リチウム インピーダンス パルス セミナー
        
電気化学/インピーダンス測定の ノウハウと正しいデータ解釈
導電性フィラー,導電助剤の分散性向上,評価,応用
 
<セミナー No.702432>

★電池内部の劣化解析を正確に測定するためにはどうすればよいのか?
★測定結果を電池部材の開発に活かすためのポイントとは?
インピーダンス測定による
リチウム電池の劣化診断、部材開発への活かし方

■ 講師

エンネット(株) 代表取締役社長 小山 昇 氏

■ 開催要領
日 時 平成29年2月14日(火) 10:00〜17:00
会 場 [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 1名につき50,000円(消費税抜き・昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
         詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
■ プログラム

【講座概要】
リチウム二次電池は、モバイル機器用途から、定置型蓄電、車載などの大型用途まで、その市場はさらに広がりを見せています。そのために、リチウム二次電池の状態把握、安全性の確保がとても重要な開発課題になっています。また、更なる電池高性能化を目標とした部材開発も盛んです。  そこでこの度、リチウム二次電池のユーザーおよびメーカーとして新規参入企業の研究者、技術者、管理者にも分かりやすいように、リチウムイオン二次電池の基礎、動作状態把握、特性評価法、電池の劣化度診断法では、パルス法やインピーダンス法を用いた手法について基礎からじっくりと解説します。最新の測定法や材料開発も紹介し、周辺の研究課題を明らかにします。また、現状市販されている電池の特徴を紹介します。講義終了後には、受講者の講演内容に関するご質問に可能な範囲で回答いたします。


【得られる知識、技術】
リチウムイオン二次電池の仕組み、充放電特性の見方、電池構成材料とその反応特性、各種電気化学測定法、特にインピーダンス測定法とそのスペクトルの意味、電池状態把握、電池の健全度診断法、安全性確保の工夫、最近の開発トピックスなど。


第1部 リチウムイオン二次電池特性の基礎
(10:00〜12:00)

1.電池特性の基礎概念
2.正・負電極用活物質のレドックス応答とその解析・評価
3.充放電特性から得られる情報
4.電池構成部材とその開発状況


第2部 交流インピーダンス測定法と直流測定法
(12:45〜14:45)

1.パルス測定法の原理と特長
2.充放電特性とその関連微分特性
3.インピーダンス測定の原理と特長
4.擬似等価回路での評価


第3部 いくつかの市販電池でのインピーダンス応答
(15:00〜17:00)

1.電極評価
2.部材評価
3.劣化挙動との関連性
4.劣化度評価と寿命推定


【質疑応答・個別質問・名刺交換】

リチウム インピーダンス パルス セミナー