働き方 改革 R&D
        
『研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方』
『“人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用』
 
<セミナー No.811509>

★日本に比べ労働生産性が高い外資系企業...どのような取り組みを行っているか、その秘訣に迫る!!

外資系企業に学ぶ
R&D部門の働き方改革とその進め方


■ 講師
1.

スリーエム ジャパン(株) APAC Virtual Learning Manager 人材開発部 部長 信田 一栄 氏

2. ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス ヒューマンリソース HRマネジャー 福井 茂貴 氏
3. 日本マイクロソフト(株) 業務執行役員 コーポレートコミュニケーション本部 本部長 岡部 一志 氏
4.

クアーズテック(株) 技術開発センター 技監 中西 秀夫 氏

■ 開催要領
日 時

平成30年11月27日(水) 9:30〜16:15

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき60,000円(消費税抜き、昼食、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)〕
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。                               詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。                                    ※定員になり次第、申込みは締切となります。

■ プログラム

<9:30〜11:00>


【第1部】3Mイノベーションを育む組織風土と働き方

スリーエム ジャパン(株) APAC Virtual Learning Manager 人材開発部 部長 信田 一栄 氏

【講演趣旨】
常に新しいビジネスソリューションを創造し続けるスリーエム ジャパン。 新たな価値創造・イノベーションを創出しつづける競争力の根底には、失敗を許容する風土、 15パーセント・カルチャ-(従業員の自発意思による非公式活動の容認)などの企業文化とともに、 「個人-集団-組織」間のつながりを新しいものに変化させ続ける仕組みを取り入れています。 組織間を超えた場づくりを会社として提供し、常に他部門同士が交流し合う風土を醸成し続けられる理由や、 その背景・プロセス・課題をベースに、個人の創造性と組織開発について共有いただきます。

【講演項目】

1.Company Overview その歴史と現在

2.“Connection” 研究開発の基盤技術 『Technology Platform』

3.Building a “Culture of Innovation” : Principle(基本原則)

4.失敗の許容と「耐えるマネジメント」が革新を生む源

5.企業文化をあらわすキーワード

6.“Diversity & Inclusion” is a Key to Growth

【質疑応答】


<11:10〜12:40>

【第2部】ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスにおける働き方改革と意識の変え方

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス ヒューマンリソース HRマネジャー福井 茂貴 氏

【講演趣旨】
ユニリーバ・ジャパンでは2016年からWAA(Work from Anywhere and Anytime)を導入しました。7 導入に至るまでの経緯や導入時の取り組みについて触れていきたいと思います。 また、働き方改革を推進する上で非常に重要な要素である、 「意識変革(マインドセットチェンジ)」についてもユニリーバでどのように推進しているのか事例を紹介させて頂きます。 当日は今後各社で働き方改革を推進していく上で大切なことについて参加者で深めるような議論の時間も設けたいと考えています。

【講演項目】

1.ユニリーバ・ジャパンのご紹介

2.WAAとは

3.WAAを始めてから起きたさまざまな変化

4.R&D部門の働き方改革の取り組みとは

5.働き方改革以前との違い、比較

6.意識の変え方の方法

7.社員にとっての生産性と、会社にとっての生産性

8.更なる今後の期待

9.まとめ

【質疑応答】


<13:15〜14:30>


【第3部】日本マイクロソフトにおける働き方改革の取り組み

日本マイクロソフト(株) 業務執行役員 コーポレートコミュニケーション本部 本部長 岡部 一志 氏

【講演趣旨

【講演項目】

1.日本マイクロソフト株式会社のご紹介

2.働き方改革への取り組み

3.働き方改革第一章

4.テレワーク導入の期待と効果

5.リモートワークなどを活用したフレキシブルな働き方

6.働き方改革第二章

7.働き方改革を支える5軸とマインドチェンジの重要性

8.更なる今後の期待

【質疑応答】


<14:45〜16:15>


【第4部】クアーズテックにおける研究開発部門の働き方改革とその取り組み

クアーズテック(株) 技術開発センター 技監 中西 秀夫 氏

【講演趣旨】

【講演項目】

1.クアーズテック株式会社のご紹介

2.コーポレートR&Dのミッション

3.R&D部門の組織の在り方

4.R&D部門の働き方改革の取り組み

5.働き方改革以前との違い

6.今後の期待など

【質疑応答】

外資系 研究開発 改革 セミナー