自動車 樹脂 セミナー
        
自動車・航空機用樹脂の最新技術
自動車軽量化のための材料開発と強度、剛性、強靭性の向上技術
 
<セミナー No.702403>

★エンジン樹脂化へ向けた材料開発の最前線
  「耐熱性」と「強度」をどう両立するのか、樹脂化が進む部位はどこなのか、徹底解説
エンジン部品向け樹脂材料
開発動向と高機能化技術

■ 講師

T.ポリプラスチックス(株) テクニカルソリューションセンター 主任研究員 大西 克平 氏

U.DIC(株) 成形加工技術本部 成形加工技術2グループ 主任研究員 内潟 昌則 氏

V.住友ベークライト(株) 藤井 俊介 氏

■ 開催要領
日 時 平成29年2月24日(金) 10:30〜16:30
会 場 [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き・昼食・資料付き) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
■ プログラム

<10:30〜12:10>

1.自動車向けエンプラの高機能化技術と適用事例

ポリプラスチックス(株) 大西 克平 氏

 

【講座概要】
エンジニアリングプラスチックは、耐熱性、機械的特性、耐薬品性、寸法安定性、などの特性に優れることから多くの自動車部品に使用されており、今後も適用範囲が広がっていくことが期待されます。
本セミナーでは、エンプラの基本的な特性、材料開発動向、および適用事例までを紹介します。また、加工法を含めた材料提案の取り組みも含めてエンプラに対する理解を深めていただき、部品設計のヒントをご提供できれば幸いです。

1.エンジニアリングプラスチック概要

2.エンジニアプラスチックの材料開発動向と自動車部品への適用事例
 2.1 POM
 2.2 PBT
 2.3 PPS
 2.4 LCP
 2.5 その他

3.加工技術
 3.1 金属/樹脂密着技術
 3.2 異種材料接合技術 AKI‐Lock



【質疑応答・個別質問・名刺交換】


<13:00〜14:40>

2.PPSコンパウンドの特性とエンジン周辺への適用事例

DIC(株) 内潟 昌則 氏
 

【講座概要】
ポリフェニレンサルファイド(PPS)は、融点約280℃の結晶性の熱可塑性スーパーエンジニアリングプラスチックであり、その耐熱性、耐薬品性、寸法安定性、難燃性、電気特性、機械的特性などにより、金属や熱硬化性樹脂の代替材料として注目されています。
本セミナーにおいて、PPSポリマー/コンパウンドの基本的な内容から採用事例を紹介することで、受講者の材料選定やトラブルの対処を支援します。

1.PPSの主な特性
 1.1 PPSポリマー
 1.2 PPSコンパウンド

2.PPSコンパウンドの材料開発動向と用途展開
 2.1 高熱伝導グレード
 2.2 耐熱水・耐LLCグレード
 2.3 高接着グレード
 2.4 LPKF-LDS(Laser Direct Structuring)工法対応グレード
 2.5 非強化グレード
 2.6 その他グレードおよび加工技術との複合化例
 2.7 エンジン周辺部品への採用実績例

3.製品における各種トラブル例と対処方法
 3.1 ヒケ・ボイド
 3.2 その他


【質疑応答・個別質問・名刺交換】


<14:50〜16:30>

3.フェノール樹脂成形材料の自動車部品への適用事例とエンジン部品への展開

住友ベークライト(株) 藤井 俊介 氏
 

1.自動車の燃費規制について

2.フェノール樹脂・成形材料とは
 ・フェノール樹脂の特徴
 ・フェノール樹脂成形材料の特徴
 ・フェノール樹脂成形材料の成形方式
 ・フェノール樹脂成形材料の寸法公差

3.フェノール樹脂樹脂成形材料の自動車部品への適用事例

4.今後の展開 (材料と成形加工技術)
 ・長繊維フェノール樹脂成形材料について
 ・摺動性フェノール樹脂成形材料について
 ・超・速硬化フェノール樹脂成形材料について
 ・異種材接合技術
 ・成形加工技術

5.今後の展開(部品開発)
 ・キャリパーブレーキ部品への展開について
 ・エンジン部品への展開について


【質疑応答・個別質問・名刺交換】

 

自動車 エンジン 樹脂 セミナー