技術 棚卸し セミナー
        
『未来予測による研究開発テーマの決め方』
『ボトムアップ研究 その仕掛けと工夫 』
 
<セミナー No.705501>

★コア技術の設定、管理と自社の強みを最大限に活かしたテーマ創出の仕掛けを大公開!

技術の棚卸しとコア技術による

新規事業テーマ創出の仕掛け


■ 講師
1.

阿波製紙(株) 執行役員 研究開発部 部長 外谷 栄一氏

2. 村田機械(株) 研究開発本部 技術開発センター 所長 中尾 敬史氏
3.

元日本大手企業、外資系企業 新規事業担当

4. キユーピー(株) 取締役 兼 上席執行役員 研究開発本部長 濱千代善規氏
5. (株)村田製作所 新規事業推進部 新規事業推進5課
オープンイノベーション推進チーム・マネージャー 牛尾隆一氏
■ 開催要領
日 時

平成29年5月12日(金)10:00〜17:45

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。
■ プログラム

<10:00〜11:15>

【第1部】 コア技術の棚卸しと新規事業テーマの発掘
      〜阿波製紙における自社保有技術の棚卸しと
                        新規事業テーマへの展開〜

阿波製紙(株) 執行役員 研究開発部 部長 外谷 栄一氏

 

【講演趣旨】
研究開発者が当たり前と思っている技術も他社から見ると貴重なノウハウの塊であったり、重要なコア技術が見逃されていたりすることがあります。当社では、長年培ってきた自社のコア技術を活用しながら新商品の開発に着手しています。例えば、CFRTPでは、商品競争力を高めるために従来の抄紙技術と新技術を融合した物作りを進めています。 さらに、新商品を生み出すためのマーケティング活動を再構築し、ステージゲート法による研究開発活動と併用して進捗管理することで、次の一手を早めに打つことが可能になりました。 本講演会では、実践から学んだ新商品開発による事業創出について、工夫のポイントや課題を丁寧に解説いたします。

【講演項目】
1.会社紹介とビジネスの特徴

2.社内体制作りと運用方法の見直し

3.研究開発活動とマーケティング活動との併用

4.コア技術のマップ化と新商品の発掘

5.研究開発活動の進捗管理

6.顧客の声を開発に活かす


<11:30〜12:45>

【第2部】 ムラテックにおけるコア技術戦略と新規分野への挑戦
      〜技術の棚卸とコア技術戦略の実践〜

村田機械(株) 研究開発本部 技術開発センター 所長 中尾 敬史氏

 

【講演趣旨】
ムラテックにR&Dが発足して約10年が経ちます。10年前は「5事業部間の共通のコア技術は無い」と言われていましたが、R&Dとして「ムラテックのコアは何か」を問い続けてきました。その結果、「我々のコアはロボティクス」であり、それを実践するためのプラットフォーム(PF)技術として7分野の技術領域を特定しました。このPF技術をR&Dが育成強化し、部門の製品へ展開することでお客様の価値(イノベーションの創出)を目指して取り組んでいます。今回は我々がどのようにしてコア技術戦略を構築し、どのように取り組んでいるかを経験も踏まえてご紹介します。

【講演項目】
1.ムラテックの紹介と全社開発マネジメントの構築
  1.1 ムラテックの紹介
  1.2 全社横断的な開発体制の構築

2.技術の棚卸とコア技術戦略
  2.1  コア技術戦略の考え方
  2.2 技術の再定義と要素技術の棚卸 (ミクロ視点)
  2.3 コアの宣言 (マクロ視点)
  2.4 開発事例
3.新規分野へのチャレンジ
  3.1 新規分野の考え方と開発体制
  3.2 開発事例
  3.3 オープンイノベーションの留意点と成功のポイント

4.コア人材の育成と強化
  4.1 技術の属人性
  4.2 スペシャリスト人材の育成と強化
  4.3 チャレンジする組織風土づくり


<13:30〜14:45>

【第3部】 イノベーション企業における
               技術の棚卸しと新規事業テーマ創出の仕掛け

元日本大手企業、外資系企業 新規事業担当

 

【講演趣旨】
115年の歴史を持つ3M社には47のテクノロジープラットフォーム(コア技術)があります。これらは複数の製品を複数の市場へ向け提供している基盤技術群であり各々の基盤技術群には各々のロードマップが過去現在未来について作成されており、3Mでは技術がボーダーレスで会社全体の財産という位置付けなので全世界の3Mの技術者が自由に使えるシステムが構築されています。ですから一見関連性のない製品が技術の棚卸し、共有と共用によって結びつけられています。 日本でも3M社の本が多数出版され3M社をベンチマークにしている企業が増える中、 製品のみならず経営、開発、製造手法まで学ばれ成功発展されている企業がたくさんあります。 イノベーション企業における技術の棚卸しと新規事業テーマ創出の仕掛けを3M社と日本発の企業を参考に考えていただければ幸いです。

【講演項目】
1.3M社の技術の棚卸しと新規事業テーマ創出の仕掛け

2.日本発のイノベーション企業の技術の棚卸しと新規事業テーマ創出の仕掛け

3.まとめ


<15:00〜16:15>

【第4部】 キユーピーにおけるコア技術の研究テーママネジメント

キユーピー(株) 取締役 兼 上席執行役員 研究開発本部長 濱千代善規氏

 

【講演趣旨】
キユーピーはマヨネーズやドレッシング等サラダ調味料を主力事業とし、そこから タマゴ事業やサラダ・惣菜事業に発展してきた。また、パスタソース等の調理ソースや 育児食、高齢者食の加工食品領域も手がけ、「内食、中食、外食」と「世代・年代層」の マトリクスを網羅する広い事業領域を手がける。また、ファインケミカル事業では機能性 食品素材から医薬・化粧素材を製造販売する。この事業領域に、効率良く研究リソースを 投入するため、研究開発体制を工夫し、コア技術となる重要技術テーマをマネジメントして いる。その技術成果を国内の商品開発に活かし、更には海外での市場獲得に活用していく。 また、日本のタマゴ生産量の10分の1を使用する企業として、タマゴの安全性と価値創造 の研究に、長期的に取り組んでいる。

【講演項目】
1.キユーピーの紹介と研究開発領域について

2.キユーピーの研究開発体制

3.ビジョンと研究開発戦略

4.重要技術テーマの領域と選定

5.重要技術テーマの推進とマネジメント 〜ブーストゲートによる〜

6.オープンイノベーション

7.めざす姿と長期テーマ


<16:30〜17:45>

【第5部】 村田製作所における
           オープンイノベーションのための技術の棚卸しとその仕組み

(株)村田製作所 新規事業推進部 新規事業推進5課
オープンイノベーション推進チーム・マネージャー 牛尾隆一氏

 

【講演趣旨】
現在、多くの企業において継続的に収益をあげ続けるために新商品、新規事業を次々に創出することが必要不可欠となっている。 オープンイノベーションはそのための一つの有効な考え方であるが、社外に出て行く前にまず自社の技術の状況について正しく認識しておくことが必要不可欠である。 今回は、オープンイノベーションのための技術棚卸しとその仕組みについて、村田製作所での事例を中心に紹介する。

【講演項目】
1.オープンイノベーションの変遷

2.ムラタにおけるオープンイノベーション戦略
  2.1 オープンイノベーションの定義
  2.2 具体的な活動事例

3.技術棚卸しの仕組み
  3.1 技術棚卸しの重要性
  3.2 技術棚卸しの進め方
  3.3 MFT(Market Function Technology法
  3.4 技術の評価
  3.5 棚卸しの結果(ムラタの事例)

4.まとめ

技術 棚卸し セミナー