医薬品 マーケティング セミナー

                  
医薬品売上予測における不確定/動的因数の上手な捉え方
世界の薬価・医療保険制度 早引き書 〜2015年度 刷新版〜
 
<セミナー No703109>

☆ 今すぐ知識が必要な方、新しくプロマネになる方のための速習・基礎講座!

医薬品マーケティングにおける
STPの基礎・実践と戦術作成
〜セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング〜

■ 講師

【第1部】近藤健二 氏(元アイ・エム・エス・ジャパン(株))

【第2部】ディアラス・コンサルティング・ジャパン(株) 代表取締役 増田一郎 氏
※第2部ご講演予定でございました、 増田様の講演がキャンセルとなりました。
内容に変更がございますので、ご確認ください。(2/6)

■ 開催要領
日 時

平成29年3月29日(水)10:30〜16:30

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

聴講料 1名につき50,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
 
詳しくはお問い合わせください〕

 
■ プログラム

【10:30〜14:30】 ※12:00〜13:00は昼食休憩

【第1部】 医薬品マーケティングにおけるSTPの基本とプロセス

近藤健二 氏(元アイ・エム・エス・ジャパン(株))

【講座主旨】

フィリップ・コトラー氏提唱によるSTPとは、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取った略称であるが、医療用医薬品マーケティングにおいても戦略・戦術上の要として最も重要な要素でありプロセスでもある。
一方、STPとは有機的な三位一体を成すべきであるが、実際には不十分な現状分析や市場理解、一貫性やバランスの欠如、理論偏重のマニアックな検討や構築によって、実効性を伴わない事例がしばしば見受けられる。
本講では、自らの経験と若干の事例を踏まえながら、医療用医薬品マーケティングにおける要としてのSTPの意義と重要性、プロセス、具体的実践とそのポイントについて共有・議論したい。

【講座内容】

1.そもそもSTPとは

2.マーケティング・プランニング・プロセスにおけるSTPの位置付け

3.三位一体としてのSTP戦略のポイントと留意点
 ・ セグメンテーション
  (医師や患者の基本プロファイルから思考/行動パターンまで)
 ・ターゲティング
  (選択と集中の意義)
 ・ポジショニング
  (ブランド価値の結晶: Brand Positioning Statement)

4.STPに基づくメッセージ構築

5.STP検討のためのマーケット・リサーチ

注)当日の講義では、上記の一部項目や順序が変更される場合がありますが、予めご了承願います。

【質疑応答】

 

【14:45〜16:30】

【第2部】 STPによる具体的な実践展開

近藤健二 氏(元アイ・エム・エス・ジャパン(株))

【講座内容】

1.STP実践としてのプロモーション/チャネル・ミクスの検討
 ・パブリシティ・講演会活動
 ・広告、DTC
 ・MRディテールとe-ディテール
 ・資源配分検討 etc.

2.エリアマーケティングへの落とし込み

3.プロモーション・ミックスの成功のポイント

4.STPの実効性向上と成果検証(KPI)

 

注)当日の講義では、上記の一部項目や順序が変更される場合がありますが、予めご了承願います。

 

医薬品 マーケティング セミナー