ブリードアウト 樹脂 セミナー
        
樹脂用添加剤のブリードアウト対策
ポリプロピレンの 構造制御と 複合化、成形加工技術
 

<セミナー No 808220>


★ブリードアウトのしやすさに影響する樹脂や添加剤の特性とは?

樹脂用添加剤のブリードアウト機構と制御

■ 講師
1. (株)ケンシュー 代表取締役社長 倉地 育夫 氏
2.

群馬大学 大学院工学研究科 生産システム工学専攻 専攻長 教授 工学博士 黒田 真一 氏

■ 開催要領
日 時

平成30年8月22日(水) 10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき 55,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム

【10:00-15:20】

1.樹脂・ゴム材料におけるブリード・ブルーム現象の解析と対策

(株)ケンシュー 代表取締役社長 工学博士 倉地 育夫 氏
【専門】 材料開発(セラミックスから高分子まで)

 

【習得できる知識】
高分子材料の基礎知識、材料設計評価技術、帯電防止技術


【講座趣旨】

樹脂やゴムを製品として実用化するときに、その主成分となるポリマー以外に添加剤が各種 配合設計されて製品となる。この時添加された添加剤は、ポリマーの中に安定していればブリードアウトという品質問題は起きない。例えば、帯電防止剤を用いて樹脂の 帯電防止設計をしたときに、帯電防止剤が表面にブルームしてくれば、帯電防止性能は 問題ないが表面の品質は損なわれる。もし高級外観を狙ったCMFデザインを指向するのであれば 完全にブルームしない帯電防止設計が要求される。写真フィルムの帯電防止性能では、 ブルームにより乳剤性能が阻害される問題が起きている。すなわち、ある目的を達成するための 添加剤が、他の機能を阻害することにより問題となるのがブリードアウトの品質故障である。 対策手法が科学的に考えると二律背反となる場合が多く、問題解決には技術的発想が重要となる。


1.高分子の基礎事項整理
 (1)高分子の構造
 (2)高分子の相溶
 (3)高分子のプロセシング
                                    
2.写真フィルムの帯電防止設計の体験から                             
 (1)イオン導電性高分子を用いた帯電防止フィルムで発生した問題                
 (2)(1)を解決するときに発生した問題                
 (3)問題解決法              
              
3.電気粘性流体の増粘問題                             
 (1)電気粘性流体とは                         
 (2)ゴムケースに封入した電気粘性流体で発生した問題                         
 (3)電気粘性流体の増粘問題の解決法
                  
4.ブリードアウト問題の考え方
 (1)評価解析手法                           
 (2)問題のまとめ方                           
 (3)対策の練り方

【質疑応答】


【15:30-17:00】

2.添加剤の溶解度・拡散係数を応用したブリード制御

群馬大学 大学院工学研究科 生産システム工学専攻 専攻長 教授 工学博士 黒田 真一 氏

 

1.ブリードアウトの熱力学

2.プラスチックの種類及び用途

3.プラスチックの分子構造およびモルフォロジー
 3.1 プラスチックの分子構造
 3.2 プラスチックのモルフォロジー

4.プラスチック添加剤の改良目的と添加剤の種類

5.添加剤の溶解度と拡散係数
 5.1 添加剤の液体溶媒とプラスチックへの溶解度の違い
 5.2 添加剤の前処理による影響
 5.3 添加剤のプラスチックの違いによる影響
 5.4 添加剤分子の大きさや長さの影響
 5.5 プラスチックの結晶度による影響

6.添加剤のブリードアウトの原因

7.ブリードアウトの理論および測定法
 7.1 プラスチック中での添加剤の溶解性の理論
 7.2 フィックスの拡散法則
 7.3 プラスチックフィルムやシートで拡散係数を求める方法
  (1)MassUptakeExperiments
  (2)添加剤添加フィルムの無添加フィルムへの移行から求める

8.相溶化技術の応用

9.ブリードアウト現象の制御


【質疑応答】

ブリードアウト 添加剤 高分子 セミナー