他社特許 分析 セミナー
        
『研究開発テーマの事業性評価と資源配分の決め方』
『IPランドスケープの実践事例集』
 

<セミナー No.008508>


★限られた時間内で、どのように効率よくモレのない分析をすればよいか!
★他社特許の弱みを見つけ、分析し、自社事業に活用する方法を大公開!!


先行企業を打ち破る
他社特許分析の仕方と知財戦略への活かし方

 


■ 講師

IPP国際特許事務所 所長 弁理士 松下 昌弘 氏
(株)プロファウンド 代表取締役社長 石橋 秀喜 氏

■ 開催要領
日 時

2020年8月6日(木)  10:30〜16:30

会 場 [東京・五反田]技術情報協会 8F セミナールーム
聴講料

1名につき50,000円(消費税抜き、昼食・資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ プログラム


【講演のポイント】
他社特許は自社の事業範囲を制約する可能性があり、その権利範囲によっては自社事業に大きな影響を及ぼすことがあります。そのため、事業・開発戦略を立てる上で早いタイミングで先行企業特許を正しく分析し、対応する必要があります。また、自社が先行企業の特許を回避した技術を開発した場合に、その開発技術をさらなる後発企業に模倣されないようにする必要があります。
本講演では、他社特許の権利範囲を特定するだけでなく、特許権が独占権ではなく排他権であることに基づいて、その特許を分析して、自社事業への影響を最小限に抑える戦略立案についてお話しします。また、特許情報には市場では公開されていない他社の開発内容や、市場の商品やサービスを分析しても特定できない技術情報が詳細に記載されていることが多々あり、他社の事業戦略を知る上で、また自社開発に役立つ技術情報を取得する上でも非常に有用です。他社の特許情報をどのように分析して事業に活用する方法を説明します。さらに、後発企業における知財業務の成果としての契約の基礎についてもお話しします。

【講演項目】
1.他社特許分析・対策に必要な特許制度概要

2.特許情報の種類と内容

3.特許データベースの使い方

4.知財ポートフォリオ

5.特許情報の読み方

6.他社特許の分析

7.他社特許のリスクの特定

8.他社特許の弱みの特定

9.他社特許の弱みに基づいたリスクへの対応

10.他社特許分析結果に基づく知財戦略

11.強い特許を取得するために(守りと特許と攻めの特許)  
  11−1.自社事業リスクとなる他社企業の特許網を破る・攻略するには  
  11−2.自社の後発企業に対抗するための特許  
  11−3.強い特許をとるための早期審査と審査インタビュー

12.AI特許の観点から見る他社特許の弱みの特定と自社事業リスク

13.知財業務の成果としての契約の基礎

【質疑応答・個別質問・名刺交換】


 

他社特許 弱み 分析 セミナー