がん 悪液質 セミナー

                  
次世代のがん治療薬・診断のための研究開発
iPS細胞の安全・高品質な作製技術
 
<セミナー No704106>

☆最新の基礎研究動向と、臨床現場の生の声から導かれる、今後の新薬像とは?

がん悪液質の基礎・臨床と治療薬の開発

■ 講師

【第1部】国立研究開発法人国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長 上園保仁 氏

【第2部】千葉西総合病院 腫瘍内科医/外来化学療法センター長 岡元るみ子 氏

【第3部】順天堂大学医学部附属練馬病院 呼吸器内科 助教 安藤克利 氏

■ 開催要領
日 時

平成29年4月5日(水)10:30〜16:45

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
 
詳しくはお問い合わせください〕

 
■ プログラム

【10:30〜12:30】

【第1部】 悪液質動物モデルを用いたがん悪液質の基礎研究ならびに
     基礎から臨床へのトランスレーショナルリサーチ

国立研究開発法人国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長 上園保仁 氏

【講座主旨】

2016年12月、がん患者の生活の質(QOL)向上のための支持・緩和療法研究の重要性を謳った「改正がん対策基本法」が公布された。QOL向上のために重要なものががん悪液質の克服である。がん悪液質は患者のQOLを低下させるのみならず、抗がん剤などの効果も低下させる。私たちはヒト胃がん細胞を用い、ヒト悪液質基準を満たす悪液質モデルラットを作製した。漢方薬六君子湯は、食思促進ペプチド、グレリンシグナルを増強することで体重減少、食思不振を起こしたラットの症状を改善した。その作用は六君子湯を構成する生薬、蒼朮に含まれるアトラクチロジンであることを見出した。現在このような基礎研究の結果を元にいくつかの臨床試験を計画し、実行中あるいは終了のものもある。がん悪液質の予防・症状緩和にはよい薬物がないのが現状であるが、当研究で得られたエビデンス等を臨床へ橋渡しし、患者に役立つ薬物開発が行えればと願っている。

【講座内容】

・本邦におけるがん政策のあゆみ

・改正がん対策基本法の成立と公布

・本邦におけるがん患者の生活の質(QOL)向上のための支持・緩和療法研究

・がん悪液質とは?およびヒトがん悪液質の臨床基準

・対症薬としてのがん悪液質症状改善薬

・ヒトがん悪液質臨床基準を満たすモデル動物の作製

・悪液質症状改善薬としての漢方薬、六君子湯

・六君子湯の作用メカニズム

・基礎実験結果を臨床につなげるトランスレーショナルリサーチ

・がん患者のQOL向上に向けてのがん悪液質研究の重要性

・新規がん悪液質治療薬を開発するために必要なこととは

【質疑応答】

 

【13:30〜15:00】

【第2部】がん悪液質ががん治療に及ぼす影響、臨床現場・患者が求める治療薬物とは

千葉西総合病院 腫瘍内科医/外来化学療法センター長 岡元るみ子 氏

【講座主旨】

がん悪液質は複合的な代謝障害症候群であり、発生機序も不明な点が多い。したがって、評価、治療も確立しておらず、がん治療を継続するうえで大きな障壁となっている。実臨床でのがんの診断、治療経過を示し、悪液質が患者の治療経過にどのような影響を及ぼし、どのような問題点があるのか、実際の症例を提示し、期待される治療薬について検討していきたい。

【講座内容】

1.がん患者の臨床経過(診断から治療、症状緩和まで)

2.がん悪液質を疑う症状とは

3.がん悪液質の評価は臨床現場ではどのように行われているのか

4.がん悪液質ががん治療に及ぼす影響

5.がん悪液質の治療の現状

6.医師、患者が求めるがん悪液質治療薬

【質疑応答】

 

【15:15〜16:45】

【第3部】 がん悪液質発症の分子機構とその治療への応用

順天堂大学医学部附属練馬病院 呼吸器内科 助教 安藤克利 氏

【講座主旨】

がん患者の多くは、病状の進行に伴い、食欲低下、体重減少、等の症状を来たし、脂肪組織や骨格筋の喪失を伴う悪液質と呼ばれる状態になる。悪液質の進行に伴い、がん患者の活動性や生活の質は低下し、予後に大きな影響を与える。近年の研究の進歩により、がんに対する治療薬は数多く開発されているものの、悪液質に対する有効な治療法はなく、その分子機構の解明、新規治療法の開発や臨床応用は急務である。
演者は、過去に肺がん悪液質患者の臨床データを集積し、全身性炎症を惹起させる因子であるIL-6が、悪液質患者の血清中で上昇しているため、IL-6の受容体抗体ががん悪液質の治療として有用である可能性を見出した。そこで、IL-6を遺伝子導入したマウス肺がん細胞株を使用し、悪液質モデルマウスを作成した上で、マウスIL-6受容体に対する抗体を投与し検討した。さらに、本基礎研究の結果を踏まえ、膠原病、等他領域の疾患で用いられる抗IL-6受容体抗体tocilizumabが治療薬剤の候補になりえる可能性を見出し、研究を推進してきた。
本講義では、これらの研究成果を中心に、がん悪液質の分子機構の観点から臨床像をとらえ、どのような形での治療応用を試みているか、臨床現場での経験をふまえて概説する。

【講座内容】

1.自己紹介

2.がん悪液質の臨床像

3.がん悪液質とその病態
 (1)炎症性サイトカインの関与
 (2)IL-6の産生及び作用
 (3)がん悪液質とIL-6

4.治療への応用
 (1)がん悪液質に対する薬物療法
 (2)栄養療法

5.まとめ

【質疑応答】

 

がん 悪液質 セミナー