自己注射 開発 セミナー
                  
自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み
先端治療技術の実用化と開発戦略
 
<セミナー No.711118>

★ ヒトが痛みを感じる仕組みを理解し、製品開発へ落とし込む

自己注射開発使いやすさ向上

〜痛みがなく、刺しやすいデザインの考察〜


■ 講師
【第1部】  岡山赤十字病院 薬剤部長 森英樹 氏
【第2部】 北里大学北里研究所病院 研究部 臨床試験センター センター長 蓮沼智子 氏
【第3部】 医療法人社団綾和会浜松南病院 部長 梅原慶太 氏
■ 開催要領
日 時 平成29年11月16日(木) 11:00〜16:30
会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

■ プログラム  

【11:00〜12:45】

【第1部】 薬剤師からみた自己注射に求めるデザイン、使いやすさ〜在宅医療を考慮した

岡山赤十字病院  森英樹 氏

 

【講座趣旨】

 これから在宅医療が増加するうえで、如何にアドヒアランスを向上させるか、そして自己注射のデバイスを工夫して少しでもストレスなく投与していただくか検討する時期にきている。そして、国レベルの問題になっている残薬を解決する為に、薬剤師が何を考え、どう実行していくかを伝えたい。また、ポリファーマシー(多剤投与)対策も忘れてはならない。病院薬剤師は、患者と共に考え、保険調剤薬剤師へシームレスな連携をしなければならない。

【講座内容】

・アドヒアランスの向上のために

・自己注射の指導の現状

・デバイスを考える

・残薬問題の解決法

・求めるデザイン、使いやすさ

・在宅に向けての連携

・今後の展望と課題

【質疑応答】


【13:30〜15:15】

第2部】 リウマチ治療の実際と自己注射に求める点

北里大学北里研究所病院 蓮沼智子 氏

 

【講座内容】 

・リウマチの薬物治療の実際

・生物製剤等の選定方法

・自己注射剤の選定
 -投与の頻度  
 -デバイス
 -投与時の痛み  
 -投与のしやすさ

・自己注射に対する患者の感想

・自己注射に対する医師の感想

・自己注射への要望     

【質疑応答】


【15:30〜16:30】

【第3部】 骨粗鬆症における自己注射〜疾患特性と疼痛メカニズムからの提言〜

医療法人社団綾和会浜松南病院 梅原慶太 氏

 

【講座趣旨】

 骨粗鬆症は骨折や寝たきり、死亡リスク増加の原因となる骨の疾患で、今や国民の10人に1人が罹患する国民病である。有効な治療薬が次々と登場してもなかなか骨折が減らない原因として、治療率や継続率の低さがある。特に自己注射の場合“痛そう”との印象があり、その導入や継続は必ずしも容易ではない。本講演では、骨粗鬆症患者の身体的、精神的特徴を総括し、更にヒトが痛みを感じる心と体の仕組みを概説することにより、骨粗鬆症治療に期待される自己注射を考えていきたい。

【講座内容】 

1.骨粗鬆症とは
 1-1.我が国が抱える骨粗鬆症の諸問題
 1-2.骨粗鬆症患者の身体的、精神的特徴
 1-3.骨粗鬆症の診断
 1-4.骨粗鬆症の治療

2.実臨床における自己注射
 2-1.患者側から見た自己注射
 2-2.医療者側から見た自己注射

3.疼痛メカニズム
 1-1.疼痛の意味
 1-2.痛みを伝える仕組み(上行性疼痛伝導系)
 1-3.痛みを抑える仕組み(下行性疼痛抑制系)
 1-4.疼痛メカニズムの臨床応用

4.骨粗鬆症治療に期待される自己注射

【質疑応答】


自己 注射 開発 セミナー