医薬品特許 棚卸し セミナー
                  
「特許の棚卸し」と権利化戦略
先端治療技術の実用化と開発戦略
 
<セミナー No.806116>

★知財評価と権利維持、放棄の判断基準とは

医薬品の特許棚卸しと知財戦略

◎オープン・クローズ戦略   ◎特許権の囲い込みのポイント
◎医薬品のLCM戦略      ◎特許棚卸しのタイミングと評価


■ 講師
【第1部】  山本特許法律事務所 弁護士 三坂和也 氏(元大日本住友製薬(株))
【第2部】 稲場均 氏(元持田製薬(株)知的財産部長、元東京医科歯科大学 客員教授) 
【第3部】 NSI国際特許事務所 所長 弁理士 清水尚人 氏(元 日本新薬(株)担当部長)
■ 開催要領
日 時 平成30年6月15日(金)10:00〜17:00  
会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

■ プログラム  

【10:00〜12:00】

【第1部】 医薬品特許棚卸しによる知財評価と権利維持、放棄の考え方

山本特許法律事務所 三坂和也 氏(元大日本住友製薬(株)) 

 

【講座趣旨】

企業の知財戦略の一環として、保有特許の評価付けを行い、不要な特許を放棄していくプロセスを経ることで、質の高い特許ポートフォーリオの作成につながります。また、このような特許棚卸しを通じて、自社の事業戦略と知財戦略を一体と_して_考えることができる強い知財人材の育成を図ることができます。本セミナーでは、企業における知財戦略の基礎的な内容から、特許棚卸しを行う際の指標などを説明していくことを通じて、企業が質の高い特許ポートフォーリオを作成していき、強い知財人材を育成していくためのヒントをお示しできればと考えております。

【講座内容】

1.企業の知財戦略からみた特許棚卸し
 1.企業における知財戦略の基礎知識
 2.知財戦略における特許の棚卸し
 3.特許棚卸しを利用した知財人材の育成
 4.企業における特許の役割と特許の放棄の必要性

2.特許の評価と権利維持の判断
 1.特許棚卸しを行うための指標
 2.権利維持判断のタイミング
 3.質の高い特許ポートフォーリオの構築
 4.権利の維持、放棄の観点から見た提携契約上の注意点

3.休眠特許の活用方法
 1.休眠特許とは何か
 2.休眠特許に対する行政の取り組み
 3.休眠特許の利用したオープン戦略

4.海外特許出願戦略と権利維持、放棄の考え方
 1.海外特許の出願戦略
 2.海外特許の棚卸しのタイミングと評価の指標

【質疑応答】


【12:45〜14:45】

第2部】医薬分野における特許のオープン・クローズ戦略のポイント

稲場均 氏(元持田製薬(株)知的財産部長、元東京医科歯科大学 客員教授) 

 

【講座趣旨】

特許は、それを活用してこそ価値を持つものである。製薬分野では、医薬品の開発に長期間を要し、成功確率も高くないだけに、事業段階を充分見通せない研究段階から取得してきた特許権を、いかに効果的に活用するかは、特許経済上、欠かせない課題である。本講では、研究開発段階で取得した特許をいかに活用するかを、オープン・クローズ戦略の見地から解説する。

【講座内容】 

・製薬企業の現状と知財活用の要求
 -製薬産業の特徴と現状
 -特許戦略の在り方

・特許の活用方針と取捨選択
 -医薬関連特許の活用可能性と成果
 -特許期間と再審査期間による市場性の確保
 -コストを踏まえた特許の取捨の判断

・特許の必要性
 -基本特許としての評価
 -強い特許としての評価

・オープン・クローズ戦略
 -研究開発における技術情報と成果のオープンとクローズ
 -発明のオープンとクローズ
 -特許のオープンとクローズ     

【質疑応答】


【15:00〜17:00】

【第3部】 医薬品の特許戦略、囲い込みのポイント

NSI国際特許事務所 清水尚人 氏(元 日本新薬(株)担当部長)

 

【講座趣旨】

まずは特許と事業との関係など基本的なことを述べ、最近の薬業界の動きを俯瞰し、新薬の特殊性や医薬品を取り巻く知的財産権など、医薬品と特許に関わることについて述べたい。その上で医薬品に関してどのような特許戦略(医薬品のLCMを含む)が考えられるかを述べてみたい。


【講座内容】 
1.はじめに
 1.1 特許取得の目的
 1.2 特許と事業との関係

2.薬業界の動き
 1.1 後発医薬品の伸長
 1.2 先発品メーカーの対応
    〜長期収載品の販売委託など
 1.3 後発品メーカーの対応
 1.4 オーソライズド・ジェネリック(AG)
 1.5 ドラッグ・リポジショニング

3.医薬品と特許
 3.1 新薬(新規医薬品)の特殊性
 3.2 医薬品を取り巻く知的財産権
 3.3 医薬品開発の流れと特許
 3.4 医薬品の特許期間
    〜特許権の存続期間の延長
 3.5 特許と薬事行政

4.医薬品の特許戦略
 4.1 特許権によるLCM
 4.2 医薬品のLCM
 4.3 特許戦略の位置付け
 4.4 医薬品LCMにおける特許戦略
    〜育薬、そして特許権による囲い込み
 4.5 特許戦略の例?
    〜先発品メーカー vs 後発品メーカー

5.おわりに

【質疑応答】


医薬品特許 知財 セミナー