自動車 高分子 セミナー

        
発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術
樹脂/繊維複合材料の界面制御、成形加工と評価
 
<セミナー No.805211>

★破壊・衝撃特性の影響因子とは? 再現性の高いデータを出すためには?
  エネルギー吸収機構からCAE解析、高速引張試験まで最新の解析事例とともに解説します!

自動車用高分子の衝撃試験

〜発泡樹脂、CFRP、繊維複合材、エラストマー〜

■ 講師
1. 金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士 山部 昌 氏
2.

東レ(株) エンジニアリング開発センター 第3開発室 CAE−G 井上 卓也 氏

3. (株)島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 主任 宮崎 然 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年5月14日(月) 10:30〜16:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:30-12:30】

1.射出発泡成形による発泡現象の可視化と衝撃吸収特性

金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士 山部 昌 氏

 
【講座趣旨】
  射出発泡成形は今後の軽量化において、魅力ある技術であ るが、発泡の挙動など、その発生・消失するメカニズムが明らかになってい ない。このため、発泡径や発泡数などの制御に関しては、試行錯誤での取 り組みが多い。 ここでは金型内における発泡挙動を可視化し、その成長メ カニズムについて解説する。さらに自動車の衝突特性の向上や、高齢者転 倒時のエネルギー吸収機構として用いた場合、一般的なエネルギー吸収 特性予測のためのCAE解析技術や、それを用いた設計手法などを実験や 解析技術をと比較しながら述べる。

1.はじめに
2.射出発泡成形の概要
 2-1 化学発泡と物理発泡
 2-2 発泡制御と機械的特性
 2-3 発泡成形品によるエネルギー吸収
 
2-4 発泡挙動の可視化

3.自動車のエネルギー吸収
 3-1 自動車用部品のエネルギー吸収機構
 3-2 自動車用部品のエネルギー吸収予測 (衝突解析)
 3-3 自動車用部品のエネルギー吸収実験 (衝突解析との比較)

4. 高分子材料のエネルギー吸収機構
 4-1 高分子材料によるエネルギー吸収のニーズ
 4-2 高エネルギー吸収構造
 4-3 高分子材料によるエネルギー吸収予測 (衝突解析)

5.高分子材料によるエネルギー吸収構造体と射出発泡成形
 5-1 衝突実験によるエネルギー吸収量の測定 (高速度可視化)
 5-2 射出発泡成形などエネルギー吸収体の成形技術
 5-3 エネルギー吸収体の樹脂流動解析

6.まとめ

【質疑応答】


【13:15-14:45】

2.自動車樹脂部品の衝撃解析技術

東レ(株) エンジニアリング開発センター 第3開発室 CAE−G 井上 卓也 氏

 


【講演趣旨】
  自動車部品への樹脂材料使用をさらに拡大するためには、樹脂部品の耐衝撃性を高精度に予測する衝撃解析技術が必須で、その現状 と課題を紹介する。


1.樹脂部品の各種CAE解析技術

2.衝撃解析技術の概要

3.樹脂材料特有の物性
 3-1 粘弾性特性
 3-2 ひずみ速度依存性

4.樹脂部品の衝撃解析の現状と課題
 4-1 樹脂材料の物性測定方法
 4-2 衝撃解析用の材料モデル
 4-3 樹脂流動−衝撃連成解析技術
 4-4 解析精度検証
 4-5 課題



【質疑応答】


【15:00-16:30】

3.プラスチックの高速引張試験機の特徴と衝撃試験

(株)島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 主任 宮崎 然 氏

 

【習得できる知識】
 ・高速引張試験の基礎知識
 ・高速引張試験機の基礎知識
 ・高速衝撃試験のアプリケーション事例
 ・高速引張試期の最新動向
 ・高速引張試験法の最新動向

【講座趣旨】
  自動車市場では、開発効率向上のため、シミュレーションによる解析精度の向上が重要視され、そのためには正確な材料データが必要である。自動車開発には線形解析、非線形解析の両方が必要になる。近年低燃費を目的に採用比率が高まるプラスチック材料は、速度により機械的特性が異なる特性(速度依存性)がある。このため、非線形解析の1つである衝突解析シミュレーションを用いてプラスチック部品を解析する場合は、速度依存性を考慮する必要がある。高速引張試験データを取得することで、解析時に速度依存性を表現するパラメーターを正確に同定でき設計精度の向上が期待できる。 一方で、高速引張試験は準静的試験とは異なり慣性の影響が大きいため、試験を実施する上で高速引張試験独自の問題に対する工夫が必要である。本講座では、高速引張試験の問題と、その問題に対して施される工夫について紹介する。 また、プラスチックの高速引張試験は規格等の定められた試験方法はまだ無く、試験方法も複数種類あることから、各企業・研究機関ごとで独自の方法を採用している。本講座では各試験方法の特徴、既存の試験規格そして最新規格動向を紹介する。そして、高速引張試験方法の中でも、今最も注目を集めている油圧制御式高速引張試験機の最新情報と、高速衝撃試験のアプリケーション事例もあわせて紹介する。


1.高速引張試験の有用性

2.高速引張試験とは
 2-1 試験方法と適応試験速度範囲
 2-2 各試験方法の特徴
 2-3 油圧制御式高速引張試験機の構造

3.高速引張試験の考慮点
 3-1 振動の発生
 3-2 高速引張試験規格
 3-3 ひずみ速度と試験片形状

4.高速引張試験機HITS-TXシリーズの紹介

5.高速試験事例
 5-1 高速引張試験プラスチック速度依存性評価例
 5-2 高速引張試験平行部変位計測
 5-3 高速引張試験機+高速度カメラシステム
 5-4 高速引張試験時の破壊挙動観察
 5-5 高速度カメラによる非接触ひずみ計測
 5-6 その他の高速引張試験
  5-6-1 繊維
  5-6-2 接着剤
 5-7 高速圧縮試験
 5-8 高速打抜き評価

6.高速引張試験の最新動向

7.おわりに


【質疑応答】


 自動車 衝撃試験 プラスチック