技術情報協会:<セミナー> 研究開発関連セミナー一覧
 

研究開発マネジメント、製造、品質管理関連テーマ 2019年11月、12月、2020年1月 開催セミナー

 
■研究開発マネジメント ■工場、生産管理
■人工知能、機械学習 ■感性、官能評価
■知的財産 ■品質設計、実験計画法
 
■研究開発マネジメント■
   
N0
開催日
講師
タイトル
  911504
11/22
1名 設計部門の「見える化」による生産性向上方法
 

911509

11/22

1名 OODAループの基礎と活用方法
 

911505

11/27

4名 研究開発の“見える化”による効果的なR&Dテーマ設定、進捗管理と進め方
 

912502

12/10

1名 新事業テーマ探索のための情報収集ノウハウとそのまとめ方
 

912508

12/12

3名 〜BtoB企業における〜 
技術マーケティングによる潜在ニーズの発掘とR&Dテーマへの落とし込み
 

912509

12/16

4名 未来予測による研究開発テーマ創出の仕方
 

912505

12/25

1名 データ分析による“仮説”の立て方、検証の仕方とまとめ方
 

001501

1/9

1名 “競合情報”の収集、分析と競争戦略企画の作り方
 

001503

1/15

5名 研究開発体制の再編とイノベーションを生む研究所の作り方
 
■人工知能、機械学習■
 

911510

11/27

4名 「少ないデータ」 による機械学習と業務への導入、活用方法
 

912507

12/5

1名 GANなどの深層学習を用いた生成モデルによる画像処理と小規模データ学習
 

001502

1/14

1名 AIシステム開発におけるプロジェクトの作り方、管理の仕方
 

001506

1/15

1名 時系列データによる将来予測、異常検知への応用
 
■知的財産■
  912501
12/6
1名 目的に応じたパテントマップの作成と活用法
  001508
1/17
1名 拒絶理由通知への対応と新規性・進歩性の判断方法
 
■工場、生産管理■
  912504
12/13
3名 《故障・異常データがない、少ない場合の》
人工知能による異常検知技術とその導入、実用化のポイント
 
■感性、官能評価■
 

912503

12/12 4名 〜簡便・非侵襲・精度の高い〜 生体情報による感情、無意識情報の計測
 

001507

1/16 6名 機械学習による感性価値評価と活用方法
 
■品質設計、実験計画法■
  912506
12/2,12/3
1名 統計的データ解析と実験計画法の基礎と実践
  912510
12/19
1名 FMEAの基礎と活用のポイント