疼痛 動物モデル セミナー
                  
KOLドクターの的確な人選と良好な関係作りのコツ
痛みのメカニズムとこれからの治療薬・治療法の開発
 
<セミナー No.706133>

★対象疾患に応じた痛みのメカニズムとは?痛みの症例から今後開発をするべき治療薬を考える!

慢性疼痛動物モデル作成と

定量評価・治療トレンド

〜神経障害性疼痛・糖尿病性神経障害などの疾患別疼痛モデルからヒトへの外挿性を考える〜

■ 講師
【第1部】  杏林大学 保健学部 生理・生体・情報工学 教授 嶋津秀昭 氏
【第2部】 京都大学医学部附属病院 薬剤部/治験管理部 准教授/副薬剤部長 中川貴之 氏
【第3部】 群馬大学大学院 医学系研究科麻酔神経科学分野  齋藤繁 氏
■ 開催要領
日 時 平成29年6月23日(金) 10:30〜17:10
会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

■ プログラム  

【10:30-12:00】

【第1部】 痛みの定量評価法とシステムの有用性評価

杏林大学 嶋津秀昭 氏

 

【講座趣旨】

 我々が考案した痛み定量分析システムは被検者が感じている痛みの大きさを、異種感覚に置き換えて定量評価する方法であり、PainVisionとしてすでに市販されているが、個々ではその原理、実験的、臨床的評価結果を従来法であるVASとの比較を中心に説明する。

【講座内容】

1.感覚生理の基礎と痛みの評価と分析手法
 感覚情報の定量計測手法

2.痛みの特殊性と従来の評価法

3.痛みの定量評価法
  痛み定量評価装置の原理とシステム

4.痛み定量評価の基礎データ
  精度と信頼性

5.実験的な痛みの評価と従来法との比較
  従来法(VAS)との比較   
 
VSAとPainVisionによる測定の意味

6.臨床における痛みの評価
  大規模臨床評価データの紹介と説明

7.痛みの記憶
  痛みの大きさは記憶できるのか

 

【質疑応答】


【12:50-14:50】

第2部】 最適な慢性痛動物モデル作成と評価系選択のポイント

京都大学医学部附属病院 中川貴之 氏

 

【講座主旨】

 新規疼痛治療薬開発のためには、標的とする分子や対象疾患に応じた疼痛モデルとその評価系の選択が重要である。しかし、これまでよく用いられる疼痛モデルや評価系では、ヒトへの外挿性において問題が生じることが少なくない。本講演では、疼痛治療薬開発のために最適な慢性痛動物モデルとその評価系の選択ポイントを紹介する。

【講座内容】 

1. 痛みの基本的理解

2. 痛みの種類と症状

3. 各種疼痛モデル
 炎症性疼痛/関節リウマチ/変形性関節症/術後痛/がん性疼痛/末梢神経損傷による神経障害性疼痛/中枢性神経障害性疼痛モデル(脳卒中後疼痛)/糖尿病性神経障害/抗がん剤誘発末梢神経障害//線維筋痛/膀胱痛/しびれ 他

5. 痛みの評価法  
 
誘発痛と自発痛、自発痛はどのように評価できるか?  
 
末梢神経障害の評価法

6. 疼痛モデルと評価系の選択ポイント                                     

【質疑応答】


【15:10-17:10】

【第3部】 高齢化社会における慢性疼痛治療トレンドと治験デザイン時の注意事項

群馬大学 齋藤繁 氏

 

【講座主旨】

 本邦の高齢者の活躍にはめざましいものがありますが、一方で高齢者の各種疾患後の慢性痛が増加しています。生体警告としての役割が乏しい状態で数ヶ月以降も継続する慢性痛では、中枢神経系に可塑的変化や心理学的機序による歪みが生じ、明らかな神経系全体の異常へと進展します。しばしば患者のQOLを著しく損なうので、慢性痛診療では、治療の対象となるのは、痛み行動であるとさえ言われるようになりました。本講義では、慢性痛の社会的背景と治療トレンド、新薬評価時の注意事項を解説します。

【講座内容】 

慢性痛の発症起点と疫学

急性痛と異なるアプローチの必要性  
 
原因組織損傷への処置  
 
消炎鎮痛処置の限界    
  神経系全体の過敏性除去とQOL向上       
    チャネルブロッカー       
   
リハビリテーション・理学療法       
    神経刺激治療       
   
認知行動療法

各種治療的介入による副作用発生防止
 
治療コンプライアンスを高めるためのDDS (drug delivery system)
 
下行性抑制系修飾を目的とした薬理学的介入の可能性
  神経系の可塑性修飾(再生医学的アプローチの可能性)   
    異常な再生防止   
    正常な再生促進

識別能の高い治験のための注意事項

【質疑応答】


疼痛 動物モデル セミナー