回帰分析 多変量解析 進め方  
        
『“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方』
『研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方』
 

<セミナー No.202507>


★目的に応じた解析手法の選び方、手順、結果の読み方とは!
★どのように研究開発の早期完遂,生産現場の改善,分析業務の効率化へ活かせばよいか!
★Excelのアドインにある分析ツールを活用!すぐに実務に活かせます!!

【Live配信セミナー】

Excelによる多変量解析の進め方


■ 講師

ユニチカ(株) 生産統括本部 顧問 松本 哲夫 氏

■ 開催要領
日 時

1日目:2022年2月7日(月) 13:00〜16:00
2日目:2021年2
月8日(火) 13:00〜16:00

※本セミナーは2回セットでのお申し込みのみとなります。

会 場 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料

1名につき55,000円(消費税込、資料付) 
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

■ プログラム

【講演趣旨】 
はじめに,多変量解析の概要と必要最小限の関連知識を紹介する.幅広い場面で実務にすぐ役立つ解析ソフトとしてExcelのアドインにある分析ツールを活用し,汎用的な手順で多変量解析を定型的におこなう方法を示す.Excelの使い方,活用方法,計算結果(出力)の解釈方法について解説し,各章の例題への適用を通して習得する.一方で,理論には深入りすることなく,数式部分を読み飛ばしても体験的に理屈を修得できるよう配慮している. 本セミナーを受講することによって,現場の要求に合致した効率の良い実験計画と得られたデータの正しい多変量解析とその結果の解釈の仕方を修得でき,もって,研究開発の早期完遂,生産現場の改善,分析業務の効率化などに寄与できる.



【講演項目】
<1日目>
1.統計の基礎 → 事前配布資料の予習を踏まえ,統計的推測 (検定と推定) を復習

2.多変量解析とは,多変量解析にあたっての前処理

3.多変量解析 → 目的と基礎,多変量解析の種類と使い分けのポイント

4.Excelによる計算方法と使用上の注意点

5.単回帰分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

6.重回帰分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

7.ロジスティック回帰分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

8.曲線回帰分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

 

<2日目>
9.判別分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

10.主成分分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

11.クラスター分析 → 適用場面,解析の手順,解析・解釈の仕方

12.まとめと今後へのアドバイス

【質疑応答】

 

多変量解析 Excel セミナー