知財戦略 特許網
        
『特許の棚卸しと権利化戦略』
『研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方』
 
<セミナー No.809501>

★他社の特許をどのように打ち破り、自社に絶対優位な特許網を構築するか!


強い特許網を構築するための

知財戦略の策定・遂行の仕方



■ 講師
1.

(公社)高分子学会 常務理事 事務局長 平坂 雅男 氏
(元・(株)帝人知的財産センター 取締役 知財戦略室長)

2. AGC(株) 技術本部 知的財産部 部長 神庭 基 氏
3. キヤノン電子(株) 特許法務センター 副所長 木下 達也 氏
(前・キヤノン(株) 知的財産法務本部 上席)
4. DIC(株) 知的財産センター 知財戦略ディレクター 河野 通洋 氏
■ 開催要領
日 時

平成30年9月4日(火)10:00〜17:15

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき60,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム

<10:00〜11:30>

【第1部】 知的資産経営と知財戦略

(公社)高分子学会 常務理事 事務局長 平坂 雅男 氏

【講演趣旨】
企業の競争力の源泉には、見えない資産として人材、組織力、技術・ノウハ ウ、顧客ネットワーク、知的財産(特許・ブランドなど)などがある。これらの知的資産を認 識した経営が必要であることから、知的資産経営が着目されてきた。知的財産は、知的 資産の一部であるが、技術を中核とした企業経営においてその知財戦略は欠かすことが できない。そして、知財戦略の中でも、特許ポートフォリオの構築することが重要となる。 企業経営における技術開発と知財戦略の概要を説明すると共に、特許網の構築につい ても概説する。

【講演項目】
1.知的資産
  1.1 競争力と知的資産
  1.2 人材と組織
  1.3 顧客ネットワーク
2. 知的財産
  2.1 特許出願の現状
  2.2 知財管理
  2.3 社内組織
3. オープンイノベーションと技術開発
  3.1 事業戦略と技術開発
  3.2 技術動向の情報収集
  3.3 研究開発マネジメント
4. マーケッティングの新時代
  4.1 売るモノへの仕組み
  4.2 ビジネスモデルを考える
5. 事業戦略と特許網構築
  5.1 事業の将来認識
  5.2 事業ステージに応じた知財活動
  5.3 新事業開発のケース



<12:15〜13:45>

【第2部】AGCにおける知財戦略立案・実行の取り組み

AGC(株) 技術本部 知的財産部 部長 神庭 基 氏

【講演趣旨】
知財部に異動して3年弱、知財戦略とは何か、どのように知財を活用していけ
ば事業に貢献できるのかを考えてきました。 当社の知財部の歴史を見ても、10年以上
前から知財戦略が大切であることを方針として掲げていましたが、さまざまな理由により先
進競合企業と比較し肩を並べているとは言えないのでは、と感じています。
この講演では、
 ・AGC流知財戦略について
 ・知財戦略を立案し、実行するための取り組み
 ・今後の課題
さらに、トピックスとして
 ・新規事業創出に貢献する、AIを用いた特許解析手法の開発
についてお話しいたします。 知財部をシェアードサービス中心の活動から戦略中心の
活動に変えていきたいとお考えの皆様に、その改革実行の道標になれば幸いです。

【講演項目】
1.旭硝子(株)はAGC(株)になりました
2.AGC流知財戦略とは
  2.1 知財部2025年ありたい姿
  2.2 AGC流知財戦略パターン(レベル)
3.知財戦略立案・実行に向けて
  3.1 実現までのプロセス
  3.2 実行するための機能と組織
  3.3 業界トップレベル企業との比較
  3.4 人材育成
4.今後の課題・ロードマップ
5.新規事業創出に貢献する、AIを用いた特許解析手法の開発


<15:30〜17:30>

【第3部】キヤノンにおける知的財産戦略 〜他社の特許網を打ち破る知財戦略とその実施法〜

キヤノン電子(株) 特許法務センター 副所長 木下 達也 氏

【講演趣旨】
企業が健全に事業を展開していくためには、知的財産の問題は避けて通る ことはできません。 特に新規に事業を興し、既にある市場に参入しようとしている場合に は、他社の特許網を打ち破る必要があります。一方で、近年のビジネス環境の変化か ら、より広い視野と柔軟な発想で知的財産を活用する方策が求められてきています。本 講演では、キヤノンにおける知的財産戦略の考え方を説明し、その戦略の下にどのよう に他社との特許問題を解決してきたか、事例を交えて紹介いたします。

【講演項目】
1.会社概要
2.キヤノンにおける知財管理体制
3.産業界の変化を踏まえた知財戦略
4.第三者特許問題の解決
  4.1 特許調査の前に考えておくべきこと
  4.2 第三者特許調査の徹底
  4.3 情報収集の重要性
  4.4 解決のための基本的な考え方
  4.5 第三者特許の無効化
  4.6 第三者特許の回避
  4.7 係争の回避




<15:30〜17:30>

【第4部】DICにおける知財戦略の策定、遂行と特許ポートフォリオマネジメント

DIC(株) 知的財産センター 知財戦略ディレクター 河野 通洋 氏

【講演趣旨】
知財戦略は、目指すべき事業を見据えて、その実現のためにあるべき知財の 姿を描くことから始まる。 グローバルな視点で環境変化をとらえ、事業成功へのシナリオ を描き、自社の特質を生かして、いかなる技術と特許で勝負するかに焦点をあてた柔軟 性のある知財戦略を策定・推進していくことが不可欠である。 知財戦略を展開していく過 程で、特許ポートフォリオが形成され充実していくが、特許を個々に見るだけでは足らず、 特許ポートフォリオ全体を可視化し、 その役割と事業への影響力を評価し、特許ポート フォリオを最適化していくことが重要である。

【講演項目】
1.企業の知財活動 〜知財文化の醸成
2.知財は人が作るもの
3.環境変化に対応するための人材
4.知財活動の成果
5.知財ビジョン
6.事業・研究開発と協働した知財活動
7.研究成果を会社の力に変えていく
8.特許の価値
9.マーケット視点の知財戦略
10.自社ポジションと知財戦略
11.知財戦略と特許ポートフォリオマネジメント



知財戦略 セミナー