糖鎖 バイオ医薬品 品質管理 セミナー

                  
次世代医薬品工場のGMP適合と設備保全
 
<セミナー No208132>

☆ 糖鎖分析における直接解析法の特徴について解説!!

☆ バイオ医薬品の品質管理に必要な技術の概要紹介!!

【Live配信セミナー】

糖鎖分析を活用したバイオ医薬品

品質管理への応用


■ 講師
【第1部】  北海道大学 先端生命科学研究院 教授 比能 洋 氏
【第2部】 横浜市立大学 生命医科学研究科 教授 川崎 ナナ 氏
■ 開催要領
日 時

2022年8月16日(火)10:30〜16:00

会 場 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は 「こちら」 をご確認下さい。

聴講料

聴講料 1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49
,500円〕

〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい〕

■ プログラム

【10:30〜13:00】  

【第1部】 糖タンパク質上の糖鎖パターン解析方法 -迅速定量から直接解析まで-

北海道大学 先端生命科学研究院 教授 比能 洋 氏

【講座主旨】

糖タンパク質上の糖鎖はタンパク質の翻訳後修飾として付加されます。この糖鎖修飾はタンパク質の翻訳直後の品質管理 から分泌後の代謝経路まで様々な段階でその運命を決定づけるシグナルとして機能しています。また、その生合成経路の 分岐点と終点があいまいであるため、その構造パターンに揺らぎを持っています。この糖鎖構造の揺らぎはその生合成環境を 反映しており、疾患診断やタンパク質製剤の品質管理において重要なバイオマーカーとなります。ここでは、タンパク質上の 糖鎖パターンの迅速解析法を中心として、前処理工程を有する分析技術と、直接解析法まで、その特徴について概説いたします。

【講座内容】

糖質科学概論

1.糖と生命
 1.1 エネルギーとしての糖鎖
 1.2 糖鎖の代謝

2. タンパク質の生合成と翻訳後修飾
 2,1 糖タンパク質の生合成経路

 2.2 翻訳後修飾の種類と多様性の意義

3. バイオマーカーとしての糖鎖
 3.1 血清型・血液型
 3.2 糖鎖抗原と診断

 3.3 体内代謝マーカーとしての糖鎖

糖質分析概論

4. 糖鎖分析の化学
 4.1 糖の化学
 4.2 糖標識の化学

 4.3 なぜ標識が必要なのか?

5. 糖鎖の質量分析
 5.1 質量分析法の原理と特徴
 5.2 糖鎖のイオン化法とその特徴

糖タンパク質分析の最先端

6. 糖タンパク質糖鎖の分析法
 6.1 糖タンパク質から糖鎖を切断する方法
 6.2 糖タンパク質から糖鎖を切断しない方法

7. タンパク質糖鎖の直接解析
 7.1 なぜ糖タンパク質糖鎖の直接解析は難しいのか

 7.2 糖鎖イオン化効率の問題と克服に向けた着目点の変換

 7.3 タンパク質糖鎖の直接解析技術とその特徴

迅速糖鎖分析技術の未来

【質疑応答】

◆講師略歴◆

H12理化学研究所細胞制御化学研究室 博士研究員

H14日本大学薬学部化学研究室 助手

H15産業技術総合研究所糖鎖工学研究センター 研究職員

H17北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻 助手

H18 北海道大学大学院先端生命科学研究院先端融合科学部門 助教

H22 Visiting Researcher at Institute of Research for Biomedicine, IRB Barcelona in Spain

H25 同 准教授

H31北海道大学大学院先端生命科学研究院先端融合科学部門 教授

H31北海道大学先端生命科学研究院付属次世代物質生命科学研究センター副センター長

 
 

【14:00〜16:00】

【第2部】 バイオ医薬品の品質確保と糖鎖分析

横浜市立大学 生命医科学研究科 教授 川崎 ナナ 氏

 
【講座主旨】

バイオ医薬品の多くは糖タンパク質です。糖鎖部分はその医薬品の生物活性、体内動態、免疫原性などに 影響を及ぼすことがあります。糖タンパク質バイオ医薬品の開発において、糖鎖の構造や、糖鎖の構造と機能の関係を 理解することは重要です。また、糖鎖は製造方法に依存して変化することが知られており、適切な製造方法の開発・管理と 品質管理が求められます。本セミナーでは糖タンパク質バイオ医薬品の品質評価、製造、品質管理と、糖鎖分析の要件 について概説します。

【講座内容】

1.糖タンパク質バイオ医薬品の糖鎖構造と機能
 1.1.抗体医薬品

 1.2.リソソーム酵素

 1.3.エリスロポエチン

2.糖タンパク質バイオ医薬品の糖鎖解析方法
  2.1医薬品(原料)の確認試験

3.糖タンパク質バイオ医薬品の品質確保と糖鎖分析 
 3.1.品質評価
 3.2.製造工程開発・管理

 3.3.品質管理

4.その他

【質疑応答】

◆講師概略◆

国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部長

横浜市立大学 生命医科学研究科 教授

[バイオ医薬品の品質管理戦略 第2版] じほう 監修 川崎ナナ、石井明子

 

 


糖鎖 バイオ医薬品 品質管理 セミナー