外観 目視 セミナー
        
『IoTビジネス・機器開発における潜在ニーズと取り組み事例集』
『ヒューマンエラー対策 事例集【ブックオンデマンド版】』
 
<セミナー No.701506>

★今日から使える「現場が抱える問題」にフォーカスした具体的対策講座!
   見逃し、バラツキをおさえる、失敗しない検査実現のための留意点、考え方とは!

外観目視検査における
パネル育成と検査環境の作り方


■ 講師

1.積水化学工業(株) 生産力革新センター 技術顧問 北廣 和雄 氏

2.新潟県工業技術総合研究所 素材応用技術支援センター 参事 阿部 淑人 氏

3.食品安全教育研究所 代表 河岸 宏和 氏

■ 開催要領
日 時

平成29年1月24日(火) 10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。
■ プログラム
 

<10:00〜12:00>

【1】 ”フォーゾーンメソッド”による科学的外観品質検査と検査環境の考え方

積水化学工業(株) 生産力革新センター 技術顧問 北廣 和雄 氏

【講演項目】

1.品質における課題と外観品質

2.外観検査のポイントと方法
  2.1 現状の外観検査方法と問題点
  2.2 科学的外観検査の考え方と方法
   2.2.1 フォーゾーンメソッドとは?
   2.2.2 ゾーン毎の検査設計

3.目視検査の実施のポイントと留意点
  3.1 外観検査における目視方法
  3.2 見本作成のポイント
  3.3 パネル配置の設計と留意点
  3.4 作業環境・作業の流れ・段取り方法の整備
  3.5 標準化・パネル教育

4.外観品質向上の取り組み方

[質疑応答]

 

<12:45〜14:45>

【2】 目視と自動装置による外観検査の技術と運用

新潟県工業技術総合研究所 素材応用技術支援センター 参事 阿部 淑人 氏

【講演趣旨】

 ものづくりにおいて、設計・製造・品質管理は仕事の進め方におけるPlan-Do-Seeの流れに似ています。計画通りにものづくりが進められたかどうかを品質の面から確認するのが検査工程というわけです。このサイクルを 継続的に行いながら改善し続けることが重要です。
 通常、外観検査の位置づけとしては、出荷前の品質保証が主目的ですが、より積極的に活用して工程制御や設計へのフィードバックにつなげることがより効果的です。いずれにしても場当たり的に不良排除を行うのではなく、設計時点で品質基準も決定し計画的に検査が行われるようにする必要があります。また検査では、設計エラーによる不良と製造エラーによる不良のいずれも検出でき得ますが、それを切り分けるのは必ずしも容易ではありません。製造マージンが少ないために起こる不良であると判明した場合には設計に立ち戻って改善することが 必要です。
 本講座では、外観検査を効果的に進めるための基礎知識を身につけていただけるようにして、自動検査装置と目視検査の双方の特性を活かすことについて学んでいただきます。



【講演項目】

1.外観検査と品質管理の概要
 1.1 検査・計測と品質管理・品質保証
 1.2 品質管理システムとは? 〜国際標準
 1.3 外観検査とは? 〜目的と効果
 1.4 検査体制の構築
 1.5 検査結果の活用
 1.6 目視検査・自動検査の特徴と曖昧さ抑制
 1.7 自動検査と目視検査の役割分担

2.視覚と照明技術〜検査技術
 2.1 ヒトの色覚・視覚
 2.2 種々の光学現象と光学素子
 2.3 照明の技術
 2.4 外観(画像)検査の種別と効能
 2.5 限度見本と評価尺度の設定
 2.6 機器の校正と不確かさの評価
 2.7 検査のためのマテハン


[質疑応答]

 

<15:00〜17:00>

【3】 見逃し・検査ばらつきを低減する検査員教育と最適な検査環境の作り方

食品安全教育研究所 代表 河岸 宏和 氏

【講演項目】

1.企業に利益をもたらす検査の正しい考え方
 1.1 顧客要求品質、設計要求品質、製造品質をどう合わせるか?
 1.2 外観検査ではどのように品質を保証するのか?

2.パネル(外観検査員)の選び方、育て方と管理のポイント
 2.1 パネルにはどんな人を選ぶべきか
 2.2 パネルの訓練方法と日常管理

3.外観品質基準の決定と周知徹底のやり方
 3.1 限度見本、標準見本の作り方
 3.2 効果的な限度見本作りのための工夫
 3.3 評価基準を一致させるための工夫

4.目視検査の検査室設計
 4.1 最適な検査環境の考え方
 4.2 検査の種類と要求される条件 など

[質疑応答]

 

外観 目視 セミナー