マテリアルズ インフォマティクス セミナー
        
“人工知能”の導入による 生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
製造プロセスにおけるIoT、ICT技術の活用
 

<セミナー No 808221>


★ 最適かつ効率よく材料を開発するための手法、設計技術を詳解します!

マテリアルズ・インフォマティクスを活用した
材料設計の動向、応用事例

■ 講師
1. みずほ情報総研株式会社 サイエンスソリューション部 チーフコンサルタント 博士(理学)加藤 幸一郎 氏
2.

東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 理学博士 船津 公人 氏

3. 情報・システム研究機構 統計数理研究所 データ科学研究系 教授 博士(学術) 吉田 亮 氏
4. (株)日立製作所 研究開発グループ 主管研究員 岩崎 富生 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年8月10日(金) 10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき 60,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム

【10:00-11:30】

1.マテリアルズ・インフォマティクスを活用した事例と高分子材料設計の展望

みずほ情報総研株式会社 サイエンスソリューション部 チーフコンサルタント 博士(理学)加藤 幸一郎 氏
【専門】材料分野のシミュレーション解析・開発、技術動向調査

 

【習得できる知識】 マテリアルズ・インフォマティクスの最新動向、国内外の利用可能なデータベース情報


【講座趣旨】 近年、各所で“Materials Informatics(以下、MI)”が取り沙汰されている。 MIは米国のMaterials Genome Initiativeを発端に世界中に広がった材料開発の新たな流れであり、 材料科学とデータ科学の融合によって材料開発から
実用化に要する時間・コストを大幅に削減しようという 試みである。本講演ではMIの最新動向として、各種材料における
活用事例や世界中で整備が 進められているデータベースの紹介に加え、今後の更なる活用に向けた課題・展望を紹介する。

1.マテリアルズ・インフォマティクス
 
1-1 マテリアルズ・インフォマティクスとは
 1-2 日本における取組状況
 1-3 諸外国における取組状況

2.材料データベース
 2-1 各国における材料データベースの整備状況
 2-2 代表的なデータベース

3.マテリアルズ・インフォマティクスの活用事例
 3-1 無機材料における活用事例
 3-2 有機材料における活用事例

4.マテリアルズ・インフォマティクスを活用した高分子材料設計に向けて

 4-1 高分子材料設計への適用の難しさ
 4-2 企業での活用に向けた課題
 4-3 今後の展望

【質疑応答】


【12:10-13:40】

2.分子設計・材料設計・プロセス設計のためのデータ駆動型化学

東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 理学博士 船津 公人 氏

 

【習得できる知識】
ケモインフォマティクス、データ解析、モデル化、逆解析、パレート最適解、 ソフトセンサー、プロセス・インフォマティクス

【講座の趣旨】 第4の科学であるデータ集約型研究・開発に期待が高まっている。 目的物性・特性を持つ
新規分子・材料開発である「何を作るか」から、それを 「どう作るか」、そしてそれを安定した品質で
生産するための生産制御に関わる課題に 迅速かつ 効果的に対応するには、多くのデータ、情報の
積極的活用が不可欠となってきた。 その事例を紹介しつつ、データ駆動型化学の持つ意義と今後を議論したい。

1.ケモインフォマティクスとは
 1) データのモデル化法について
 2) モデルの逆解析について

2.分子設計の事例紹介
 1)医薬品分子設計
  a)化学空間の可視化による構造探索
  b)タンパクと化合物の相互作用空間の可視化と構造探索

3.ポリマーアロイを題材とした有機材料の設計
 1)輝度向上性フィルムの成分組成とプロセス条件の最適化

4.触媒設計についての事例紹介

5. 無機材料について
 (ア) 無機材料物性予測
 (イ) 結晶系予測

6.ケモインフォマティクスを進めるにあたっての環境、データフォーマット、ツールについて

7.ソフトセンサー
 1) 化学プラントの監視のためのソフトセンサー
  a) ソフトセンサーの構築法
  b) ソフトセンサーの劣化
  c) 適応型ソフトセンサーの開発
 2) ソフトセンサーを用いた制御

8. プロセス・インフォマティクス
  材料設計・プロセス設計・品質管理と制御の連動

【質疑応答】


【13:50-15:20】

3.機械学習による物質探索と材料開発技術

情報・システム研究機構 統計数理研究所 データ科学研究系 教授 博士(学術) 吉田 亮 氏

 

1. マテリアルズインフォマティクスの学術的背景−現状と課題

2. 機械学習概論

3. 機械学習を活用した仮想スクリーニング技術
 3-1 記述子
 3-2 構造物性相関分析
 3-3 教師あり学習の解析手法及びツール紹介(R言語を中心に)
 3-4 適用事例の紹介

4. ベイジアンアプローチに基づく新規物質・機能材料の同定
 4-1 逆構造物性相関分析
 4-2 機械学習に基づく分子設計の解析技術
 4-3 R言語パッケージiqsprチュートリアル
 4-4 最先端の話題


【質疑応答】


【15:30-17:00】

4.分子シミュレーションとマテリアルズインフォマティクスを活用した材料設計技術

(株)日立製作所 研究開発グループ 主管研究員 岩崎 富生 氏

 

1.技術潮流

2.マテリアルズインフォマティクスの概要
 2-1 マテリアルズインフォマティクスとは
 2-2 設計の流れ
 2-3 適用事例の概要(1)
 2-4 適用事例の概要(2)

3.材料設計効率化の課題とアプローチ
 3-1 パラメータサーベイにおける課題
 3-2 課題へのアプローチと分子シミュレーション

4.マテリアルズインフォマティクスによる設計事例
 4-1 樹脂との密着性を向上させる金属の設計
 4-2 はんだの破断伸びを向上させる添加元素の選定
 4-3 薄膜配線の粒界断線を防止する添加元素の選定

5.まとめ
 5-1 有効性の確認
 5-2 今後の展望


【質疑応答】

マテリアルズ インフォマティクス 計算科学 セミナー