IoT プラント セミナー
        
製造プロセスにおけるIoT、ICT技術の活用
化学工場・研究所の事故・災害対策とリスク管理
 

<セミナー No 705209>


★ データ収集・管理の要点!  IoT化推進における社内組織の巻き込み方!

IoT技術を活用した
化学プラントの運転・保守の効率化

■ 講師

.特定非営利活動法人分析産業人ネット 副理事長 村山 健 氏

2.ジェイティ エンジニアリング(株) システムインテグレーション部  シニアコンサルタント 福田 敏博 氏

3.東京大学 大学院工学系研究科 システム工学専攻 教授 理学博士 船津 公人 氏

4.(株)トクヤマ情報サービス 生産システムグループ 西村 昌浩 氏

■ 開催要領
日 時

平成29年5月24日(水) 10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき 60,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55
,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:00-11:30】

1.プロセス分析計の種類・原理と導入のポイント

特定非営利活動法人分析産業人ネット 副理事長 村山 健 氏

 

【習得できる知識】
プロセス分析計とは何か、プロセス分析計の目的、サンプル採取点とプロセス分析計の設置場所、プロセス分析計の種類と原理、防爆構造とは、防爆構造の種類、プロセス分析計導入のポイント、スマートセンサとは

【講座の趣旨】
製造工程などでのプロセス分析の意義、サンプル採取点と分析計の設置場所、プロセス分析計の種類と原理、防爆構造の種類、プロセス分析の導入のポイント(特性、インテリジェント化、スマートセンサ)について述べる。

1.製造工程におけるプロセス分析の意義

2.プロセス分析計の種類・原理
 2.1 サンプル採取点と分析計の設置場所
 2.2 プロセス分析計の種類・原理
  (1)プロセスガスクロマトグラフ
  (2)プロセス質量分析計
  (3)プロセス用赤外線ガス分析計
  (4)ガス分析計(酸素計、水素計など)
  (5)液体分析計
     (pH計、導電率計、濁度計、残留塩素計、粘度計、密度計、溶存酸素計、TOC計、UV計、全窒素測定装置など)
  (6)厚さ・水分計

3.防爆構造
 3.1 耐圧防爆構造
 3.2 本質安全防爆
 3.3 内圧防爆構造

4.プロセスへの分析計の適用視点

5.プロセス分析の導入のポイント
 5.1 プロセス分析計の特性
 5.2 インテリジェント化による信頼性向上
 5.3 アナライザバスによる一括管理
 5.4 スマートセンサ

【質疑応答】


【12:10-13:40】

2.産業オートメーションのサイバーリスクとセキュリティ対策

ジェイティ エンジニアリング(株) システムインテグレーション部 シニアコンサルタント 技術士(経営工学部門) 福田 敏博 氏

 

【習得できる知識】
産業サイバーセキュリティの国内動向、制御システムセキュリティの基礎、CSMS(Cyber Security Management System)の概要

【講座の趣旨】
IoT(Internet of Things)や第四次産業革命など情報技術の進展で、産業オートメーションが一般的な情報システムと同様に、サイバー攻撃の脅威に晒されている。産業オートメーションにおけるセキュリティリスクの現状と、その対策について説明する。


1.はじめに

2.産業オートメーションのセキュリティ課題
 2.1 ビジネス環境の変化
 2.2 システム・ネットワークのオープン化
 2.3 迫りくるIoT時代
 2.4 セキュリティ対策の現状

3.サイバー攻撃によるセキュリティリスク
 3.1 産業系システムの特徴
 3.2 起こりうるサイバー攻撃の脅威
 3.3 産業サイバーセキュリティに関する国内動向

4.セキュリティ対策の進め方
 4.1 サイバーセキュリティ経営とは
 4.2 セキュリティマネジメントの重要性
 4.3 リスクアセスメントによる効果的な対策の考え方

5.CSMS認証の概要
 5.1 CSMS認証とは
 5.2 認証取得のステップ
 5.3 認証取得の効果

6.まとめ

【質疑応答】


【13:50-15:20】

3.ソフトセンサーによるプラントの運転状態推定と製造プロセスの安定化、効率化

東京大学 大学院工学系研究科 システム工学専攻 教授 理学博士 船津 公人 氏

 
【習得できる知識】
オンライン・リアルタイムにプラントの運転状況を把握し、製造物の品質の安定化を図るためのソフトセンサーの構築・運用法についての全般的な知識習得ができる。

【講座の趣旨】
ソフトセンサーとは何か。ソフトセンサー構築にあたってのデータース管理。ソフトセンサーモデルの切り替え利用。ソフトセンサーの制御への活用などについて触れる。


1.ソフトセンサー
 1.1 ソフトセンサーの役割
 1.2 具体例

2.ソフトセンサーの問題点・課題点
 2.1 モデルの劣化
 2.2 データベース管理

3.適応型ソフトセンサー
 3.1 アンサンブルモデルの活用
 3.2 動特性の考慮
 3.3 実プロセスデータにおける検証

4.製薬業界における連続プロセス導入の動き

5.ソフトセンサーを用いた制御

6.医薬品製造プロセスにおけるソフトセンサー
 6.1 学習用データが不要なソフトセンサー (IoT)
 6.2 波長選択

【質疑応答】

【15:30-17:00】

4.製造所横断によるMES階層再構築の取組事例

(株)トクヤマ情報サービス 生産システムグループ 西村 昌浩 氏

 

1.再構築に向けた認識論
 1.1 再構築での三つの着眼点
 1.2 分化したシステム階層に適うパッケージ製品の選定:ソフトウェア
 1.3 製造所統合を支えるICTインフラ整備
 1.4 システム担当部署の組織運営
 1.5 三位一体

2.取組状況と利用促進
 2.1 経過
 2.2 社内事例の列挙

3.再構築に対する評価
 3.1 システム担当部署における定性効果
 3.2 利用者へのアンケート結果

4.今後の展望
 4.1 大規模システムの運用保守と責務
 4.2 プラント製造現場での人の介在
 4.3 知識データとの連携
 4.4 実績収集に連なる後続行為の包括的システム化
 4.5 製造所運営の統括体制

【質疑応答】

IoT プラント 工場 セミナー