技術情報協会:<雑 誌> 車載テクノロジー
研究開発リーダー  マテリアルステージ  車載テクノロジー | ファームステージ  コスメティックステージ | エネルギーデバイス
◇アカデミック価格について


● 月刊 毎月30日発行 年間12冊  ● 年間購読料 50,000円(税別) <隔月刊から据え置き>

<2018〜2019年版> 
新規購読受付中(2018年10月号〜2018年9月号)
年間12冊 【月刊定期号 12冊】 定価 50,000円(税抜)
(購読料 隔月刊から値段据え置き )
<2017〜2018年版> 
新規購読受付中(2016年10月号〜2017年8月号)
年間6冊 【隔月定期号 6冊】 定価 50,000円(税抜)
アカデミック価格はこちらからご確認ください
■ 定期購読申込(年間購読のみの販売になります)  毎月30日発行   体裁:A4変形サイズ

  
■ 見本誌無料贈呈します     ※ 見本誌請求を請求する ※

※記事は現時点での予定です。予告なく変更する場合がございますのでご了承ください
   SiC、GaN、酸化ガリウム、ダイヤモンド「次世代パワーデバイス」の実用化展望
 電動パワートレーンの熱対策と「高放熱、高耐熱材料」の開発事例
   ポストリチウムの本命「全固体電池」の開発状況と実用化への課題
 急速充電、航続距離伸長を実現する「次世代リチウム電池」
   「車載カメラ」「ミリ波レーダー」「LiDAR」の高性能化と市場予測
 自動運転の実現へ向けた「センサフュージョン技術」
   自動運転へ向けた「ドライバモニタリング技術」の最新技術
 市場拡大が見込まれる「車載ディスプレイ」の技術トレンド
   金属の代替へ向けた「CFRP」「樹脂材料」など新素材の開発事例
 マルチマテリアル化を支える「異種材料の接着・接合技術」
 

■ 車載テクノロジー 年間予定 (2018年10月〜2019年9月)

  2018年度版(2018年10月〜2019年9月号)は、こんな情報をお届けする予定です

<2018年10月号> <2018年11月号>
自動運転時代へ向けたドライバ状態の検知とモニタリング技術
全固体電池の開発動向と実用化への課題
自動運転を支えるLiDARの開発状況とセンシング技術
電気自動車向けワイヤレス給電システムと走行中給電技術
<2018年12月号>  <2019年 1月号>
車載ヘッドライトの最新技術と部材の開発動向
自動車軽量化へ向けた樹脂/繊維複合材料の界面制御と応用展開
AI、量子コンピュータがもたらす自動運転と技術革新
電動車両用モーターのトレンド技術と材料開発
<2019年 2月号> <2019年 3月号>
自動運転に求められるHMIと開発動向
次世代自動車の熱マネジメント技術
車載パワーデバイスの最新技術と放熱、耐熱材料の開発動向
急速充電、走行距離伸長を実現するリチウムイオン電池の材料技術
<2019年 4月号> <2019年 5月号>
ミリ波レーダーに対応する材料開発動向
車載ディスプレイのトレンド技術と構成部材の開発動向
車載カメラ、レーダーによるセンサフュージョンと周辺認識
自動車内装、デザインのトレンド技術
<2019年 6月号> <2019年 7月号>
コネクテッドカーの展望とサイバーセキュリティ対策
自動車のマルチマテリアル化と異種材料接着、接合技術
自動車のトライボロジー技術と省エネ、低燃費化
3Dプリンタの自動車部品への展開と適用事例
<2019年 8月号> <2019年 9月号>
車載カメラの市場展望と構成部材の開発動向
車室内の振動騒音発生メカニズムと対策
車車間・路車間通信の開発動向と運転支援システム
自動車軽量化へ向けた樹脂材料の開発動向

2017年10月号〜2018年08月号 車載テクノロジー
2017年10月号 2017年12月号 2018年02月号
【 特集1 】
自動運転へ向けたディープラーニング技術の開発最前線

【 特集2 】
自動車車室内の快適性を支える技術とその測定、評価

車載テクノロジー最前線

【 特集1 】
車載カメラ、レーダーによる歩行者、障害物検出と周辺環境認識

【 特集2 】
自動運転時代のHMI

車載テクノロジー最前線

【 特集1 】
車載ネットワーク、通信技術の最新動向と展望

【 特集2 】

車載半導体の実装と高放熱、高耐熱材料技術

車載テクノロジー最前線

2018年04月号 2018年06月号 2018年08月号
車載
テクノロジー
【 特集1 】
車載ディスプレイの開発動向と見やすさ,
使いやすさの向上

【 特集2 】
ポストリチウムイオン電池の開発動向と
実用化への課題

車載テクノロジー最前線
【 特集1 】
電動車両向けパワーエレクトロニクスの
最新開発動向

【 特集2 】
自動車軽量化材料の開発動向と
マルチマテリアル化

車載テクノロジー最前線
 

2016年10月号〜2017年08月号 車載テクノロジー
2016年10月号 2016年12月号 2017年02月号
【 巻頭 】
 自動車の技術動向〜環境や自動運転と
部品技術の取り組み〜 

【 特集1 】
 自動運転の実用化へ向けたキーテクノロジー
〜技術開発の方向性と課題〜

【 特集2 】
 自動車の電動化を支えるキーテクノロジーと
燃費向上最前線

車載テクノロジー最前線
【 特集1 】
 ヘッドアップディスプレイの最新技術と
視認性向上

【 特集2 】
 コネクテッドカーが生み出す変革、新市場と
将来の方向性

【 特集3 】
 クルマの電動化に向けた高耐熱、高熱伝導
材料の最新開発動向

車載テクノロジー最前線
【 特集1 】
 車載タッチパネルの3D曲面化技術と
求められる構成部材

【 特集2 】
 車載ソフトウェアのセキュリティ技術と
ハッキング対策

車載テクノロジー最前線

2017年04月号 2017年06月号 2017年08月号
【 特集1 】
  自動運転時代へ向けたドライバ状態の
モニタリング技術

【 特集2 】
  EV/HEV用モーターの小型、高効率化と
材料技術

車載テクノロジー最前線
【 特集1 】
 全固体電池の最新開発動向と
自動車への応用可能性

【 特集2 】
 自動車軽量化へのマルチマテリアル化と
異種材料の接着、接合技術


車載テクノロジー最前線
【 特集1 】
 次世代パワーデバイスの開発動向と
実装、材料技術

【 特集2 】
 燃料電池車のコストダウンへ向けた
触媒開発と課題

車載テクノロジー最前線
■購読について
※ 購読料は、一括前払いとなります。返本・途中解約はできませんので、予めご了承ください。
※ 単号での販売はしておりません。年間購読のみの取扱いとなります。
※ バックナンバーのご購入もすべて年間購読のみの取扱いとなります。定価50,000円(税抜)

車載テクノロジー