医薬品 マーケティング セミナー

                  
医薬品売上予測における不確定/動的因数の上手な捉え方
世界の薬価・医療保険制度 早引き書 〜2015年度 刷新版〜
 
<セミナー No703106>

☆「販売計画スプレッドシート」配布します!

☆ 将来患者数や薬価などの動的で不確定な因数をいかに取り扱うか?

〜Excelでできる〜

医薬品 売上予測モデル

効率作成・ロジカルな活用法


■ 講師

【第1部】(株)ニイタカ マーケティング部長 中西真人 氏  (元 アベンティスファーマ(株) 元 味の素製薬(株) )

【第2部】e-Projection 代表 長手寿明 氏(元武田薬品工業(株) グローバルマーケティング)

【第3部】北陸大学 未来創造学部 教授 武田幸男 氏(元ファイザー(株))

■ 開催要領
日 時

平成29年3月6日(月)10:00〜16:30

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
 
詳しくはお問い合わせください〕

 
■ プログラム

【10:00〜12:30】

【第1部】 医薬品売上予測のモデル作成とスプレッドシート作成の具体例

(株)ニイタカ マーケティング部長 中西真人 氏  (元 アベンティスファーマ(株) 元 味の素製薬(株) )

【講座主旨】

マーケティング従事者にとって、「製品のマーケティングプラン」策定と当プラン中の販売計画策定は必須です。「製品企画書/マーケティングプラン」をスプレッドシートを用いて具体的に作成していきます。

【講座内容】

・顕在患者数と潜在患者数について
 -公的な患者推計について
 -調査会社のデータ活用

・既存市場の売上予測
 -今後どの程度市場成長があり得るかの予測
 -短中期の各製品のマーケットシェア予測
 -中長期の売上予測

・成熟した市場への参入の売上予測

・新たな市場の売上予測

【質疑応答】

 

【13:15〜14:45】

【第2部】 将来患者数算出に用いるモデリングの実務とグローバル売上予測を行う際の留意点

e-Projection 代表 長手寿明 氏(元武田薬品工業(株) グローバルマーケティング)

【講座主旨】

あらゆる予測の基本は過去を観察し、傾向を見出してそれを未来に向けて外挿するということである。今回は傾向を見出して外挿するための様々なモデルとその考え方を紹介するとともに、ケースを用いて実際にどのようなプロセスでそれが行われるのかということを紹介する。 また、特に研究開発の段階における判断は国内だけでなくグローバルの売上げを予測することによらなければならないが、その場合の留意点やプロセスを合わせて開設する。

【講座内容】

・数理的普及モデル
 ―Bassのモデル
 ―ロジスティック曲線モデル
 ―ゴンペルツ曲線モデル

・罹患率モデル

・モデル導入の実務
 ―Microsoft Excelのソルバー機能の使い方

・ケーススタディ

・グローバル売上予測を行う際の留意点
 ―薬価とマーケットアクセス
 ―国際的価格決定の課題

【質疑応答】

 

【15:00〜16:30】

【第3部】 資源配分の視点からの、ロジカルな売上予測データの見方

北陸大学 未来創造学部 教授 武田幸男 氏(元ファイザー(株))

【講座内容】

1.売上予測データの確認
 1.1 市場と売上予測データとの整合性の確認
  @開発初期段階の不確実性が高い段階での売上予測データ
  A開発後期の不確実性が低くなった段階での売上予測データ
  B多様な売上予測のアプローチ方法
  C売上予測データでの確率性評価
  D市場データと売上データの再確認と再評価作業
 1.2 製品コンセプトと売上予測データとの整合性の確認
  @開発時点での売上予測データからマーケティングの売上予測データの作成作業
  A製品コンセプトと売上予測データとの整合性の確認

2.製品コンセプトと売上予測データの評価および販売資源配分作業
 2.1 販売資源の配分
 2.2 売上予測データと販売資源配分
  @売上高に影響を及ぼす要素
  A製品ライフサイクルと販売資源の配分
  B販売資源の種類
 2.3 具体的な販売資源への配分
  @MRプロモーションへの資源投入
  A販促物等宣伝資材の費用
  Bコマーシャル等広告予算への資源投入
  C学術講演会等シンポジウム費用への資源投入
  D流通への資源投入
  Eサンプル資源の投入
  Fデータ開発への資源投入

3.製品ポジショニングと売上予測への影響(事例提示)

【質疑応答】

 

医薬品 マーケティング セミナー