AI 知的財産
        
『特許の棚卸しと権利化戦略』
『研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方』
 

<セミナー No.801504>


★知らなかったでは済まされない!AIに係る知的財産にはリスクがいっぱい!

〜学習済みモデルの権利関係、学習用データの取り扱い、
                     AIが生成する成果物、AIによる第三者知的財産の侵害など〜


A I (人工知能)の開発・活用における

知的財産の取り扱いと契約の実務


■ 講師

西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士/ニューヨーク州弁護士 福岡 真之介 氏

西村あさひ法律事務所 弁護士 仁木 覚志 氏

■ 開催要領
日 時

平成30年1月30日(火) 13:00〜17:00

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 1名につき45,000円(消費税抜き、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき40,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

■ プログラム

【講演のポイント】
今後の技術開発においてAIは不可欠な要素となりつつあります。AIは従来のコンピュータ・プログラムと異なる特徴があるため、AIの開発・利用にあたって、従来どおりの取扱いのままでは、自社の権利が十分に保護されなかったり、第三者から知的財産侵害を主張されるリスクが高まるなど想定していない落とし穴にはまることも考えられます。AIについて、そもそもどのような法的留意点があるのか自体も広く世の中に知られていない状況にあります。本セミナーでは、AIの開発・利用における知的財産に関する新たな知財戦略、法的留意点、契約実務について解説します。

【講演項目】
1.AIについての知財戦略
  (1)AIについての知財戦略
  (2)データについての知財戦略

2.AIと知的財産権
  (1)AI自身の知的財産
   ・著作権
   ・特許権
   ・営業秘密
  (2)学習済みモデルの取扱い方法
   ・学習済みモデルの権利関係
   ・派生モデルの権利関係
   ・蒸留モデルの権利関係
  (3)学習用データの取扱い方法
   ・生データ
   ・加工データ
   ・第三者の著作物が含まれているデータの取扱い
  (4)AIが生成する成果物の知的財産権
   ・AI成果物の著作権
   ・AI成果物生成時における知的財産の侵害
  (5)AIによる第三者知的財産の侵害

3.AIの開発にあたっての留意点と契約実務
  (1)AIのソフトウェア開発、ソフトウェアライセンス
   ・学習用データ
   ・学習済みモデル
   ・派生モデル
   ・開発により発生した知財の権利処理
   ・蒸留等リバースエンジニアリングへの対処
   ・独禁法
  (2)OSS
   ・OSSの有するリスク

【質疑応答・個別質問・名刺交換】

 

人工知能 知的財産 セミナー