塗布 塗装 セミナー

        
高分子の残留応力対策
薄膜塗布技術と乾燥トラブル対策
 
<セミナー No.704213>

★ なぜ、どこで不良が生じたのか?
       絡み合う欠陥要因とその解決策を豊富な事例とともに解説します!

塗布・コーティング膜の
表面欠陥対策


- クラック、ピンホール、気泡、ムラ、ゴミ・ブツ -

■ 講師

1.元職業能力開発総合大学校 専門基礎学科 准教授 工学博士 坪田 実 氏

2.ダイハツ工業(株) 生産技術部 技術企画室  主担当員 (課長) 神澤 啓彰 氏

3.共栄社化学(株) 塗料添加剤事業部 研究部 部長 衣川 雅之 氏

■ 開催要領
日 時

平成29年4月25日(火) 10:30〜16:30

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

 
■ プログラム

【10:30〜12:30】

1.塗布・コーティングにおける 塗膜の内部応力・欠陥・クラック対策

元職業能力開発総合大学校 専門基礎学科 准教授 工学博士 坪田 実 氏

【講座趣旨】
  コーティング材料は流動状態で被塗物を覆い、付着、固化します。仕上がりに至るまでの被膜(塗膜)形成過程で起きる変化を知ること、固着後の被膜の性能を知ることは品質を保証するために不可欠です。とりわけ、付着性はコーティング膜の必要条件となる大切な性能ですが、真の付着力を解明したり、測定することは困難を極めています。本講座では、付着性に及ぼす被塗物、材料要因を取り上げ、付着力にとって負の因子である内部応力に言及します。


1. 付着性の理論と付着強さの評価・試験法
 1-1 分子間力-水素結合力、ファン・デル・ワールス力
 1-2 吸着説
 1-3 拡散説
 1-4 実用の付着強さと評価法

2. 内部応力のはなし
 2-1 内部応力の発生機構
  1) 身近な現象と内部応力の有効利用
  2) 結晶性ポリマーの場合
  3) 非晶性ポリマーの場合
 2-2 内部応力の測定法
 1) 応力受容媒体法(バイメタル法)
 2) FSB(Free Film Stretch Back)法  
 2-3 内部応力と塗膜のTg
 2-4 付着性に及ぼす内部応力

3.付着性と内部応力が関与する欠陥事例とその対策
 3-1 水道鋼管PE内面コートのはく離事件
 3-2 セラミックコンデンサーの劣化対策
 3-3 塗装系の選択ミス

4.欠陥の逆利用
 4-1 割れ目の形成機構
 4-2 割れ目模様の作り方

【質疑応答】

【13:15〜14:45】

2. 塗装工場品質改善の取り組み事例

ダイハツ工業(株) 生産支援部 技術企画室 主担当員(課長) 神澤 啓彰 氏

【習得できる知識】
 ・塗装で問題となるゴミブツの区分と見える化アプローチ
 ・具体的な品質対策事例を通した、改善の進め方 


【講座趣旨】
 多くの塗装の職場では、ゴミブツに関する品質不具合対策が大きな課題です。 その対策を 概論と具体的な対策事例でご説明し、それぞれの職場での品質対策の足がかりとして頂きたい。

1.塗装にとって品質とは?

2.塗装品質の成り立ち

3.塗装品質を良くする為に

4.取り組みの切り口

5.ホコリ、ブツ、クリーン化
 5-1 ブツの基準とは?  
 5-2 ホコリの区分 ・粗大粒子と微粒子の比較
 5-3 粗大粒子はどこからやってくる
 5-4 塗装工程とクリーンルームの差
 5-5 交差汚染について
 5-6 クリーン化の4原則

6.アプローチ
 6-1 他社の取組みを見る  
 6-2 世の中にあるテクニックを学ぶ
 6-3 見える化について
 6-4 クリーン化他対策アイテム

7.具体的事例
 @〜C 具体的な工程での対策事例


【質疑応答】


【15:00〜16:30】

3.消泡剤/湿潤・レベリング剤の 機能発現メカニズムと用途事例

共栄社化学(株) 塗料添加剤事業部 研究部 部長 衣川 雅之 氏

【講座趣旨】
  泡が消えない、塗装面が荒れている、基材に濡れない、ハジキが起こる、スピンコートしたら額縁現象が起こる 等の塗料作成時、塗装時のトラブル対策について説明します。

1. 塗料調製時やコーティング時の不具合
 1-1 消泡不良の原因
 1-2 レベリング不良の原因
 1-3 濡れ不良の原因

2.消泡・ワキ防止剤
 2-1 消泡・ワキ防止剤の役割 とメカニズム
 2-2 設計と選定
 2-3 トラブル例と解決方法(使用例)


3.ポリマー系湿潤・レベリング剤
 3-1 ポリマー系湿潤・レベリング剤の役割 とメカニズム
 3-2 設計と選定
 3-3 トラブル例と解決方法(使用例)

4.シリコーン系/フッ素系湿潤・レベリング剤
 4-1 シリコーン系/フッ素系湿潤・レベリング剤の役割 とメカニズム
 4-2 設計と選定
 4-3 トラブル例と解決方法(使用例)

5. その他の不具合


【質疑応答】

塗布 塗装 コーティング