疾患 啓発 セミナー
                  
医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定
医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向
 
<セミナー No009112>

☆ 患者インサイトの理解のコツ、ペイシェントジャーニー作成のポイントが学べる!
☆ アクセス数の高い疾患啓発サイトの作り方、SEO対策とは?その効果測定方法とは?
☆ 適切な啓発コミュニケーション、そのための効果的なサイトのメッセージとは

【Live配信セミナー】

〜患者インサイト・ペイシェントジャーニーをふまえた〜

疾患啓発活動およびサイト設計とその効果最大化


■ 講師
【第1部】 

MSD(株) 内部統制部 ビジネスサポートチャプター ディレクター 阿曽 利行 氏

【第2部】 (株)メディウィル 代表取締役 城間 波留人 氏
【第3部】 (株)アサヒ・シーアンドアイ 常務執行役員 谷口 公嗣 氏
■ 開催要領
日 時

2020年9月10日(木)10:00〜17:00

会 場 Zoomを利用したLive配信  ※会場での講義は行いません
聴講料

聴講料 1名につき55,000円(消費税抜き/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度(アカデミック価格)があります。
詳しくはお問い合わせください〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

■ Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

■ プログラム

【10:00〜12:00】

【第1部】 疾患啓発活動と疾患啓発サイトの役割、その効果的なコミュニケーション

MSD(株) 内部統制部 ビジネスサポートチャプター ディレクター 阿曽利行 氏

 

【講座主旨】

医療機関で治療できるという認知が低い疾患などでは、広く疾患啓発をすることが、適切な選択肢を選択できる機会を罹患している方へ提供するという意味で、社会的な役割も大きい。病気、疾患というものは、ネガティブな側面が強く、事実を伝えることであっても、コミュニケーションが恐怖訴求になりやすく、不適切な表現がかえって疾患啓発活動をマイナスにしてしまう側面がある。そのため、罹患している方がどう感じているか十分インサイトを理解し、適切なコミュニケーションをする必要がある。また、患者さんがどのように疾患に悩み、来院されるのか、一連の流れを十分に理解することが、活動を考える上で鍵になる。特に疾患啓発サイトの役割を決め、どのような機能を持たせ、何を伝えるかという点で重要になる。
工夫、注意点など踏まえ講演したい。

【講座内容】

・医療用医薬品の疾患啓発活動とは

・疾患啓発の重要な疾患

・患者インサイトの調べ方

・患者インサイトの活用の仕方

・疾患啓発活動のメッセージ作成時の注意点

・来院までの道のり作成、検証

・各ポイントでの活動

・疾患啓発活動における疾患啓発サイトの役割

・疾患サイトへの訪問促進の考え方

・自社医薬品が処方された患者さんへのフォロー

【質疑応答】


【12:45〜14:45】

【第2部】 ペイシェントジャーニーをふまえた疾患啓発サイト設計「10の手順」

(株)メディウィル 代表取締役 城間 波留人 氏

 

【講座主旨】

疾患啓発サイトの戦略的役割を明確にした上で、インターネット上でのペイシェントジャーニーをふまえた疾患啓発サイト設計「10の手順」を具体的に解説します。また、プロジェクトを進めていく上での注意点、落とし穴についても言及し、スムーズなプロジェクト運営ができるように解説していきます。本章では、受講者とのQ&Aをまじえつつ、個々人の学びたい内容にあわせた講義形式で進めていきます。

【講座内容】

●疾患啓発サイトの戦略的役割

●ペイシェントジャーニーをふまえた疾患啓発サイト設計

●疾患啓発サイト設計手順
 @疾患啓発サイトの目的とゴール、プロジェクトスケジュールの共有
 A疾患啓発サイトのサイトマップの作成
 B疾患啓発サイトのコンテンツ企画・作成
 C疾患啓発サイトのデザイン
 D疾患啓発サイトのWebサイト構築
 E疾患啓発サイト運用のためのサーバー構築
 F疾患啓発サイト集客手法@SEO対策
 G疾患啓発サイト集客手法Aデジタル広告
 H疾患啓発サイトコンバージョンのための病院検索サービス
 I疾患啓発サイト効果測定のためのアクセス解析

●疾患啓発サイト設計の注意点と落とし穴

●まとめとQ&A

【質疑応答】


【15:00〜17:00】

【第3部】 疾患啓発サイトの有効性評価と効果検証

(株)アサヒ・シーアンドアイ 常務執行役員 谷口 公嗣 氏

 

【講座主旨】

疾患啓発サイトを開設する目的は様々である。
・にきびや多汗症など、疾患そのものが、疾患として一般市民に認知されていないため受診行動が発生していない場合
・疾患の特性が正しく認識されていないため、患者や家族に正しい理解を促すことにより、的確な治療を受けられるようにする
・希少疾患で疾患の認知度が低い
・疾患治療薬が高額である、長く服用しなければならないなどで、かつ、国や自治体の助成などが複雑である
など、多岐にわたるが、疾患領域、薬剤の有効性や安全性に関する特性、当該薬剤の参入順位や予想獲得シェアなどを勘案して、疾患啓発サイトの設置が有効かを判断しなければならない。そして、疾患啓発サイトの効果検証を適正におこなうためには、サイト設置の目的が明確になっていることが前提条件となる。

【講座内容】

・疾患啓発サイトの設置目的、訴求内容別に、有効性評価と効果検証の具体的な手法を紹介する。また、疾患啓発サイトの具体例を紹介する。
・具体的には、検索順位が何位か、アクセス数がどのくらいか、サイトでの滞留時間はどのくらいか、どのページが多くみられているか、などとなるが、評価軸は、疾患啓発サイトの設置目的、訴求内容により異なってくる。

【質疑応答】


疾患 啓発 セミナー