研究 開発 見極め
        
『特許の棚卸しと権利化戦略』
『研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方』
 
<セミナー No.809507>

★判断材料が少ない段階で見込みのないテーマをどのように見極め、判断するか!!


研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方


■ 講師
1.

大東カカオ(株) 取締役執行役員 研究開発部長 兼 品質保証管掌 青山 敏明 氏

2. 浅井技術経営オフィス 代表 浅井 政美 氏(元・富士ゼロックス R&D企画管理部チーム長)
■ 開催要領
日 時

平成30年9月13日(木) 10:00〜17:00

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料 1名につき60,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。
■ プログラム

<10:00〜12:00>


【第1部】研究開発テーマの中止・撤退の判断に関する一考察

大東カカオ(株) 青山 敏明 氏

【講演趣旨】
本来、研究開発とは誰もやったことがないことに挑戦することであり、やれば必ず成功することを研究開発とは言わない。しかし、一方で研究開発の宿命として、誰よりも早く結果を出さないと意味がないことも確かである。従って、研究開発テーマの中止および撤退の判断はとても重要であることは間違いない。ところが、その判断は容易ではなく、もう少し続けていれば、結果がでるかもしれないという判断をしがちで、中止・撤退ができずに、そのテーマを続けている場合も多い。そこで、本講演では研究開発テーマの中止・撤退の判断について、様々な観点から、その1つの考え方について考察したい。

【講演項目】

1.研究開発とは

2.研究開発の宿命

3.研究開発テーマ選定方法

4.研究開発リーダーの選定方法

5.研究開発目的の明確化

6.研究開発途中の結果の捉え方

7.研究開発の未来予測

8.研究開発チーム編成の仕方

9.研究開発テーマ中止の時期

10.研究開発テーマ中止の基準

11.研究開発テーマ撤退の時期

12.研究開発テーマ撤退の基準

13.研究開発テーマ中止後の関連資料の取り扱い方

14.研究開発テーマ撤退後のチームメンバーの育成

15.研究開発テーマ撤退後の会社のスタンス

【質疑応答・名刺交換】


<13:00〜17:00>

【第2部】研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方

浅井技術経営オフィス 浅井 政美 氏
(元・富士ゼロックス R&D企画管理部チーム長)

【講演趣旨】

【講演項目】

1.研究開発とは
  1-1.課題認識と貢献の構造
  1-2.研究開発の位置付け
  1-3.研究開発の評価
  1-4.フェーズ管理
  1-5.研究開発費とフェーズ管理の関係
  1-6.技術の生産性指標
  1-7.研究開発のプロセスと結果

2.バリューチェーンと収益
  2-1.バリューチェーンと収益の考え方
  2-2.バリューチェーン毎の収益と費用の考え方

3.市場と研究開発適応領域
  3-1.市場と研究開発の適応領域
  3-2.適応領域の考え方

4.研究開発プロジェクト
  4-1.研究開発プロジェクトとは
  4-2.研究開発プロジェクトの種類
  4-3.研究開発プロジェクトの運営・管理

5.研究開発ニーズと研究開発テーマ企画書
  5-1.ビッグデータと研究開発データの収集
  5-2.研究開発ニーズ
  5-3.研究開発テーマ企画書の項目
  5-4.研究開発テーマ企画書とフェーズの関係

6.技術ロードマップ
  6-1.従来型・顧客価値型技術ロードマップとは
  6-2.従来型技術ロードマップ
  6-3.顧客価値型技術
  6-4.研究開発テーマの技術ロードマップ例

7.新規領域における研究開発テーマの評価と中止・撤退判断
  7-1.新規領域におけるテーマ発掘例
  7-2.新規領域における研究開発テーマの評価
  7-3.新規領域における研究開発テーマの評価例
  7-4.新規領域における研究開発テーマの中止・撤退判断

8.既存・周辺領域における技術体系と技術ポートフォリオによる研究開発テーマの評価と中止・撤退判断
  8-1.技術体系
  8-2.技術ポートフォリオ
  8-3.技術ポートフォリオの分析
  8-4.技術ポートフォリオの効用
  8-5.技術ポートフォリオの課題/限界
  8-6.周辺・既存領域における研究開発テーマの中止・撤退判断

9.既存・周辺領域における研究開発テーマ/プロジェクトの費用対効果による評価と中止・撤退判断
  9-1.研究開発での収益と費用の考え方
  9-2.研究開発の売上への貢献度の算出
  9-3.技術の生産性指標を用いた費用対効果
  9-4.売上を商品機能に配賦した費用対効果
  9-5.研究開発テーマ/プロジェクトの中止・撤退判断

10.全体のまとめ

11.演習
  11-1.技術ポートフォリオの作成の演習
  11-2.技術の生産性評価の演習 【質疑応答】

【質疑応答・名刺交換】




中止 撤退 判断 セミナー