エポキシ 硬化 セミナー

        
エポキシ樹脂の "特性改良"と"高機能/複合化"技術践ノウハウ集
動的粘弾性チャートの解釈事例集
 
<セミナー No.702212>

★反応メカニズムから硬化剤の選定/配合設計指針を学び、硬化不良の原因特定・硬化時間短縮に活かす!

エポキシ樹脂の
高耐熱化技術と硬化挙動,硬化度評価

■ 講師

1.東京理科大学 理工学部 工業化学 准教授 博士(工学) 有光 晃二 氏

2.エデュース 代表 工学博士 佐伯 準一 氏

3.(株)セイロジャパン 技術顧問 工学博士 吉井 正樹 氏

■ 開催要領
日 時

平成29年2月10日(金) 10:30〜16:30

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:30〜12:30】

1.エポキシ樹脂の構造,硬化メカニズムの概要

東京理科大学 理工学部 工業化学 准教授 博士(工学) 有光 晃二 氏

 

1.エポキシ樹脂の概要
 1.1 エポキシ樹脂の化学構造と特徴
 1.2 エポキシ樹脂の種類と合成,硬化反応について

2.主な硬化剤と硬化メカニズム
 2.1 主な硬化剤の種類
  1) アミン系
  2) 酸無水物系
  3) ポリチオール系
  4) フェノール系
  5) その他
 2.2 エポキシ樹脂の光硬化とその材料
  1) 光酸発生剤とエポキシ樹脂の光硬化,
  2) 光塩基発生剤とエポキシ樹脂の光硬化,
  3) 光潜在性チオール,酸増殖剤,塩基増殖剤
 2.3 その他

3.エポキシ樹脂硬化物の物性

【質疑応答】

【13:15〜14:45】

2.エポキシ樹脂における流動/硬化挙動/応力の解析/評価技術

エデュース 代表 工学博士 佐伯 準一 氏

 

1.エポキシ樹脂の成形法と解析の狙い
 1.1 樹脂封止工程の実際と課題
 1.2 解析の狙いと予測可能事項

2.エポキシ樹脂の概要
 2.1 要求特性
 2.2 組成例
 2.3 物性値
 2.4 充填材と粘度

3.樹脂流動解析の基礎
 3.1 レオロジーについて
 3.2 粘度の測定法

4.流動の基礎
 4.1 圧力流動
 4.2 表面張力流動

5.エポキシ樹脂CAEの基礎と応用
 5.1 樹脂の物性値の変化
 5.2 保存方程式
 5.3 反応速度モデル
 5.4 粘度式モデル

6.エポキシ樹脂の3次元流動解析の実例
 6.1 システム構成
 6.2 粘度式
 6.3 金線変形予測式
 6.4 解析条件
 6.5 解析結果と検証

7.エポキシ樹脂の3次元流動・構造連成解析の実例
 7.1 現行CAEの課題
 7.2 残留応力発生要因
 7.3 解析手法 7.4 解析条件
 7.5 解析結果
 7.6 成形品の残留応力と収縮量の解析と検証

【質疑応答】


【15:00〜16:30】

3.エポキシ樹脂における硬化反応速度式による硬化度の定量化

(株)セイロジャパン 技術顧問 工学博士 吉井 正樹 氏

【講座趣旨】
 本講座では,熱硬化性樹脂の代表的な反応評価技術を紹介し,得られた反応特性の定量化法として種々の反応速度式を紹介します.そこでは,硬化反応速度式のパラメータの取得方法及び硬化反応式の応用,活用方法について例を示しながら詳説します.また,特定の反応速度式を用いないModel-free kinetics法による硬化度定量化法の概要についても紹介します


1.代表的な硬化特性の評価方法とその特徴
 1.1 力学的方法
 
1.2 誘電法
 1.3 DSC法

2.硬化反応速度式
 2.1 n-th order model
 2.2 Autocatalytic model
 2.3 Kamal model
 2.4 Diffusion-control modeling
 2.5 Deng-Isayav model

3.硬化反応速度式の誘導
 3.1 反応速度パラメータの決定法
 3.2 反応速度パラメータと硬化速度

4.硬化反応速度式の活用
 4.1 反応速度パターン,温度と反応速度
 4.2 成形過程における硬化度の推定
 4.3 硬化・流動性のCharacterization

5.Model-free kinetics法
 5.1 MFK法の概要
 
5.2 MFK法の適用例

【質疑応答】

エポキシ 硬化 応力