腎臓 合併症 セミナー

                  
痛みのメカニズムとこれからの治療薬・治療法の開発
自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み
 
<セミナー No702134>

★原疾患から創薬ターゲットは何処に移っているのか?尿蛋白、血圧、低酸素などの治療薬開発の可能性とは!

 

慢性腎臓病合併症の治療薬開発

〜慢性貧血・代謝性アシド-シス・高リン血症・CKD-MBDを踏まえた〜


■ 講師

【第1部】東京大学大学院医学系研究科 慢性腎臓病(CKD)病態生理学講座 特任准教授 稲城玲子 氏

【第2部】名古屋市立大学 地域医療連携センター センター長 吉田篤博 氏

【第3部】医療法人社団日高会 日高病院 腎臓病治療センター 研究統括部長 永野伸郎 氏

■ 開催要領
日 時

平成29年2月28日(火)10:30〜16:00

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
 
詳しくはお問い合わせください〕

 
■ プログラム

【10:30〜12:00】

【第1部】 新たなCKDの発症・進展に関与する分子メカニズムに基づいた新たな創薬戦略

東京大学大学院医学系研究科 慢性腎臓病(CKD)病態生理学講座 特任准教授 稲城玲子 氏

 

【講座主旨】

慢性腎臓病(CKD)は新たな国民病といわれながらも、その認知度や治療満足度(薬剤貢献度)は低い。CKD進行は他臓器の機能劣化(心血管イベント)や生命予後不良の要因となることから新たな創薬戦略が注目されている。

【講座内容】

1)国民病としての慢性腎臓病(CKD)   
 
・CKDの治療・診断の現況とその問題点

2)CKD発症
  ・進展の分子メカニズム(up date)  
  ・加速する蛋白質恒常性の劣化   
  ・様々なストレスの惹起とそれらストレス適応応答の破綻   
  ・腎臓老化に与えるインパクト   
  ・CKD進展要因としての尿毒素   
  ・AKIからCKDへ(CKDのリスク因子としてのAKI)

3)腎臓病に対する新たな創薬戦略の展望  
  ・今後期待されるTranslational research(臨床試験)
  ・ 新たなCKD診断
  ・治療標的分子
  ・日本初腎臓病治療薬の開発を目指して

【質疑応答】

 

 

【12:50〜14:10】

【第2部】 慢性腎臓病治療の実際と求められる治療薬 

名古屋市立大学 地域医療連携センター センター長 吉田篤博 氏

【講座主旨】

慢性腎臓病(Chronic Kedney Disease)は2002年に提唱され、本邦でも2006年にその概念が提唱され、10年が経過した。元々は糸球体ろ過量(GFR)のみによるstage分類であったが、2012年にはそこに原疾患、尿蛋白を組み込んだ、CGA(Cause;原疾患、GFR、Albuminuria)分類となり、従来の一次元から二次元で考える必要がでてきた。CKDに対する治療も、原疾患に対する治療以外に、合併症(腎性貧血、代謝性アシドーシス、CKD-MBD)に対する治療、共通因子(尿蛋白、血圧、低酸素など)に対する治療も注目されるようになった。特にCKDに伴う合併症に対しては従来よりかなり早期から治療介入が行われることが、その後の予後改善につながることが示されている。

【講座内容】

1.慢性腎臓病(CKD)の位置づけ

2.慢性腎臓病(CKD)の診断
 eGFRの求め方
 尿蛋白の意義

3.慢性腎臓病の合併症
 
腎性貧血
  代謝性アシド-シス
 
CKD-MBD

4.慢性腎臓病の治療
 
原疾患への治療
  共通因子への治療
  合併症への治療

5.腎機能低下例への治療薬の注意

 

【14:30〜16:00】

【第3部】慢性腎臓病の合併症における治療薬開発

医療法人社団日高会 日高病院 腎臓病治療センター 研究統括部長 永野伸郎 氏

 

【講座主旨】

企業における慢性腎臓病および透析合併症治療薬の探索研究、開発研究、営業支援研究、学術活動に加え、直近5年間に当院で実施した臨床研究や治験を通じて得られた知見を共有することで、腎領域での新規治療薬開発の一助となれば幸いです。

【講座内容】

1.二次性副甲状腺機能亢進症
  ・発症機序と病態(Trade-off仮説とFGF23の関与)  
 
・カルシウム受容体  
  ・シナカルセト塩酸塩
  ・エテルカルセチド塩酸塩、エボカルセト  
  ・活性型ビタミンD製剤

2.高リン血症  
  ・病態  
  ・処方実態とピットホール
  ・各種リン吸着薬の特性

3.腎性貧血  
  ・ESAとバイオシミラー  
  ・HIF安定化剤

4.その他(抗掻痒剤、静注鉄製剤、など)

5.質疑応答

「テキスト原稿、PPTの配布は致しません。変わりに関連する論文を配布いたします」

 

 

腎臓 合併症 セミナー