3D プリンタ セミナー

        
UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用
高分子の残留応力対策
 
<セミナー No.802214>

★ 糸引きや反りなどのトラブル対策、造形精度・高速化・高付加価値化に向けた
                    樹脂開発の設計指針を最新事例とともに解説します!

3Dプリンタ用フィラメントの
材料設計と応用展開

■ 講師
1. 富士ゼロックス(株) 研究技術開発本部 マーキング技術研究所 研究主席 藤井 雅彦 氏
2. 武藤工業(株) 執行役員、3DP事業部 開発部 開発部長 當間 隆司 氏   
3. アルケマ(株) 機能性樹脂事業部 営業・開発マネージャー 工学博士 井上 稔 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年2月27日(火) 10:30〜16:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:30-12:00】

1.3Dプリンタの基礎と最新動向

富士ゼロックス(株) 研究技術開発本部 マーキング技術研究所 研究主席 藤井 雅彦 氏

 
【講座趣旨】
 ASTMによる7つの分類に基づく3Dプリンタ各種方式や,新規に登場した新しい造形方式(装置)の原理や特徴について説明します.また,現状の3Dプリンタの課題,および課題への取り組みや,3Dプリンタ用のデータフォーマット,3Dプリンタに関する標準化動向について紹介します.

1. 3Dプリンタ基礎と最新動向
 1-1 3Dプリンタの歴史 
 1-2 3Dプリンタの各種方式と特徴
 1-3 新規造形方式(装置)

2. 3Dプリンタの課題と対応
 2-1 高速化,造形精度,分解能
 2-2 材料範囲
 2-3 カラー化と加飾
 2-4 著作権,製造物責任への対応
 2-5 形から機能実現へ

3. 3Dプリンタの標準化とデータフォーマット
 3-1 メッシュ形式とボクセル形式データフォーマット
 3-2 データフォーマットFAV
 3-3 3Dプリンタの標準化状況   

【質疑応答】


【12:45-14:15】

2.3Dプリンタによるエンプラの造形技術 

武藤工業(株) 執行役員、3DP事業部 開発部 開発部長 當間 隆司 氏

 


【習得できる知識】
 ・
3Dプリンタによる材料複合化技術(Bi-Matrix複合化技術)
 ・エンプラ造形時の問題点と対応方法                                  


【講座の趣旨】
  今後の3Dプリンタの展開は材料の複合化に向かって進んでいくと考えられ、材料複合化の例等を挙げ、実現する方法として井桁複合構造体(Bi-Matrix複合化)について説明する。  


1.3Dプリンタの現状 
 1-1 サブトラ工法の代用
 1-2 アディティブ工法としての3Dプリンタ

2.アディティブ工法と井桁構造
 2-1 井桁構造体
 2-2 井桁構造の機械特性
 2-3 構造による異方性

3.Bi-Matrix複合化
 3-1 樹脂樹脂の物性
 3-2 傾斜材料の特性とメリット
 3-3 Bi-Matrix複合化の特長

4.各種材料の複合化
 4-1 HDPSの複合造形
 4-2 POMの複合造形
 4-3 PAの造形
 4-4 材料複合化と構造体

5.応用例
 5-1 誘電率制御
 5-2 振動抑制
 5-3 衝撃分散構造
 5-4 構造化ゲル
 5-5 セラミック井桁構造体


【質疑応答】


【14:30-16:00】

3.アルケマ社における積層造形法向け機能性材料の開発とその特性

アルケマ(株) 機能性樹脂事業部 営業・開発マネージャー 工学博士 井上 稔 氏

 

1.ポリアミド11 と ポリアミド12 について

2.LS 材料としてのポリアミド11 と ポリアミド12
 2-1  積層造形法の種類
 2-2 LS (Laser Sintering) 法の原理
 2-3 LS市場の規模
 2-4 LS法の特長
 2-5 LS市場を左右する鍵
 2-6 RP (Rapid Prototyping) と RM (Rapid Manufacturing) に求められる特性
 2-7 アルケマ社のLS向け高機能材料
 2-8 各グレードの特長
 2-9 各グレードの物性、リサイクル性、耐衝撃性

3.スーパーエンプラの LS 材料としての展開の可能性
 3-1 PEKK (KepstanR)とは?
 3-2 KepstanR の既存用途
 3-3 KepstanR の特性

【質疑応答】


3D プリンタ 樹脂