乳化 安定性 セミナー
                  
ゲル化・増粘剤の使い方、選び方 事例集
触り心地の制御、評価技術と新材料・新製品開発への応用
 
<セミナー No.809111>

☆ 指標値をもとにした、乳化剤の「選択・組み合わせ」の考え方とは?
    科学的根拠をもった、正しい乳化剤の使いこなしかたが分かる!


乳化メカニズムと物性・安定性の評価

〜「使用感・触感」の評価・調整のポイント〜


■ 講師

(株)ミルボン 中央研究所 開発顧問 理学博士 堀内照夫 氏

    (元)ライオン(株)研究開発本部 (元)明星大学総合理工学部非常勤講師

■ 開催要領
日 時

  平成30年9月4日(火) 10:00〜17:00

会 場

[東京・五反田]  日幸五反田ビル 8F 技術情報協会 セミナールーム

聴講料

1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
 〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円(税抜)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム


【講演主旨】  

乳化製剤化技術は油性基剤の利便性、ファション性、並びに機能・効果の向上等の特徴があることがら、化粧品をはじめ、医薬品、トイレタリー製品、化学品等の広範囲な産業分野で注目されている基盤技術の一つといっても過言でない。 この乳化技術は主として、乳化剤の合成技術、乳化剤の選定・最適化評価技術、乳化(プロセス)技術および製剤の安定性評価技術の要素技術から構成されている。安定な乳化製剤を製造するためには、これらの要素技術の中で、目的とする被乳化油性基材に対する最適な乳剤を如何に選定するかに負うところが大きい。 本講義の目的は乳化剤(界面活性剤)の性能・機能に関わる指標値を駆使し、科学的に乳化剤の選択並びに乳化剤の組み合わせ(混合乳化剤の組成)等の「乳化剤の使いこなし方」の習得を目的とする。また、ここで、用いられる各種指標値は単に乳化現象に留まらず、広く、洗浄、分散、可溶化等の界面現象に展開できる。なお、研究と生産現場で、同じ技術概念でコミュニケーションが図れる事を目的として、指標値に関わる算定式は出来るだけ簡便で、実用的かつ基礎研究にも十分に耐えるものを選定した。

 

【講演内容】

1.乳化とは

2.講義の狙い

3.乳化技術開発の主な要素技術を支援するための指標値

4.「乳化」生成機構のいろいろ
 1)自然界に見る自己乳化形態
 2)界面活性剤を乳化剤とする乳化形態と特徴
 3)粘土物質を乳化剤とした乳化形態
 4)微粒子を乳化剤とした乳化形態―Picker Emulsion

5.乳化技術の開発推移

6.エマルションの製造および製品に関する留意事項

7.界面活性剤(乳化剤)の開発推移

8.乳化剤(界面活性剤)水溶液の物理化学的性質
 1)界面活性剤の構造要因とその性質・作用
 2)界面活性剤の分子集合状態
 3)界面活性剤の溶解度曲線―クラフト点
 4)曇点
 5)臨界ミセル濃度
 6)吸着等温曲線
 7)臨界充填パラメータと分子集合体

9.物質/物質間の相溶性の指標値

10.HLB方式による乳化剤の選定とその最適化をどのように行えばよいか?
 1)油相の所要HLB値の決め方
 2)混合乳化剤のHLB値の求め方、
 3)所定HLB値の混合乳化剤の組成最適化の指針

11.拡張HLB法よる乳化剤のHLB値の求め方
 1)Davies式によるHLB値の求め方
 2)有機概念図法の基礎とHLB値の計算法

12.乳化技術
 12.1 物理的(機械的)乳化方式
  1)乳化機の種類と特徴
  2)高圧ホモジナイザーと他の乳化機の性能比較
 12.2物理化学的乳化方式
  1)油相配合時の指針―溶解度パラメータの活用
  2)Fedorsの計算法
  3)乳化剤の添加方式
  4)乳化粒子に対するエマルションの転移の影響
  5)D相乳化法
  6)ゲル乳化法、
  7)各種エマルションの生成工程の比較

13.乳化のスケールアップ時の留意事項

14.エマルションの安定性評価法
 1)エマルションの安定性に関する要因
 2)粒子径―クリーミング速度―ブラウン運動との関係
 3)凝集
 4)合一
 5)オスワルド熟成

15.エマルションの加速試験法
 1)加速試験法
 2)保存温度とエマルション粒子の溶存状態

16.エマルションの物性評価技術
 1)エマルションの「型」の判定法
 2)Bancroft則
 3)凍結割断法による粒子径観察
 4)光子相関分光法
 5)スピンプローブ法ESRによるベシクル膜の会合状態、
 6)偏光顕微鏡によるエマルションの相構造
 7)エマルション中の水の様態、
 8)エマルションの「使用感・触感」を評価するレオロジーの基礎

【質疑応答】


乳化 安定化