窒化物  フィラー  セミナー
        
高耐熱樹脂の開発事例集
放熱・高耐熱材料の 特性向上と熱対策技術
 
<セミナー No.808408>

★より理論値に近い熱伝導率を達成するための剥離、分散、配向制御技術を解説

窒化物フィラーの分散、配向制御と

高熱伝導コンポジット材料の開発


■ 講師
1. 豊橋技術科学大学 総合教育院(兼) 電気電子情報工学系 教授 博士(工学) 武藤 浩行 氏
2. 三菱電機(株) 先端技術総合研究所 パワーモジュール技術部 パッケージング技術グループ グループマネージャ 工学博士 平松 星紀 氏
3. 香川大学 創造工学部 教授 工学博士 楠瀬 尚史 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年8月24日(金) 10:30〜16:30

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 セミナールーム
聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き・昼食・資料付き) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕
※定員になり次第、お申込みは締切となります。
■ プログラム

< 10:30〜12:10>

1.出発原料粉末の集積化(複合化)技術による複合材料の微構造デザイン

豊橋技術科学大学 武藤 浩行 氏

 


1.複合材料の開発にあたって
 1.1 既存技術の問題
 1.2 新規材料開発コンセプト

2.粒子集積化技術
 2.1 複合化
 2.2 顆粒化

3.集積粒子による複合材料の微構造デザイン
 3.1 高分散構造
 3.2 パーコレーション構造

4.異方性フィラー(BN)をもちいた微構造デザイン
 4.1 等方性構造
 4.2 異方性構造

5.粒子集積技術の応用
 5.1 3Dプリンタ
 5.2 エアロゾルデポジッション(AD)膜

6.集積複合粒子の量産技術

7.まとめ

【質疑応答・名刺交換】


<13:40〜14:40>

2.窒化ホウ素(h-BN)フィラー複合材料におけるフィラーの配向制御

三菱電機(株) 平松 星紀 氏

 
【講演要旨】
 近年、電子機器の小型化、高出力化に伴い半導体素子の発熱が増大する傾向にあります。半導体素子は、高温になると効率が低下するだけでなく誤動作や故障の原因となるため、発生した熱量を効率的に機器の外部に逃がす放熱性の高い絶縁材料が求められている。
 
本講演では、樹脂と無機フィラーとの複合材料における高熱伝導化技術を紹介するとともに、電子機器の中で特に高い放熱性が要求されるパワーモジュールへの応用例について紹介する。高熱伝導化技術については、エポキシ樹脂と窒化ホウ素(h-BN)フィラー複合材料におけるフィラーの配向制御について紹介する。


1.電子機器の構造と高熱伝導樹脂材料のニーズ−パワーモジュール適用例を中心に−

2.高熱伝導複合材料の基礎と応用
 2.1 樹脂/無機フィラー複合材料の熱伝導率
 2.2 モールド型パワーモジュールへの応用

3.複合材料の熱伝導率向上技術
 3.1 高熱伝導フィラー(BN)の高充填化
 3.2 高熱伝導フィラー(BN)の配向制御
 3.3 マトリクス樹脂の高熱伝導化

4.高熱伝導絶縁シート適用パワーモジュールの放熱性の向上

5.高耐熱・高熱伝導絶縁シートの開発

【質疑応答・名刺交換】


<14:50〜16:30>

3.セラミックスフィラー添加エポキシハイブリッド材料の高熱伝導化

香川大学 楠瀬 尚史 氏

 

1.セラミックス

2.高熱伝導非酸化物セラミックス
 2.1 高熱伝導フィラーの選択
 2.2 代表的な材料の熱伝導度
 2.3 窒化アルミニウム (AlN)
  2.3.1 AIN焼結体の熱伝導度
  2.3,2 AlNセラミックスの熱伝導における粒径の影響
 2.4 窒化ケイ素 (Si3N4)
  2.4.1 Si3N4焼結体の熱伝導度
  2.4.2 Si3N4セラミックスの平均粒径と熱伝導度の関係
 2.5 窒化ケイ素 (Si3N4)化ホウ素 (BN)
  2.5.1 SiCセラミックスの熱伝導度
  2.5.2 非酸化物セラミックスの熱伝導度と電気伝導

3.高熱伝導ハイブリッド材料
 3.1 Si3N4ナノワイヤー添加エポキシハイブリッド材料
 3.2 BN凝集体添加エポキシハイブリッド材料
 3.3 化学合成BN添加エポキシハイブリッド材料

【質疑応答・名刺交換】


 

  熱伝導 分散 セミナー