも収録

リチウムイオンキャパシタ (LIC)

部材,製造,試験とその最新技術

発 刊 2010年9月29日   体 裁 B5判243頁(上製本)   定 価 78,000円(税抜)


■ 監修,執筆者【敬称略,順不同】 

≪監修≫
 (株)KRI

≪執筆≫
 (株)KRI
 (株)KRI
 (株)KRI
 (株)KRI
 旭化成(株)
 日本板硝子(株)
 福田金属箔粉工業(株)
 日本ゼオン(株) 
 日本ゼオン(株) 
 本城金属(株)
 (株)FDK
 太陽誘電エナジーデバイス(株)
 アドバンスト・キャパシタ・
        テクノロジーズ(株)


矢田 静邦


木下 肇
佐竹 久史
藤井 祐則
森 嗣朗
津端 敏男
井本 春二
赤嶺 尚志
荒井 邦仁
脇坂 康尋
山川 幸雄
勝部 恭行
名倉 哲
長谷部 章雄

■ 目 次
第1章 リチウムイオンキャパシタの構成・動作原理

1節 リチウムイオンキャパシタ(LIC)研究開発の歴史
 (1) ポリアセン:導電性高分子と炭素材料の中間構造
 (2) 最初のリチウムイオンキャパシタ(LIC)
 (3) コイン型LIC(ポリアセン電池)の商品化
 (4) 積層型・円筒型LICの製造技術

2節 構成と動作メカニズム
 (1) リチウムイオンキャパシタ(LIC)の構成
 (2) リチウムイオンキャパシタ(LIC)の動作メカニズム
 (3) リチウムイオンキャパシタ(LIC)のエネルギー密度

3節 リチウムイオン電池・キャパシタとの特性比較
 (1) 容量比較(LIC,LIB,Capacitor)
 (2) インピーダンス比較(LIC,LIB,Capacitor)
 (3) 電流休止法抵抗比較(LIC,LIB,Capacitor)
 (4) 蓄電デバイスの特長比較


目次まで戻る

第2章 リチウムイオンキャパシタ用炭素系材料の種類と特性

1節 リチウムイオンキャパシタの活性炭:正極材料

2節 リチウムイオンキャパシタの炭素系材料:負極材料

目次まで戻る

第3章 リチウムイオンキャパシタ電極の種類と電極形成技術

1節 活性炭電極(正極)形成技術の概要と電極物性
 (1) 活性炭電極(正極)の製造法
 (2) 活性炭電極(正極)の物性

2節 炭素系材料電極(負極)形成技術の概要と電極物性
 (1) ポリアセン(PAS)電極
 (2) ハードカーボン電極
 (3) 黒鉛電極

第4章 リチウムイオンキャパシタの電解液・セパレータ・部材

1節 リチウムイオンキャパシタの電解液
 (1) リチウムイオンキャパシタの内部抵抗
 (2) 電解液のデバイス特性への影響
 (3) リチウムイオンキャパシタ用電解液に望むこと

2節 リチウムイオンキャパシタのセパレータ
 (1) NPSセパレータ
 (2) TGPセパレータ

3節 リチウムイオンキャパシタの集電体
 (1) 金属箔パンチングシート
 (2) 電解銅箔CF-LBX

4節 リチウムイオンキャパシタのバインダ
 (1) リチウムイオンキャパシタ用電極の構成と製造方法
 (2) 各種バインダーの特徴
 (3) バインダーに求められる特性
 (4) リチウムイオンキャパシタの高品質化に向けたバインダー

5節 プリドープに使用されるリチウム金属箔
 (1) リチウム金属の特徴と取り扱い
 (2) リチウム資源の動向とリチウム金属の生成
 (3) リチウムフォイルへの加工技術電解液・セパレータ・部材

第5章 プリドープ技術の詳細解説

1節 プリドープの考え方と応用
 (1) プリドープ技術のリチウムイオン電池(LIB)高容量化への応用
 (2) プリドープ技術のリチウムイオン電池(LIB)高入出力化への応用

2節 電気化学的プリドープ技術
 (1) 電気化学的プリドープの手順
 (2) 電気化学的プリドープ具体例

3節 リチウム箔貼付法によるプリドープ
 (1) リチウム箔貼付法の手順
 (2) リチウム箔貼付法の具体例

4節 穿孔集電体を使用したプリドープ技術
 (1) 穿孔箔電極のプリドープ具体例T: 銅箔(孔なし)電極との比較
 (2) 穿孔箔電極のプリドープ具体例U: 第1電極と第2電極
 (3) 穿孔箔電極のプリドープ具体例V: 正極の影響

第6章 リチウムイオンキャパシタの製造工程

1節 電極製造工程

2節 セル組立工程

3節 水分・湿度管理

第7章 評価・測定手法第6章 リチウムイオンキャパシタの製造工程

1節 リチウムイオンキャパシタ(LIC)の試作と充放電特性評価
 (1) リチウムイオンキャパシタ(LIC:ポリアセン(PAS)負極)
 (2) リチウムイオンキャパシタ(LIC:ハードカーボン負極)
 (3) リチウムイオンキャパシタ(LIC:黒鉛負極)

2節 リチウムイオンキャパシタ(LIC)の内部抵抗評価
 (1) リチウムイオンキャパシタ(LIC)の内部抵抗(ポリアセン(PAS)負極)
 (2) リチウムイオンキャパシタ(LIC)の内部抵抗(ハードカーボン負極)
 (3) リチウムイオンキャパシタ(LIC)の内部抵抗(黒鉛負極)

3節 電流休止法抵抗からの入力・出力特性予測計算
 (1) ポリアセン(PAS)負極・活性炭正極LICの入力・出力特性予測計算
 (2) ハードカーボン・活性炭LICと黒鉛・活性炭LICの入力・出力特性予測計算

4節 リチウムイオンキャパシタ(LIC)の耐久性評価
 (1) リチウムイオンキャパシタ(LIC)のサイクル試験
 (2) リチウムイオンキャパシタ(LIC)のフロート試験

5節 リチウムイオンキャパシタ(LIC)の安全性評価
 (1) 満充電時のエネルギー(LIB,LIC,Capacitor)
 (2) 外部環境温度による発熱挙動

第8章 リチウムイオンキャパシタの製品化・用途展開動向T

1.開発ステージからから事業化ステージへ

2.旭化成のリチウムイオンキャパシタの特徴

3.用途展開

第9章 リチウムイオンキャパシタの製品化・用途展開動向U

1.リチウムイオンキャパシタの制御
 (1) 保護機能
 (2) セルバランス機能

2.キャパシタモジュールへ求められるシステムからの要求
 (1) モジュール制御回路
 (2) 低消費電力の要求
 (3) 実際のキャパシタモジュール

3.用途展開動向
 (1) 電力貯蔵
 (2) 家電・事務機
 (3) 産業機械/輸送機
 (4) 産業用回生装置

第10章 リチウムイオンキャパシタの製品化・用途展開動向V

1.原理と構成

2.シリンダ型LICの特性
 (1) 放電レート特性
 (2) 充電レート特性
 (3) 温度特性
 (4) 自己放電特性
 (5) フロート充電特性
 (6) 充放電サイクル特性

3.シリンダ型LICの安全性
 (1) 釘刺し試験
 (2) 過充電試験
 (3)強制放電(逆充電)試験
 (4) 強制放電時の電位挙動

4.シリンダ型LICの応用分野

第11章 リチウムイオンキャパシタの製品化・用途展開動向W

1.大容量リチウムイオンキャパシタ“PremlisR”の原理と構造

2.大容量リチウムイオンキャパシタ“PremlisR”の性能および安全性

3.リチウムイオンキャパシタの用途展開

第12章 リチウムイオンキャパシタの特許出願


目次まで戻る

 

キャパシタ 書籍

その他関連書籍はこちら