自己 注射 セミナー
                  
自己注射に対する医師・患者ニーズと 製品開発への落とし込み
手術用シーラント材・癒着防止材の 利便化向上を目指した製品開発
 
<セミナー No705109>

★ 薬剤師・臨床現場の生の声から学ぶ、自己注射製剤の採用条件とは?

自己注射の使用トラブル・改善ニーズと

使い易さ向上


■ 講師
【第1部】  東京薬科大学 薬学部 臨床薬剤学教室 教授 下枝貞彦 氏
【第2部】 横浜薬科大学 薬学部 教授 定本清美 氏
【第3部】 岡山赤十字病院 薬剤部長 森英樹 氏
【第4部】 クレコンメディカルアセスメント(株) ダイレクター 井上幸恵 氏
■ 開催要領
日 時

平成29年5月31日(水)10:00〜17:15

会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
  〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
 
詳しくはお問い合わせください〕

■ プログラム

【10:00〜11:30】

【第1部】 自己注射化による製剤の有用性向上とデバイスによる薬剤選定への影響

東京薬科大学 薬学部 臨床薬剤学教室 教授 下枝貞彦 氏

 

【講座主旨】

1981年に保険診療上、インスリン製剤とヒト成長ホルモン製剤の在宅自己注射が認められた。当時はガラスバイアル製剤を皮下投与用のシリンジにその都度分注し投与する必要がある上、一般市民からの認知度も低く、自己注射には常に負のイメージが存在していた。しかしその後、ペン型のカートリッジ式注射器が導入され、特殊な世界をイメージさせていた自己注射も徐々にその様子が変化した。特にインスリン製剤はデバイスへ様々な工夫が加えられ、自己注射器は大きな進化を遂げた。さらに追随し、数多くのプレフィルドシリンジ製剤が発売され、医療現場での有効性が確立された。しかしその反面、注射器であるという共通の外観が各製剤間の識別性を低下させ、メディケーションエラーの温床ともなっている。 そこで本講では、在宅自己注射の現状とそこで使用されている注射製剤の包装形態に着目し、今後の望まれるデバイスの方向性について考えたい。

【講座内容】

1.自己注射の保険上の留意点
 1-1.在宅自己注射導入の条件
 1-2.在宅自己注射指導管理料の対象薬剤
 1-3.在宅自己注射導入における患者選択のポイント

2.自己注射新規導入患者への説明方法とその課題
 2-1.糖尿病患者の場合
 2-2,関節リウマチ患者の場合
 2-3.パーキンソン病患者の場合
 2-4.学童を中心とした食物アレルギー性のアナフィラキシー患者の場合
 2-5.片頭痛患者の場合
 2-6.ヒト成長ホルモンによる治療の場合

3.主な自己注射製剤とその特徴 
 3-1.GLP-1受容体作動薬
  ・各製剤間の特徴
  ・週1回型製剤の有用性とその問題点
 3-2.関節リウマチに対する生物学的製剤
  ・各製剤間の特徴
  ・免疫能低下に伴う副作用対策
 3-3.テリパラチド製剤
  ・ビスホスホネート製剤との使い分け
 3-4.アポモルヒネ製剤
  ・従来型抗パーキンソン病薬との使い分け
 3-5.ゴナドトロピン製剤
 3-6.アドレナリン製剤
 3-7.スマトリプタン製剤
 3-8.ヒト成長ホルモン製剤
 3-9.ヘパリン製剤
  ・抗リン脂質抗体症候群への適用
  ・播種性血管内凝固症候群への適用

4.自己注射剤を巡る諸問題
 4-1.誤注射による影響
 4-2.アドレナリン自己注射に関する教育現場と学校薬剤師の対応
 4-3.自己注射デバイスの形態によるメディケーションエラー
 4-4.自己注射補助具の有用性

【質疑応答】


【12:15〜13:45】

【第2部】 臨床現場における自己注射の使用と、それに伴い考慮するべき事

横浜薬科大学 薬学部 教授 定本清美 氏

 

【講座主旨】

自己注射は様々な分野の治療の選択肢として拡大している。糖尿病患者では小児から高齢者まで、様々な年齢において、学校や職場、家庭、介護現場など様々な生活状況のなかで施行されていて、生命をつなぐ手段として重要である。また、関節リウマチにおいては、有効な治療手段として手に障害を持つ患者や、高齢者においても使用されている。これらの分野以外でも、ホルモン治療など使用数が少ない分野でも、医薬品としての重要性は大きい。一方、使用について、年代別研究や分野別調査など大規模な患者調査などが難しいことから、問題点が把握されていないことも考えられる。このような中で、患者の自己注射使用に対する選択願望、使用経過における考慮する点、医療従事者の対応状況、外来診療では把握できない危機管理項目などについて、現状や報告などから検討してみる。また、今後のデバイス開発や調査研究の必要性などについても考察してみる。

【講座内容】

1.自己注射の使用実態

2.デバイスの多様性

3.患者側の要因

4.提供者側の対応

5.自己注射接種における課題

6.自己注射接種以外の課題

7.日本における患者の考え方

8.自己注射使用拡大において考慮するべき問題

9.自己注射使用拡大において必要な調査

10.継続調査や分野別の必要性

【質疑応答】


【14:00〜15:30】

【第3部】 在宅医療での薬物使用に貢献する自己注射の有用性と今後の改善点

岡山赤十字病院 薬剤部長 森英樹 氏

 

【講座主旨】

これから在宅医療が増加するうえで、如何にアドヒアランスを向上させるか、そして自己注射のデバイスを工夫して少しでもストレスなく投与していただくか検討する時期にきている。そして、国レベルの問題になっている残薬を解決する為に、薬剤師が何を考え、どう実行していくかを伝えたい。また、ポリファーマシー(多剤投与)対策も忘れてはならない。病院薬剤師は、患者と共に考え、保険調剤薬剤師へシームレスな連携をしなければならない。

【講座内容】

1.アドヒアランスの向上のために

2.自己注射の指導

3.デバイスを考える

4.残薬問題の解決法

5.ポリファーマシーを考える

6.在宅に向けての連携

7.今後の課題

【質疑応答】


【15:45〜17:15】

【第4部】 医療経済的観点からみた自己注射製剤の価値評価

クレコンメディカルアセスメント(株) ダイレクター 井上幸恵 氏

 
【講座主旨】

2016年4月より費用対効果評価の試行的導入が始まりましたが、今後の新規医薬品の薬価交渉戦略においてはこうした動向を意識した考え方を取り入れる必要があると考えられます。本講座では医療経済的観点からみた自己注射製剤の価値評価のポイントを、試行的導入に関する中医協におけるこれまでの討議や最新の費用対効果評価方法の紹介も織り交ぜながら、わかりやすく解説します。

【講座内容】

1.費用対効果評価とは
 ・費用対効果評価の基礎
 ・試行的導入の概要
 ・企業における対応のポイント

2.自己注射製剤の医療経済学的有用性
 ・自己注射製剤の臨床的有用性から導かれる薬剤経済学的有用性
 ・自己注射製剤に関連する診療報酬

3.分析事例の紹介
 ・自己注射の医療経済的な分析案
 ・自己注射に関する医療経済的分析事例の紹介

4.医療経済的観点からの自己注射の価値評価
 ・医療経済的視点からみた自己注射製剤の価値評価のポイント
 ・患者にとってのメリットの定量化
 ・薬価交渉への活用の可能性

【質疑応答】


自己 注射 トラブル セミナー