がん 有害事象 セミナー
                  
先端治療技術の実用化と開発戦略
次世代のがん治療薬・診断のための研究開発
 
<セミナー No.705119>

★ 重篤度評価や予期せぬ副作用への対応のポイントとは?

免疫チェックポイント阻害薬の併用療法における
有害事象・因果関係判断のポイント


■ 講師
【第1部】  国立がん研究センター東病院 臨床研究コーディネーター室 原真幸 氏 
【第2部】 がん・感染症センター都立駒込病院皮膚腫瘍科 医長 吉野公二 氏
【第3部】 静岡県立静岡がんセンター 腫瘍内科 医長 横田知哉 氏
■ 開催要領
日 時   平成29年5月30日(火)11:00〜17:15
会 場

[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料

1名につき 55,000円(消費税抜、昼食・資料付)
 〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

■ プログラム

11:00〜12:45

【第1部】CRCからみた免疫チェックポイント阻害薬を含むがん有害事象・因果関係判断のコツ

国立がん研究センター東病院  原真幸 氏

 

【講演項目】

・CRCからみた有害事象の取り扱い

・因果関係とその判断

・重篤度について

・事例から学ぶ有害事象・因果関係判断

・下痢

・間質性肺炎

・肝障害 等

・有害事象に対する治療方法

・免疫療法に対する患者さんの思い

・有害事象を早期発見するための患者さんへの対応方法

   

【質疑応答】


13:30〜15:15

【第2部】皮膚腫瘍科からみた免疫チェックポイント阻害薬を含む免疫関連有害事象・因果関係判断のコツ

がん・感染症センター都立駒込病院 吉野公二 氏

 

様々な癌種に免疫チェックポイント阻害薬が使用できるようになった。効果も重要であるが、従来の化学療法とは異なる副作用(免疫関連有害事象:irAE)を経験することがある。また、今後は併用療法が中心となるが、ニボルマブ単剤で経験したirAEとは異なり、重症度が高くまた同時多発的に生じる。今後併用療法を見据えて、どう対応するかが本薬剤を使用するにあたり重要であり、今回この点を解説する。

【講演項目】

・免疫関連有害事象(irAE)について

・ニボルマブ、ペンブロリズマブ、イピリムマブでのirAE

・併用療法でのirAE

・sequencialでのirAE

・irAEの早期診断について

・治療について

【質疑応答】


15:30〜17:15

【第3部】腫瘍内科医からみた免疫チェックポイント阻害薬を含むがん薬物療法の有害事象・因果関係判断のコツ

静岡県立静岡がんセンター 横田知哉 氏

 

免疫チェックポイント阻害剤は基本的には安全に投与されるが、時に予期せぬ重篤な有害事象をきたし、その発症予測、発症時期の予測が難しい。有害事象に迅速に対応すべきであるのは言うまでもないが、有害事象を徴候ベースのみで考えると、時に重篤な内分泌障害等を見落とすことがある。常に徴候を病態ベースに置き換えて考えることによって、適切な治療方針がとれる点を強調したい。。


【講演項目】

1免疫チェックポイント阻害薬と殺細胞性抗腫瘍薬との有害事象の違い

2免疫チェックポイント阻害薬による有害事象総論
 ・徴候ベースに考えるか病態ベースに考えるか
 ・irAEと抗腫瘍効果の関係

3有害事象各論
 ・皮膚炎
 ・腸炎
 ・肝炎
 ・内分泌異常(下垂体機能、甲状腺機能、一型糖尿病を含む)
 ・肺臓炎
 ・神経・筋炎
 ・心筋症 など

4免疫チェックポイント阻害薬による有害事象予測の可能性

【質疑応答】


   免疫チェック 有害事象 セミナー