プロジェクト マネジメント セミナー
                  
研究開発体制の再編と イノベーションを生む研究所の作り方
先端治療技術の実用化と開発戦略
 
<セミナー No.808117>

★意見の相違や、連携不足、説得力ある目標設定が出来ない等の課題をどのように解決したか?
   現役の製薬メーカーの講師から学べる!

医薬品開発のプロジェクトマネジメント
〜計画どおり遅れなくプロジェクトを進行させる〜


■ 講師
【第1部】  鳥居薬品(株) メディカルアフェアーズ部 顧問 奥村康 氏
【第2部】

シミックホールディングス(株)事業戦略推進室 デジタル推進チーム
(一社)ビジネスモデルイノベーション協会理事 ヘルスケア分科会担当
多摩大学医療・介護ソリューション研究所 シニアフェロー 山本伸 氏

【第3部】 シミックホールディングス(株)事業戦略推進室 デジタル推進チーム
(一社)ビジネスモデルイノベーション協会理事 ヘルスケア分科会担当
多摩大学医療・介護ソリューション研究所 シニアフェロー 山本伸 氏
【第4部】 ファイザー(株)医薬開発部門 ポートフォリオ・プロジェクト・マネジメント部長 大島三千世 氏
■ 開催要領
日 時 平成30年8月7日(火)10:00〜17:15  
会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕
※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム  


【10:00〜11:30】

【第1部】 プロジェクトマネジメント -組織、部門間連携、コミュニケーション、人材育成、モチベーション向上のポイント-

鳥居薬品(株) 奥村康  氏

 

【講座趣旨】

様々な制限のもと組織横断的に取り組むプロジェクトのマネジメントについて目的を達成するための留意点を概説する。

【講座内容】

1.プロジェクトとは
 1.1プロジェクトの定義
 1.2プロジェクトの目的
 1.3プロジェクトマネジメントの特徴
 1.4プロジェクトマネージャーの役目
 1.5プロジェクトのステークホルダー
 1.6プロジェクトのステージ

2.プロジェクトの立ち上げ
 2.1対象となる範囲の明確化
 2.2プロジェクト計画策定時の留意点
 2.3プロジェクトと既存部門との連携

3.プロジェクトのマネジメント
 3.1チームビルディング
 3.2スケジュール
 3.3予算
 3.4コミュニケーション
 3.5ステークホルダー
 3.6リスク

4.モチベーション
 4.1 モチベーションの構造
 4.2 モチベーションと人材育成

5. プロジェクト終了時の留意点

6. プロジェクトを成功させるために

【質疑応答】


【12:15〜13:45】

第2部】計画どおり遅れなくプロジェクトを進行するための7つのコツ

シミックホールディングス(株) 山本伸 氏

 

・プロジェクトについて

・進行するための7つのコツ

・計画について

・遅れの要因と対策

・今後の展望と課題 など    

【質疑応答】


【14:00〜15:30】

【第3部】 後出しジャンケンを起こさないための目標と評価項目の設定方法

シミックホールディングス(株) 山本伸 氏

 

・プロジェクトの目標と評価項目

・評価項目の設定方法

・後出しジャンケンについて

・今後の展望と課題 など

【質疑応答】


【15:45〜17:15】

【第4部】 医薬品開発のバリューを高めるためのプロジェクトマネジメント

ファイザー(株) 大島三千世 氏

 


1. バリューとは何か?

2. 組織,機能,システム
 - 組織
 - プロジェクトマネジメントとプロジェクトマネジメントオフィス

3. 候補品の導入から開発立案
 - 評価
 - 開発計画の立案と見直し

4. 開発の進行役

5. プロジェクトマネジャーは貢献してきたか?

6. 今後の課題

【質疑応答】


プロジェクトマネジメント 薬 セミナー