技術情報協会:<セミナー> 研究開発関連セミナー一覧
 
 

研究開発マネジメント、製造、品質管理関連テーマ 2020年4月、5月、6月 開催セミナー

 
■研究開発マネジメント ■工場、生産管理
■人工知能、機械学習 ■感性、官能評価
■知的財産 ■品質設計、実験計画法
 
■研究開発マネジメント■
   
N0
開催日
講師
タイトル
 

004509

4/24

1名 技術・研究開発における計画・企画立案のためのシナリオプランニングの活用方法
 

005506

5/12

4名 技術ロードマップの商品開発・新規事業への活用方法
 

005502

5/15

4名 ステージゲート法によるR&Dテーマ管理、Go/Stop判断の仕方
 

006506

6/3

1名 研究開発プロジェクトにおけるOODAループの導入と活用方法
 

006501

6/10

3名 研究開発テーマを社内で通すための経営層への説明、説得の仕方
 

006507

6/11

1名 パテントマップを活用した新規R&Dテーマの発掘方法
 

006508

6/18

4名 早期事業化を目指したR&Dテーマの進捗管理の方法
 
■人工知能、機械学習■
 

004505

4/24

3名 「説明できるAI」の作り方と業務への導入、活用の方法
 

005501

5/14

1名 製造現場で使える 実用的な“人工知能”技術とその実践
 

005508

5/15

1名 自然言語処理の基礎と活用方法
 
■知的財産■
  004507
4/15
1名 〜技術者・研究者のための〜 技術英文契約書作成のポイントと的確な読み方
  004504
4/21
2名 経営、事業戦略に貢献する知的財産の“価値評価”と活用の仕方
  004510
4/28
3名 オープン&クローズ戦略と知財マネジメントの実施
  005507
5/14
2名 先行企業を打ち破る他社特許分析の仕方と知財戦略への活かし方
  005505
5/29
2名 材料・部品メーカーにおける共同研究開発のトラブル対策
  005510
5/29
3名 経営層・事業部門への知的財産の貢献度評価と効果的な報告の仕方
 
■工場、生産管理■
  005113
5/19
3名 機械学習を用いた分析スペクトルデータ解析の進め方
  005509
5/28
3名 工場・化学プラントにおける機械学習・AIを活用した故障予測・予知の方法
 
■感性、官能評価■
 

005503

5/18 3名 わくわく感、楽しさの定量評価技術
 

006502

6/12 1名 官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み
 

006521

6/19 3名 『柔らかさ』を感じるメカニズムと定量化技術
 
■品質設計、実験計画法■
  004503
4/17
1名 新人・若手設計者のための検図の基本とセルフチェックのポイント
  005504
5/21
1名 品質工学のMTシステムによる判別・診断、異常検知、予測への応用