ポカミス 防止 対策
        
『特許の棚卸しと権利化戦略』
『研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方』
 
<セミナー No.807508>

★作業の慣れや思い込み勘違いにおけるポカミス防止の仕方!!


製造現場における

ヒューマンエラー対策

〜IoT・AIの効果的な導入とポイント〜


■ 講師
1.

(株)日立製作所 研究開発グループ デジタルテクノロジーイノベーションセンタ メディア知能処理研究部 研究員 岡田 光弘 氏

2. (株)アイチコーポレーション 生産技術部 生産技術開発課 スペシャリスト 笛木 忠利 氏
3. 元 本田技研工業(株)シニアエキスパート 現(有)エフ・エルセンター 五百旗頭 肇 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年7月20日(金) 10:30〜16:00

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。
※定員になり次第、申込みは締切となります。
■ プログラム

<10:30〜12:00>


【第1部】IoT・AIを活用したヒューマンエラー対策 に関する日立の取り組み

(株)日立製作所 研究開発グループ デジタルテクノロジーイノベーションセンタ
メディア知能処理研究部 研究員 岡田 光弘 氏

【講演趣旨】
製造・保守現場において、IoT・AIを活用したヒューマンエラーを防止する取り組みについて、具体的な事例を踏まえて紹介する。

 

【講演項目】

1.製造工場における画像認識技術の活用  
  1-1.次世代製造管理システムの構想  
  1-2.現場改善のための画像認識技術の活用例の紹介

2.インフラ保守におけるAR技術の活用  
  2-1.AR技術の概要  
  2-2.AR技術を用いた屋内点検支援システム  
  2-3.AR技術を用いた遠隔作業支援システム

3.製造・保守現場におけるウエアラブルセンサの活用  
  3-1.ウエアラブル型の作業者センシングシステム  
  3-2.リアルタイム作業支援への応用  
  3-3.人作業の見える化への応用  
  3-4.次世代作業支援の構想

【質疑応答・名刺交換】


<12:45〜14:15>

【第2部】ICTツール活用による製造現場の 業務革新とヒューマンエラー対策

(株)アイチコーポレーション 生産技術部 生産技術開発課 スペシャリスト 笛木 忠利 氏

【講演趣旨】
弊社はお客さまニーズに対応するため多品種少量生産が特色であるが、一つのラインで混流生産する上で、多種多様に発行される作業指示の管理に課題がある。従来は作業者への作業指示は紙を媒体として受け渡しされ、現場では都度情報の差し替え、変更履歴の管理が発生するため、一枚でも指示書の受け渡しや差し替えを間違うだけで製品スペックを満たさない不良作業が発生するリスクがありました。このような現場情報管理の煩雑さが要因で発生するヒューマンエラーの根絶と生産性向上を目的として、ICT技術の導入によりタブレット端末での生産情報の一元化、直接作業のムダ廃除、作業者の慣れによる思い込みや勘違いなどから発生するポカミス防止に向けた弊社導入事例をご紹介します。
【講演項目】

1.多品種少量、混流ラインでの課題
  1-1.作業指示情報伝達の課題  
  1-2.品質を担保するための管理項目増加と思い込みによるポカミス発生  
  1-3.加速する間接業務の電子化と直接業務の情報化促進遅れ

2.生産情報の電子化とタブレット活用による現場情報の改善事例  
  2-1.生産情報の電子化、一元化の展開  
  2-2.変更管理の工夫と作業者への気付きを与える  
  2-3.作業と計測機器との連係によるポカミス撲滅

3.ICTツール導入効果  
  3-1.現場からの“紙”の撤廃  
  3-2.確実なトレーサビリティー管理の体系化と管理のスリム化  
  3-3.リアルタイムだからこそ出来た人の生産状況把握

【質疑応答・名刺交換】




<14:30〜16:00>


【第3部】なぜなぜ分析によるヒューマンエラーの要因分析

元 本田技研工業(株)シニアエキスパート  現(有)エフ・エルセンター 五百旗頭 肇 氏

【講演趣旨】
なぜなぜ分析とは「なぜ…だったのか」という分析を数回繰り返すことによって、問題の原因を掘り出し、再発防止策を導き出す手法です。 自動車業界では、トラブル防止や業務改善活動などになぜなぜ分析を利用することが一般化しています。 なぜなぜ分析を現場で普及させるためには、使いやすくする必要があります。なぜなぜ分析を使ってヒューマンエラー発生の要因を分析する際の具体的な進め方、「なぜ」の表現方法および展開モデル(型)を分かりやすくまとめました。また、なぜなぜ分析の社内教育を持続的に普及させる取組みも紹介します。
【講演項目】

1.なぜなぜ分析とは

2.なぜなぜ分析とヒューマンエラー防止

3.なぜなぜ分析を進めるにあたって  
  3-1.テーマを決める  
  3-2.発生状況の把握  
  3-3.情報の整理

4.なぜなぜ分析展開のポイント  
  4-1.表現方法  
  4-2.展開モデル

5.演習問題の事例紹介

6.社内教育を持続的に普及させる方法

【質疑応答・名刺交換】



ヒューマンエラー IoT AI セミナー