有機 ハイブリッド セミナー
        
放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
光学樹脂の屈折率、複屈折制御技術
 
<セミナー No.712401>

★ポリマー/ナノ粒子界面を制御し、目的の機能を発現させる勘所を解説
  ハードコート、反射防止、高屈折率、自己修復性など、コーティング材料の設計事例も詳解
有機無機ハイブリッドにおける
界面制御とコーティング材料の開発

■ 講師

京都工芸繊維大学 分子化学系 研究員 工学博士 松川 公洋 氏
【日本ゾルゲル学会理事、ケイ素化学協会理事、ラドテック研究会常任幹事】

■ 開催要領
日 時 平成29年12月8日(金) 10:30〜16:30
会 場 [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 1名につき50,000円(消費税抜き・昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
         詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
■ プログラム

【講座概要】
無機材料と有機材料のナノ分散で得られる有機無機ハイブリッドには、様々な機能性の発現が期待されている。例えば、低屈折率から高屈折率までの屈折率制御された光学材料は、表示デバイスや反射防止膜などに不可欠である。屈折率制御された有機無機ハイブリッドには、シリカ、ジルコニアやチタニアなどのナノ粒子分散型ハイブリッドが有効であるが、有機ポリマーとナノ粒子の界面制御が必要である。本講演では、反応性ポリシルセスキオキサンを用いた有機無機ハイブリッド及び無機酸化物ナノ粒子の表面処理に基づく界面制御技術とそれらを駆使した有機無機ハイブリッドの作製とそれらのコーティング材料への展開について紹介する。

1.有機無機ハイブリッドの概説
 1.1 有機無機ハイブリッドの特徴と材料特性
 1.2 ハイブリッド作製における界面制御技術の重要性

2.シランカップリング剤を用いた有機無機ハイブリッド材料の作製

3.ゾルゲル-2元架橋反応による有機無機ハイブリッド材料の作製

4.シリカナノ粒子間のナノ空隙を応用した低屈率ハイブリッド薄膜の作製

5.ランダム型ポリシルセスキオキサンを用いたハイブリッド材料の作製
 5.1 絶縁材料への応用
 5.2 フレキシブルコーティングへの応用
 5.3 自己修復性コーティングへの応用
 5.4 金属触媒薄膜への応用

6.ジルコニアナノ粒子分散体の作製と高屈折率ハイブリッド薄膜への応用
 6.1 2段階法によるジルコニアナノ粒子分散体の調製
 6.2 デュアルサイト型シランカップリング剤によるジルコニアナノ粒子分散体の調製
 6.3 ジルコニアナノ粒子を含んだ光架橋アクリルハイブリッド薄膜の屈折率制御

7.チタニアナノ粒子分散体の調製と高屈折率ハイブリッド薄膜への応用

8.総括


【質疑応答・個別質問・名刺交換】


有機 無機 ハイブリッド セミナー