加飾 3次元 セミナー

        
高分子の残留応力対策
触り心地の制御、評価技術と 新材料・新製品開発への応用
 
<セミナー No.712211>

★ 凸凹、曲面形状/心地よい質感の付与/高意匠性⇔コストの両立 、、、
                 など求められるデザインを実現する技術を徹底解説!

プラスチックの3次元表面加飾技術

■ 講師
1. (株)棚澤八光社 東京支社 営業部 部長 渡邊 豊彦 氏
2. タクボエンジニアリング(株) 技術本部 ジェット事業部    シニアマネージャー 上村 一之 氏
3. カシオ計算機(株) デジタル絵画事業部 執行役員 事業部長 寺田 秀昭 氏
4. (株)浅野研究所 企画開発部 部長 溝口 憲一 氏
■ 開催要領
日 時

平成29年12月5日(火) 10:00〜16:20

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき60,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:00〜11:20】

1.シボ加工による 自動車内装材への立体感・高級感付与

(株)棚澤八光社 東京支社 営業部 部長 渡邊 豊彦 氏

 
1.エッチング加工
 1-1 工法と特徴
 1-2 材料表面へのマット感・つや消し感付与について
 1-3 使用用途:インスト・ドアー・ピラー・シート廻りの量産用金型 試作用金型

2バナトーン加工
 2-1 工法と特徴
 2-2 材料表面へのマット感 つや消し感付与について
 2-3 使用用途:モーターショー用コンセプトカー

3.セラシボ加工
 3-1 工法と特徴
 3-2 材料表面へのマット感・つや消し感付与について
 3-3 使用用途:自動車のデザインマイナーチェンジなど

4.リアルサーフェーステクノロジー加工
 4-1 工法と特徴
 4-2 材料表面への マット感・つや消し感付与について
 4-3 使用用途:セラシボ再現性確認とコンセプトモデルへの使用

5.セラマット加工
 5-1 工法と特徴
 5-2 材料表面へのマット感・つや消し感付与について
 5-3 使用用途:グロスが高く勘合部品とのグロス差が
       質感を落としている物、 塗装でコスト高になっている物

6.ナノフィール加工
 6-1 工法と特徴
 6-2 材料表面へのマット感・つや消し感付与について
 6-3 使用用途:グロスが高く勘合部品とのグロス差が
     質感を落としている物、塗装でコスト高になっている物



【質疑応答】

【11:30〜12:50】

2.UVインクジェットによる曲面加飾

タクボエンジニアリング(株) 技術本部 ジェット事業部    シニアマネージャー 上村 一之 氏

 

1.ロボット塗装システム

2.表面ストラクチャ加飾
  -任意の部分に凸凹や濃淡を形成させることで、観る角度から
     加飾の表情が変わり、質感(或は触感)を表現する高速加飾技術

3.円筒形外周加飾
  -円筒形外周に任意の描画を表現する高速加飾技術

4.コーティング技術の能力と技術の紹介

5.インクジェット技術と統合させた加飾についての考察と技術

【質疑応答】


【13:30〜14:50】

3.電磁波照射による造型/加飾技術

カシオ計算機(株) デジタル絵画事業部 執行役員 事業部長 寺田 秀昭 氏

 

1.電磁波造型技術(基礎技術)
 1-1 要素技術 一般
 1-2 要素技術 世界初 バンプ制御技術(世界初)
 1-3 関連機器開発 2.5Dプリントシステム

2.2.5Dプリントシステム

3.電磁波造型技術 概要

4.電磁波造型技術で生まれるデザイン素材

5.2.5D 出力機

6.2.5D システムソフト

7.2.5D デジタルシート

8.出力される擬似素材群

9.導入結果概要

10.バンプ形成プロセス

11.デジタルシート 断面形状図

12.システムソフト 流れと製作概要

13.フローチャート

14.全体図

15.全体スペック

【質疑応答】


【15:00〜16:20】

4.高機能性フィルム用 3Dインサート加飾成形の最新技術

(株)浅野研究所 企画開発部 部長 溝口 憲一 氏

 

1.加飾工法と熱成形
 1-1 熱成形の概要
 1-2 加飾工法への応用/インサート成形&減圧被覆成形

2.プリフォーム成形(インサート成形)
 2-1 加工プロセス
 2-2 主な成形方式
 2-3 用途事例
 2-4 製品コストと品質

3.減圧被覆成形
 3-1 工法概要とメリット
 3-2 熱板加熱方式
 3-3 用途事例

【質疑応答】


加飾 3次元 成形