オーソライズド ジェネリック セミナー
                  
医薬品売上予測における不確定/動的因数の上手な捉え方
 
<セミナー No.705102>

★★充実の7名講師!  注目企業(2社)のトップ、アナリスト、薬価のプロ、薬剤師が語る!

オーソライズドジェネリック
将来予測・事業戦略

■ 講師
【第1部】  クレディ・スイス証券(株) 株式調査部 ディレクター 酒井 文義 氏
【第2部】 薬樹(株) 店舗運営支援本部 薬局事業支援グループ グループマネジャー 竹内 大悟 氏
【第3部】 横浜市立大学附属病院 薬剤部 課長補佐 小池 博文 氏
【第4部】 (株)ビーアイメディカル マーケティング部 部長 塚前 昌利 氏
【第5部】 第一三共エスファ(株) 代表取締役社長 義若 博人 氏
【第6部】 (有)オフィス・メディサーチ 松原 喜代吉 氏
【第7部】 アスペンジャパン(株) 代表取締役社長 岩本 紳吾 氏
■ 開催要領
日 時   平成29年5月17日(水) 10:00-17:15 5月18日(木) 10:00-14:40 
会 場

[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料 1名お申込みの場合70,000円
2名お申込みの場合100,000円
※3名以上でお申込みの場合は
1名につき50,000円となります
(消費税抜、昼食・資料付)
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕
■ プログラム

5月17日(水)
10:00〜11:30

【第1部】 オーソライズドジェネリックの将来予測

クレディ・スイス証券(株) 株式調査部 ディレクター 酒井 文義 氏

 
【講演項目】
1.ジェネリックシェア80%の世界
2.長期収載品の凋落
3.AGはGEにとってリスクとなる可能性
4.AGは究極のGE対策
5.GEメーカーの危機感とAG戦略
6.AGビジネスの課題
7.投入されたAGの現状
8.オーソライズドバイオシミラーという選択肢
9.ジェネリック業界再編を迫る
10. GEとAG市場の予測
 

【質疑応答】


11:45〜13:15

【第2部】 調剤薬局から見るオーソライズドジェネリック採用判断基準

薬樹(株) 店舗運営支援本部 薬局事業支援グループ グループマネジャー 竹内 大悟 氏

 

【講座主旨】
 保険薬局にとってオーソライズドジェネリックは、患者の後発医薬品の使用を促す上で非常に有力なものである。一方、保険薬局にとっては積極的に採用しづらい側面も存在する。保険薬局独自の視点で、オーソライズドジェネリックのメリット・デメリットを紹介する。


【講演項目】
1. オーソライズドジェネリック医薬品の使用状況

2. オーソライズドジェネリック医薬品の実際
 〜オーソライズドジェネリック医薬品のメリット・デメリット

3. オーソライズドジェネリック医薬品の採用
 〜推奨品を選定する上での優位性
 〜採用する上での課題

4.保険薬局にとってのオーソライズドジェネリックの今後

【質疑応答】


14:00〜15:30

【第3部】 病院薬剤部から見るオーソライズドジェネリックの位置づけ

横浜市立大学附属病院 薬剤部 課長補佐 小池 博文 氏

 

【講座主旨】
 ジェネリック医薬品を選定する上で、当院ではオーソライズドジェネリック(AG)を特に意識しておりません。原薬や添加物が先発品と同じであること、様々な臨床試験データが流用できることの優位性よりも、患者や医療従事者にとっての使いやすさや医療安全の視点を重視しています。講座では当院独自のジェネリック医薬品の選択方法について、紹介いたします。

【講演項目】
1.ジェネリック医薬品の導入状況とその考え方
 ・数量シェア90%(2016年12月)までの道のり
 ・「安定供給」をどう担保するか
 ・診療報酬改定がもたらす経営的なインパクト

2.採用薬の選択と管理
 ・医療安全の観点から
 ・ユーザーとしての視点から
 ・業務改善の観点から

3.オーソライズドジェネリック(AG)に対する考え方
 ・AGが有する優位性とそのジレンマ
 ・AGの導入状況とその選択理由
 ・AGに期待すること

【質疑応答】


15:45〜17:15

【第4部】 地域医療連携時代でのオーソライズドジェネリックの役割、位置づけ

(株)ビーアイメディカル マーケティング部 部長 塚前 昌利 氏

 


【講座主旨】
 本年4月から医療機関相互間の機能分担や業務連携の推進を目的とした、地域医療連携推進法人制度がスタートした。 医療提供体制が「医師中心」から「多職種中心」、「病院完結型」から「地域完結型」へとシフトしている今日、製薬企業も変化に応じた体制を構築する必要がある。 オーソライズドジェネリックの役割、位置付けに関して、地域医療連携時代における製薬企業の役割という観点から私見を述べる。

【講演項目】

1.製薬企業を取り巻く環境変化
  ・内的要因、外的要因
  ・製薬企業の販売戦略(AG、バイオシミラー、オフ・パテント・ドラッグ)
2.AG戦略(品質、安定共有、情報提供)
3.地域医療連携時代における製薬企業の役割
4.まとめ

【質疑応答】


5月18日(木)
10:00〜11:00

【第5部】 第一三共エスファ社のオーソライズドジェネリック事業の取り組み

第一三共エスファ(株) 代表取締役社長 義若 博人 氏

 

【講座主旨】
 高齢化社会の急速な進展により、ジェネリック医薬の必要性はますます高まり、政府のジェネリック医薬品の中期的な普及目標である80%以上に向け、直近では65%を超える水準まで達している。しかしながら、未だ一部の医療現場や患者さまから、ジェネリック医薬品に対する抵抗感や不安感を耳にする現状がある。今後の80%目標の達成に向けては、AGが重要な役割を果たすと考える。


【講演項目】
1.ジェネリック医薬品市場の現状と見通し
 ・ジェネリック医薬品市場の現状
 ・ジェネリック医薬品を取り巻く環境の変化
 ・今後のジェネリック医薬品市場

2.ジェネリック80%時代への課題
 ・政府のジェネリック医薬品使用促進策と今後の課題
 ・医療機関と患者のニーズに応える取り組み

3.オーソライズドジェネリックとは(その意義と現状)
 ・オーソライズドジェネリック(AG)とは
 ・AGの意義と現在の状況

4.第一三共エスファにおけるAG事業への取り組み
 ・第一三共エスファのAG事業戦略
 ・AGがジェネリック医薬品のスタンダードになる

【質疑応答】


11:20〜12:50

【第6部】 薬価制度の抜本改革」の動向とオーソライズドジェネリックの価格戦略

(有)オフィス・メディサーチ 松原 喜代吉 氏

 

【講座主旨】
 近年、オーソライズドジェネリック(AG)は、大型特許切れ製品には必須の戦略となりつつある。一方、中医協では、後発医薬品の薬価も含めた薬価制度の抜本改革に向けた議論が進んでいる。本講演では、薬価制度の抜本改革の動向とそれを踏まえたAGの価格戦略について言及する。


【講演項目】
1.「薬価制度の抜本改革」に向けた議論の動向
 ・薬価調査・薬価改定の頻度等の見直し
 ・長期収載品の薬価算定
 ・新規後発医薬品の薬価設定
 ・後発医薬品の価格帯の見直し

2.「薬価制度の抜本改革」とオーソライズドジェネリックへの影響

3.今後のオーソライズドジェネリックの価格戦略

【質疑応答】


13:40〜14:40

【第7部】 アスペンジャパン社のオーソライズド・ジェネリック事業の取り組み

アスペンジャパン(株) 代表取締役社長 岩本 紳吾 氏

 

【講座主旨】
 アスペンジャパンは、2016年7月にバラシクロビル錠のオーソライズド・ジェネリックを発売開始し、ジェネリックの発売から2年経過しているのにもかかわらず、トップシェアを獲得した。同年9月にパロキセチン、2017年1月にスマトリプタンのオーソライズド・ジェネリックを発売し、アスペンジャパンの事業拡大に取り組んできた。近年の日本の医薬品市場の動向と、それに合わせたアスペンジャパンのビジネスモデルについて紹介する。


【講演項目】
1.アスペンジャパンの紹介

2.日本のジェネリック市場
 (1) 日本の医薬品市場の薬の分類
 (2) 今後のジェネリック市場の考察
 (3) AGはLLP及び一般ジェネリックとどの様に異なるか
 (4) 何故AGは売れるのか

3.アスペンジャパンのビジネスモデル
 (1) 日本の医薬品市場で生き残る戦術
 (2) アスペンにとってAGとは
 (3) 成果・結果に拘る
 (4) 各ステークホルダーとWin-Winな関係を築く
 (5) 総力戦で戦う組織を作り上げる
 (6) 勝つ文化の醸成

【質疑応答】


  オーソライズド ジェネリック セミナー