におい 分析 書籍
 
No.2029
臭いの測定法と消臭・脱臭技術 事例集
界面活性剤の選び方、使い方 事例集

実践 ニオイの解析・分析技術

〜香気成分のプロファイリングから商品開発への応用まで〜

 

発刊:2019年2月  体 裁:B5判 288頁  定 価:34,000円(税抜)

発行:(株)エヌ・ティー・エス  販売:(株)技術情報協会  ISBN:978-4-86043-547-9 C3043


● ニオイ成分の分子構造に基づいた香気特性をプロファイリング  するための実践書!

● 複合臭の正体を明らかにするための解析・分析技術を基礎から  実践的に学ぶ!

● 香りの正体を解明し、あらたな商品開発に活用するための  解析・分析技術を指南する!


■ 著者紹介
【執筆者】 (執筆順・敬称略)
長谷川 登志夫 埼玉大学大学院理工学研究科 准教授
藤原 隆司 埼玉大学科学分析支援センター 准教授
藏屋 英介 沖縄工業高等専門学校技術室 技術専門員

■ 目  次

 

第1章 有機化合物としてのニオイ分子の理解に必要な有機化学の基礎(長谷川、藤原)

1. ニオイのもと,有機分子の構造と性性質
2. 実際のニオイ分子の構造上の特徴
3. 有機分子の構造解析技術の基礎
4. ニオイ分子の構造解析の実践
5. 参考文献
コラム1 きれいな結晶にはご用心(藤原)
コラム2 しのびよる水にはご用心(藤原)

第2章 素材からニオイ成分を取り出す〜抽出技術の基礎と最新の技術まで(藏屋)

1. はじめに
2. 香気素材からニオイ成分を取り出す技術
3. 天然香気素材からニオイ成分を取り出す実践例
コラム3 ニオイを集めるのは分析よりも難しい?(藏屋)
コラム4 新化合物発見?(藏屋)

第3章 素材中の多数のニオイ成分の分析に必要なGC-O,GC-MS技術の基礎と実践(藤原)

1. 混合物の解析技術,ガスクロマトグラフィーの基礎
2. 天然香気素材の含有成分解析の実践
コラム5 得られたピークにはご用心(藤原)

第4章 香気素材やニオイ分子の官能評価方法の基礎と実践(藏屋)

1. はじめに
2. 香気素材やニオイ分子の官能評価方法の基礎
3. 官能評価の実施の仕方
4. 香気素材やニオイ分子の官能評価方法の実践例
} コラム6 香りは食文化の象徴(藏屋)
コラム7 ヒトの嗅覚も分析機器(藏屋)

第5章 嗅覚メカニズムに基づいた複合臭の解析手法と実践(長谷川)

1. ニオイを感じる仕組み
2. ニオイ受容機構を考慮した複合臭のとらえ方
3. ニオイ受容機構に基づいた複合臭の解析の実例
4. ニオイ分子の構造とニオイ受容体(ニオイ受容体にとってのニオイ分子の構造の類似性とは)
コラム8 有機化学がなぜニオイと関係あるの?(長谷川)

第6章 ニオイ受容機構を考慮したGC-MSデータの取り扱い方(長谷川、藤原)

1. はじめに
2. 白檀のニオイ受容機構を考慮したGC-MSデータの取り扱い
3. スターアニスのニオイ受容機構を考慮したGC-MSデータの取り扱い
4. 山奈のニオイ受容機構を考慮したGC-MSデータの取り扱い
5. パチュリのニオイ受容機構を考慮したGC-MSデータの取り扱い
6. タイ緑茶のニオイ受容機構を考慮したGC-MSデータの取り扱い

第7章 商品開発への応用の提言(長谷川、藤原)

1. はじめに
2. Q&A

おわりに (長谷川)

におい 分析 書籍