官能 評価 セミナー
        
官能評価活用ノウハウ・感覚の定量化・数値化手法
五感インタフェース技術と製品開発 事例
 
<セミナー No.803212>

★ “目的にあった統計手法の選定、使い分けから 実践的な手順・コツまでじっくり解説します!


≪PC実習講座 ≫

Excelを用いた
官能評価の統計・データ解析

■ 講師

早稲田大学 ビジネススクール経営専門職大学院 教授 長沢 伸也 氏

■ 開催要領
日 時

平成30年3月19日(月)  10:30〜16:30

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き・昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
         詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

受講にあたって

(1) 本講座では、Microsoft Excel を使用します。
  当日はExcel がインストールされたノートパソコンをご持参ください。
(2) 『Excelでできる統計的官能評価法(CD-ROM付)』(日科技連出版)をテキストとして使用(受講料に含む)します。

■ プログラム

第1部 官能特性データの性質と 統計的官能評価手法
1.統計的官能評価手法
 1-1 官能特性データの性質
 1-2 統計的官能評価手法の概要
 1-3 統計的官能評価手法の目的別分類
2.Excelによる分類データの解析
 2-1 2点比較法
  1) 2点識別法
  2) 2点嗜好法
 2-2 3点比較法
  1) 3点識別法  
  2) 3点嗜好法
 2-3 1:2点比較法
 1) 1:2点識別法
3.Excelによる格付け分類データの解析
 3-1 分割表によるχ2検定
 3-2 フィッシャーの評点法
 3-3 累積法
 1) 二元配置(繰り返し有り)の累積法
 2) 直交配列累積法
 3-4 累積χ2法

第2部 Excelによる順位法、一対比較法の解析
1.Excelによる順位法の解析
1-1 順位相関係数
 1) スピアマンの順位相関係数
 2) ケンドールの順位相関係数
 1-2 ケンドールの一致性係数Wとフリードマンの検定
 1-3 ウィルコクソンの順位和検定
 1-4 クラスカルーウォリスのH検定
2.Excelによる一対比較法の解析
 2-1 一意性の係数ζ
 2-2 シェッフェの一対比較法  
 1) シェッフェの原法
 2) 芳賀の変法
 3) 浦の変法
 4) 中屋の変法


第3部 Excelによる多変量解析
1.多変量解析とは
2.重回帰分析法の解析 (L8直交配列によるコンジョイント分析を含む)
3.因子分析法の解析
4.主成分分析法の解析
5.判別分析法の解析
6.数量化理論T〜V類の解析

【質疑応答・名刺交換】

官能評価 統計