HTA 基礎 セミナー
                  
世界の薬価・医療保険制度 早引き書
世界への薬事申請書の書き方成功へのバイブル
 
<セミナー No.701122>

★ HTAの基礎→導入→実践と段階を踏んで解説するから理解が深まる!

【10名限定・3日間講座・演習問題付】

HTA導入のための基礎講座

〜薬価申請・高薬価取得のためのHTA活用法〜


■ ≪ご受講にあたって≫

・定員に達し次第お申込みを打ち切らせていただきます。

・セミナーの理解度を深めるために事前に演習問題を解いてきていただきます。

・日程が合わない場合は代理の方のご出席も可能でございます。

■ 講師
クリエイティブ・スーティカル(株) 日本代表 大西 佳恵 氏
■ 開催要領
日 時

第1回:平成29年1月25日(水) 第2回:2月24日(金) 第3回:3月24日(金) 各回13:00〜17:00

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき80,000円(消費税抜き/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき75,000円〕

 
■ プログラム

【講座主旨】

 本養成講座では、医療技術評価(HTA)およびマーケットアクセスに関連した基本知識から、マーケットアクセスを考慮した開発からの製品戦略、HTA申請に関連した費用対効果を含むHTA申請資料および既にHTAが導入されている海外の事例を3回にわたり包括的に説明する。

 

【講座内容】

1日目:HTA導入のための基礎知識
・医療技術評価(HTA)とは

・HTAの歴史と各国の動向

・HTAとEBM、費用対効果

・QALYとは   など

(1回目の習得ポイント:HTAに関係する政策面から技術面までの基礎知識を理解する)

【質疑応答】

2日目:HTAを活用したマーケットアクセス(導入編)
・医薬品産業を取り巻く環境変化

・マーケットアクセスとは?

・医療データベースの利活用

・競合品の調査と製品のポジショニング

(2回目の習得ポイント:HTAが導入された環境での医療技術評価および製品価値の最大化に関係する医療経済・アウトカム研究について理解する)

【質疑応答】

3日目:HTAを活用したマーケットアクセス(実践編)
・各国における事例から学ぶHTAを活用したマーケットアクセス

・取り組むべきマーケットアクセス戦略

・HTA機関への申請資料作成・交渉
 →価値の提案

・上市後のHTA戦略

(3回目の習得ポイント:薬価保険償還目的のマーケットアクセスを医薬品開発段階から製品価値および費用対効果を含むHTA申請までのプロセスについて理解する)

【質疑応答】

 

HTA 薬価 申請 セミナー