研究開発リーダー マテリアルステージ ファームステージ コスメティックステージ エネルギーデバイス ホーム

 

「COSMETIC STAGE」 2015年2月号

 

■特集1■ ユーザーの誤った使用法による事故・効果不足を防ぐために!

 化粧品の使用法が効果・安全性に与える影響と今後求められる製品開発

『皮膚洗浄剤における洗浄回数が皮膚生理機能に与える影響』    岩手医科大学

『クレンジングの使用法に応じた効果・安全性の変化』    四谷三丁目皮膚科

『有用性の変化を考慮した皮膚測定試験とその使用法設定』    ポーラ化成工業(株)

『スキンケア品の使用法の違いによる肌への効果 』    ポーラ化成工業(株)

 

■特集2■ 相反する複数の機能性を、いかに同時に実現させるか?

  二つの機能性を両立させる! 化粧品処方の二律背反の克服

『安定性と使用感を両立した化粧品の処方設計のポイント』      山形大学

『「ナチュナル」と「カバー力」を両立したファンデーション開発』     近畿大学

『乳化剤を使わずに製品の安定性を保つコツ』      明治薬科大学

『防腐剤量を減らしつつ防腐効果を維持/向上させる処方設計のポイント』    東洋大学

 

■その他のトピック記事

【機能性表示】
 「機能性表示制度」の追い風をうけた健康市場の今後の動向     シードプランニング

【皮膚生理】
 高齢者の皮膚生理、特に表皮水分量、油分量の変化     元大和大学

 
■連載 
化粧品と医薬部外品とによる薬事法

サプリメント・美肌化粧品の開発スキル〜原料から製品化まで〜