建築 高分子 セミナー

        
遮熱・断熱材料の設計、性能評価と応用
発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術
 
<セミナー No.807213>

★断熱材、蓄熱材、シーリング材、接着剤、塗料、、、
  求められる防水透湿性、難燃性、断熱性や押さえておくべき規制、耐久性予測手法まで網羅!

建築・住宅分野用高分子
材料開発と求められる特性,技術動向

■ 講師
1. 岩崎技術士事務所 所長 岩崎 和男 氏
2.

(株)ミサワホーム総合研究所 取締役 副所長 工学博士 栗原 潤一 氏

■ 開催要領
日 時

平成30年7月23日(月) 10:30〜17:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。 詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム

【10:30〜14:45】

1.建築分野における高分子材料の性能特性及び動向(基礎から応用まで)

岩崎技術士事務所 所長 岩崎 和男 氏

 


【習得できる知識】
 ・高分子材料の基礎(種類、合成方法、成形方法、添加剤、代表特性)
 ・高分子材料の用途展開
 ・断熱材
 ・難燃化技術
 ・シーリング材
 ・塗料
 ・接着剤
 ・関連規格(ISO・JIS)
 ・化学物質の適正管理


【講座趣旨】
 この講座は、建築分野で使用される高分子材料について基礎から応用・最新技術までの 状況をまとめて体系的に解説するものです。  従って、建築分野で使用される高分子材料について要求される特性及びそれらの動を 広く取り上げます。具体的には、高分子材料の建築部位への展開、断熱材の性能、高子 材料の難燃化技術、内外装材の使用状況などを網羅し、これらのテーマについて基礎ら 応用、最新技術までをわかりやすく解説します。また、市場動向(統計数値)や基本な 技術事項に関しては最新情報を示します。 講師は永年、これらの分野で研究開発・製造業務を担当しており、また、関連J原 案作成委員長、国家プロジェクト評価委員なども歴任しておりますので、それらの動向を含めてわかりやすく解説したいと思います。 この分野に関心をお持ちの研究者、技術者、製造担当者などの皆様のご参加を期待しております。また、質疑応答の時間には、現在お持ちの疑問点、問題点などにも回答していきたいと思います。

1.高分子材料の基礎
 1.1 高分子材料(種類) 
 1.2 製造(重合)方法 
 1.3 成形方法
 1.4 補助材料の種類・機能・使用状況

2.用途・部位への展開
 2.1 建材としての要求性能
 2.2 部位別の全体的な使用状況
 2.3 屋根・外壁の使用状況
 2.4 開口部材の使用状況
 2.5 配管材料の使用状況
 2.6 複合プラスチックの展開状況

3.断熱材関係
 3.1 高分子系断熱材の概要
 3.2 各種断熱材(ポリウレタン系、ポリスチレン系、フェノール系など)
 3.3 真空断熱システム(VIP)
 3.4 屋上断熱システム
 3.5 新しい規格の動向(熱伝導率の経時変化評価)

4.高分子材料の難燃化技術
 4.1 高分子系材料の燃焼形態
 4.2 難燃化対策
 4.3 難燃剤の選定・難燃化対策
 4.4 防耐火建材への対応(不燃材料・準不燃材料など)
 4.5 新しい規格の動向(新規防火性能試験など)

5.シーリング材関係
 5.1 シーリング材の使用方法
 5.2 プライマーの使い方
 5.3 シーリング材の適材適所の選定
 5.4 品確法への対応

6.塗料・接着剤関係
 6.1 建築用塗料の種類、使用原料
 6.2 代表的な塗料の相対的な比較
 6.3 接着剤の種類、原材料
 6.4 木質系材料の製造方法(接着剤の使用方法)
 6.5 新しい接着剤

7.その他の建材への対応
 7.1 建材における安全、安心への取り組み状況
 7.2 高分子系建材の耐久性の予測方法
 7.3 新しい法令・規制動向
 7.4 その他(化学物質の適正管理など)

【質疑応答】


【12:45〜14:15】

2.建築用途に求められる高分子材料とトレンド技術動向

(株)ミサワホーム総合研究所 取締役 副所長 工学博士 栗原 潤一 氏

 


【講座趣旨】
 社会動向・ニーズに、住宅が対応する場合、さまざまな側面で高分子材料を利用している。今後、ますます広がる住宅における高分子材料の可能性について述べる。




1.構造(耐震、耐風)のための「接着剤、制震ゴム」

2.耐久(防水、透湿、防腐、防蟻)のための「防水透湿シート、防蟻」

3.省エネ・健康(断熱、開口部、蓄熱、蒸散、自然エネ、高効率機器)のための
              「真空断熱材、コーティング、潜熱蓄熱、水分拡散、封止材」

4.安全・防犯(バリアフリー、接触感、視認)のための「内装部材、内装部品」

5.まとめ(CLT、IoT、室温キープ、試験方法)

【質疑応答】

 

建築 高分子 断熱