ウェアラブルデバイス 伸縮性 セミナー
        
ウェアラブルデバイスの 小型、薄型化と伸縮、柔軟性の向上技術
 
 

<セミナー No 805218>


★ 伸縮配線に使用する材料にはどんな条件が要求されるのか?
     活用事例と共に徹底解説!

ウェアラブルデバイス用配線材料の耐久性・伸縮性向上

■ 講師

1.(株)ワイ・ドライブ 代表取締役 山ア 智博 氏

2.カジナイロン(株) グループ新規事業推進室 吉村 貫生 氏

3.エレファンテック(株) 代表取締役 清水 信哉 氏

■ 開催要領
日 時

平成30年5月23日(水) 10:30〜16:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき 55,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50
,000円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:30-12:00】

1.伸縮性導電ペーストの開発とその応用

(株)ワイ・ドライブ 代表取締役 山ア 智博 氏

 


【習得できる知識】
・ウェアラブル機器を実現する「配線素子」「センサー素子」「電子部品」等を 
 各種基材に実装する場合の「伸縮性・塗布型ペースト構成」の考え方         
・伸縮性導電性ペーストの各種基材に実装するし応用する事例                                    

【講座の趣旨】
現在の主な電子回路基板は,電極や信号線に金属配線材料やパッケージ半導体素子
で構成される。これら電子素子は,ガラスエポキシ基板やシリコンウェハなどの基
板上に形成される。最近,ウェアラブルな機器が注目され,これに必要なデバイス
の実現に向けて,衣服や薄いフィルム状樹脂基板に直接印刷・塗布しても柔軟性が
あり折り曲げ・ねじり・伸縮が可能な電子素子技術の開発が重要である。


・はじめに:ウェアラブル応用を目指した伸縮性導体の経過
                                 
1.現在の伸縮性導電ペーストの開発動向と用途展開
1.1 印刷電子分野における適用
  ウェアラブル可能な電子製品  印刷回路基板  成型複合化構造の電気製品
3Dプリント技術と印刷電子回路の複合化

2.導電材料にグラファイト系材料を使用するメリット

3.弊社の伸縮性導電性ペースト
3.1 グラファイト系導電材の基本構造イメージ
  基本構造材を伸縮性樹脂に混ぜペースト状にした。 伸縮によってグラファイト系繊維同士が滑りながら接触し、 周囲に絡まっ  たカーボンナノチューブが導電性を維持する
3.2 電気特性の把握を継続評価中である。
    3.2.1 特性把握 :グラファイト材の最適化とCNT材の混合比の最適化
            バインダー量と伸縮性・接着性の評価
3.2.2 長期安定度:保存期間・保存温度による使用性の変化
3.2.3 信頼性試験:伸縮回数、周囲温度、周囲湿度、計測回路等
3.3 センサー応用/抵抗体応用
  ペースト状伸縮性導電性材料は、塗付・硬化するだけで容易にセンサー化することが可能である。 電気的な接続性も塗布面と電極との面接触で可能で、ゴム系のストレッチャブル導電体や銀系の導電体等のように、ハンダや他の金属導体との接続に、金属系導電接着剤を必要としない。

4.実用化実証テスト例
4.1 伸縮性導電ペーストによる心拍・呼吸計測
4.2導電性ペーストによる衣類塗布型屈曲センサー
 衣類に塗布し、伸縮性屈曲センサーに応用してみる

5.実用化に向けた今後の課題

【質疑応答】


【12:50-14:20】

2.ストレッチャブルワイヤーの伝送特性と使用事例

カジナイロン(株) グループ新規事業推進室 吉村 貫生 氏

 

 
【習得できる知識】
伸縮配線に関する基礎知識と使用する導電体ごとのメリットデメリットの理解。 

【講座の趣旨】
伸縮配線に関して理解を深め、新規ウェアラブルデバイスにご活用頂く。 
また活用事例を通して新規デバイス考案に役立てて頂く。  

1.会社概要

2.伸縮配線の概要

3.伸縮配線が必要になる背景

4.伸びるメカニズム(織物、編物、不織布)

5.使用金属、導電性繊維の種類とメリットデメリット

6.伝送特性、電気特性について

7.他社製品との違い

8.活用事例


【質疑応答】


【14:30-16:00】

3.インクジェットによる完全型レスFPCとその応用

エレファンテック(株) 代表取締役 清水 信哉 氏

 

1.多品種少量化が進む世界

2.インクジェット印刷で製造するフレキシブル基板P-Flex

3.完全型レスにより実現される開発及び量産の効率化

4.完全型レス生産の応用例

【質疑応答】

ウェアラブルデバイス 伸縮性 セミナー