プレシジョン 精密医療 セミナー
                  
次世代のがん治療薬・診断のための研究開発発
 
 
<セミナー No.704103>

★ 疾患と遺伝子異常の関係性はどこまで解明されているのか?

プレシジョンメディシンを支える
シーケンス技術と最新のがん研究

〜遺伝子解析データを治療薬、診断薬開発に活用する〜


■ 講師

【第1部】 静岡県立静岡がんセンター研究所 遺伝子診療研究部 研究部長代理 大島 啓一 氏

【第2部】 イルミナ(株) マーケティング本部 本部長 熊井 広哉 氏

【第3部】 順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科 准教授 永田 政義 氏

■ 開催要領
日 時 平成29年4月20日(木) 12:00〜16:30
会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき50,000円(消費税抜き/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【12:00〜13:30】

【第1部】 がん症例に対する遺伝子発現の傾向分析

静岡県立静岡がんセンター研究所 遺伝子診療研究部 研究部長代理 大島 啓一 氏

専門分野 遺伝子発現解析、タンパク質・ペプチドやマイクロRNAを対象とした細胞外分泌成分(セクレトーム)の解析

 

【講座主旨】
 近年、分析手法の発展と相まって、がんをはじめとした疾患に対する分子レベルでの特徴が明らかになってきた。すなわち、それらは疾患に特異的なDNAの配列異常、あるいはメッセンジャーRNA(mRNA)やタンパク質の発現異常等である。がんにおける子レベルの解明は、異常分子を標的とした治療薬あるいは早期発見に適した診断薬の開発へと導く。本講演では、遺伝子発現解析例を中心にがん研究の一端を解説する。

【講演内容】

1.がんの分子生物学

2.がんの分子学的診断

3.がんの分子標的治療

4.遺伝子発現(mRNA発現)解析
 4.1 分析方法
 4.2 データ解析
 4.3 データ活用例

5.他のオミックス手法との統合解析
 5.1 ゲノム解析
 5.2 タンパク質の発現解析(プロテオミクス及び免疫組織化学)



【質疑応答】


【13:45〜14:45】

【第2部】 プレシジョンメディシンを支える次世代シーケンス技術の最新動向

イルミナ株式会社 マーケティング本部 本部長 熊井 広哉 氏

 
 

【講座主旨】
 次世代シーケンス技術が登場してから10年が経過しました。これまでの大規模なゲノム研究によって疾患と遺伝子の関係が明らかになるにつれ、ターゲットの遺伝子を網羅的に解析できる次世代シーケンサー(NGS)はプレシジョンメディシンにおいて欠かすことのできない主要な装置になっています。NGSは、既にトランスレーショナルリサーチや臨床研究の場で活躍していますが、技術は法規制やガイドラインを凌駕して進化を続けており、全ゲノムシーケンスをプレシジョンメディシンに応用できる時代に突入しています。最新の次世代シーケンス技術についてご紹介いたします。

【講演内容】

・次世代シーケンス技術の理解
・次世代シーケンサーによって解明される疾患と遺伝子の関係性
・プレシジョンメディシンにおける次世代シーケンサーの役割
・プレシジョンメディシンにおける次世代シーケンスデータ活用方法
・最新の次世代シーケンス技術動向

【質疑応答】


【15:00〜16:30】

【第3部】 転移がんにおける最新のプレシジョン・メディシン

順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科 准教授 永田 政義 氏

 
 

【講座主旨】
準備中

【講演内容】
準備中

 


【質疑応答】


 



プレシジョン メディシン 精密医療 セミナー