エリテマトーデス 生物学的製剤 セミナー
                  
医薬品・医療機器・再生医療開発における オープンイノベーションの取り組み 事例集
疾患・病態検査・診断法の開発
 
<セミナー No.811123>

★ 費用対効果、患者の経済状況など、、治療ガイドラインどおりにはいかない薬剤選定の実際とは

エリテマトーデスが増悪するメカニズムと
生物学的製剤のインパクト


■ 講師
【第1部】  大阪大学医学部 呼吸器・免疫内科 助教 高松漂太 氏
【第2部】

クリエイティブ・スーティカル(株) 日本代表 大西佳恵 氏

【第3部】 近畿大学医学部奈良病院 膠原病内科 科長・講師 杉山昌史 氏
■ 開催要領
日 時 平成30年11月14日(水)10:00〜17:00
会 場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル 8階 技術情報協会 セミナールーム
聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕
※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム  


【10:00〜12:00】

【第1部】I型インターフェロンからみた全身性エリテマトーデスが増悪するメカニズムと今後の治療薬開発戦略

大阪大学医学部 高松漂太 氏 

 

【講座趣旨】 ウイルス感染時に活躍するI型インターフェロンが、SLE患者で増加するメカニズムについて、自験例を交えて概説する。  また、個々の患者の病態に応じた、より効果的で副作用が少ないSLE治療が今後更に重要となる。新薬開発や治療法選択にあたり、発症・増悪機序に基づいた患者の層別化、増悪因子を標的とした分子標的治療薬の開発、コンパニオン診断薬を用いた治療効果判定といった、診断・治療・評価を三位一体化させたワークフロー確立の重要性について概説する。

 

【講座内容】

1.SLEとは
 @SLEの症状
 ASLEの診断
 BSLEの病態生理

2.I型インターフェロン
 @I型インターフェロンの免疫作用
 AI型インターフェロン産生機序
 BI型インターフェロンによるポジティブ・フィードバックループ

3.SLE患者層別化の重要性
 @SLEの疾患多様性
 A疾患多様性の層別化
 B治療・評価に役立つ層別化

4.SLEにおけるI型インターフェロン増加メカニズム
 @SLE患者では血清インターフェロン活性が高い
 ASLEにおけるインターフェロン増加のメカニズム
 BTLRs? cGAS?STING?

5.I型インターフェロンを標的とした新薬開発状況
 @SLEの治療
 A新規阻害剤開発
 B新規生物製剤開発

6.今後の課題

【質疑応答】


【12:45〜14:45】

第2部】医療経済的観点からみたエリテマトーデス治療薬の価値評価

クリエイティブ・スーティカル(株)  大西佳恵 氏

 

【講座趣旨】
全身性エリテマトーデスを含む慢性・炎症性の自己免疫疾患は、長期間において様々な機能障害を伴う。その場合、それぞれの疾病状態に応じ、臨床・経済的なアウトカムを数値化し、多面的にアウトカムを見える化することが、疾病負担を示すうえで重要となり、医療経済・アウトカム研究は有用なツールをなり得る。本公演では、医療経済的観点からの全身性エリテマトーデスなどの費用対効果を含む医療経済評価の評価方法を体系的に事例と共に説明する。


【講座内容】

1.治療における医療経済・アウトカム研究
 -医療政策の動向
 -データに基づいた医療の重要性
 -価格に見合った医薬品の価値

2.多面的なアウトカム
 -アウトカム(QOL, PROなど)とは
 -医療技術評価でどんなアウトカムが創出できるか
 -費用対効果

3.自己免疫疾患のアウトカム研究と医療経済・アウトカム研究
 -自己免疫疾患における重要なアウトカムは何?
 -自己免疫疾患のアウトカム研究(事例紹介)
 -自己免疫疾患の費用対効果研究(事例紹介)
 -治療の価値最大化   

【質疑応答】


【15:00〜17:00】

【第3部】 臨床での生物学的製剤のインパクトと治療薬ニーズ

近畿大学医学部奈良病院 杉山昌史氏

 

【講座趣旨】
近年 全身性エリテマトーデス、関節リウマチを始めとする膠原病の診断、治療は分子生物学の進歩を背景として大きく変化しています。我々臨床医の観点からみた診断学、治療法の変遷についての解説と、今後予想される治療薬ニーズについてお話しする予定です


【講座内容】

1.全身性エリテマトーデス
 1.1 疫学と予後
 1.2 臨床症状
  (1)全身症状
  
(2)皮膚症状
   (3)ループス腎炎
   (4)肺高血圧症   
 1.3 病態
  (1)臨床検査異常
   (2)免疫学的異常
 1.4 診断 
  (1)免疫学的検査
   (2)組織検査 
 1.5 病態と治療法の選択の現状、生物学的製剤の状況
 1.6 今後求められる治療薬

2. 関節リウマチ
 2.1 疫学
 2.2 臨床症状と一般経過
  (1)関節症状
   (2)関節外症状
 2.3 病態 
  (1)臨床検査異常
   (2)免疫学的異常
 2.4 診断 
  (1)免疫学的検査
   (2)画像検査
 2.5 病態と治療法の選択の現状 
  (1)疾患修飾性抗リウマチ薬
   (2)生物学的製剤
   (3)JAK阻害薬
 2.6.今後求められる治療薬

3.高齢者と膠原病
 3.1 膠原病内科診療における高齢者
 3.2 高齢発症関節リウマチ
 3.3 リウマチ性多発筋痛症
 3.4 巨細胞性動脈炎
 3.5 高齢者の医学的特徴
 3.6 高齢者治療における問題点

【質疑応答】



エリテマトーデス 生物学的製剤 セミナー